真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    北朝鮮のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/14(日) 10:48:53.09 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    abc0da7d-c5a4-44f6-882e-510561af829d

    北朝鮮ミサイル、高高度のロフテッド軌道か 政府NSC

     政府は14日朝、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、国家安全保障会議(NSC)を首相官邸で開いた。 菅義偉官房長官は会議後の記者会見で、ミサイルは北朝鮮西部の亀城(クソン)から発射され、約30分間で約800キロ飛んだことを明らかにした。
    落下地点は朝鮮半島から東に約400キロの日本海上だったが、日本の排他的経済水域(EEZ)の外だと推定されるという。

     菅氏は、北京の大使館ルートを通じて厳重に抗議し、強く非難したと発表。
    米国や韓国と緊密に連携するとし、「いかなる事態にも対応できるよう、緊張感をもって警戒監視をはじめとする必要な対応に万全を期す」と強調した。
    ミサイルの種類や軌道などについては「総合的、専門的に分析を行う必要がある」とした。
    官邸幹部によると、今回のミサイルは通常より高い高度まで上がる「ロフテッド軌道」をとった可能性があるという。

     国連安全保障理事会の制裁決議などに基づき、国際社会は北朝鮮への圧力を強めている。
    菅氏は会見で、さらなる圧力強化の必要性を問われ、「日米、日米韓、さらには中国やロシアの協力も得ながら総合力で対応していく必要がある」と指摘。
    また、北朝鮮のミサイル発射の意図について、韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領就任や中国が主催する「シルクロード経済圏構想(一帯一路)」
    の首脳会議が14日に開催されることなどとの関連について、「分析中」とした。

    http://www.asahi.com/articles/ASK5G30WLK5GUTFK003.html

    防衛相「高度2000キロメートル超、新型ミサイルの可能性」

     稲田朋美防衛相は14日午前、北朝鮮の弾道ミサイル発射に関し「高度は2000キロメートルを超えるものだったと推定される」と述べた。
    「新型の弾道ミサイルだった可能性がある」と語った。防衛省内で記者団に話した。

     飛行距離は約800キロメートルと推定されており、防衛相は「ロフテッド軌道で発射された可能性がある」とも指摘した。

     ロフテッド軌道とは、飛行距離を抑え、通常より角度を上げて撃つことによりできる軌道のこと。
    飛ぶ距離は短くなるが、ミサイルの落下速度が上がるため、迎撃が難しくなる。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK14H1J_U7A510C1000000/

    【北朝鮮の弾道ミサイル、30分で800km飛行 高高度を飛翔するロフテッド軌道の可能性】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/12(金) 22:53:58.35 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
    img_0
    北韓、6000億ドルの無償援助で核廃棄
    2017-05-12 03:00

    「北韓が核廃棄を条件に10年間、毎年600億ドルの無償援助と北米間の和平協定の締結を要求した」

    これは最近、中国の多くのメディアオンラインサイトに掲載されている内容だ。報道の内容は非常に具体的だ。 中国が昨年8月から北韓と核廃棄を前提にした秘密交渉を進めてきたが、交渉は現在希望的だという。

    北韓の要求条件は現在4つ。今後10年間、米国、中国、日本、ロシア、韓国など5ヵ国が無償で毎年600億ドルずつ北韓に提供。 米国と北韓は平和協定を締結し、中国とロシアは北韓との協定を通じて北韓政権の安全を保障すれば北韓は3年以内に核凍結を皮切りに、段階的に核廃棄の段階まで進むというものだ…(省略)

    http://news.donga.com/3/all/20170511/84323371/1

    【北朝鮮「アメリカ、中国、日本、ロシア、韓国の5カ国が毎年600億$(6.8兆円)くれるなら核廃棄する」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/13(土) 16:25:25.44 _USER9
    20170430-00000040-san-000-view

    北朝鮮西部、平安北道亀城(ピョンアンブクトクソン)市付近の飛行場で13日未明、弾道ミサイルの発射に向けた動きがあったと軍事関係筋が明らかにした。 実際に発射されたかどうかは確認されていない。 韓国で南北対話を重視する文在寅(ムンジェイン)政権が誕生したが、北朝鮮は軍事挑発を続ける方針とみられる。

    同筋によれば、飛行場に移動発射台が展開。
    13日未明までに、ミサイルを起立させる作業が行われたという。

    北朝鮮は従来、実際の軍事作戦も想定し、夜明けと同時に発射するケースが多い。
    米韓両軍は13日昼の時点で、ミサイル発射の事実を確認していない。

    写真:北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる動き
    http://i.imgur.com/dY6v8wl.jpg

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170513-00000052-asahi-int

    【【朝日新聞】北朝鮮、弾道ミサイル発射の兆候 韓国新政権でも挑発か】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/06(土) 23:55:01.79 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    北朝鮮のポータル「Uriminzokkiri」が朝鮮中央通信社の報道を引用して報じたところによれば、
    北朝鮮外務省はガードナー議員を「精神病患者」と呼び、
    「北朝鮮指導部を侮辱する発言」をしたことに対して最も厳格な方法で罰するよう呼びかけた。
    ガードナー議員はこれまでもMSNBC局のショー「モーニング・ジョー」に出演した中で、
    金正恩氏を「核兵器を持った体制の舵の脇に立つ気の狂ったマニアック」呼ばわりしていた。

    北朝鮮外務省 金正恩氏侮辱の米上院議員に挑戦状
    https://jp.sputniknews.com/politics/201705063612180/

    【北朝鮮「ぁ、あの~ぉ......あのー!皆さん!!僕らの事そろそろ忘れてませんか...?」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/03(水) 10:39:12.31 _USER
    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017050301000892.html

    20170421-00010007-abema-000-1-view

     【ワシントン共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」は2日、4月25日に撮影された商業衛星写真に基づき、北朝鮮北東部・豊渓里にある核実験場の複数箇所で、バレーボールとみられる試合が行われている様子が再び写っていたとの分析を発表した。

     撮影日は朝鮮人民軍創建85年の記念日。同サイトは、核実験が中止されたのか待機状態なのか、あるいは実施間近なのかは不明だが、複数箇所に人が分散しているのは異例であり、北朝鮮によるかく乱作戦の一環との見方を示した。

     4月16日撮影の衛星写真にも、核実験場内でバレーボールを行う様子が写っていた。


    【【北朝鮮】核実験場で再びバレー? 米大サイト「かく乱」と分析[05/03]】の続きを読む

    このページのトップヘ