真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    アメリカのニュース


    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/20(土) 22:26:03.33 _USER
    maxresdefault

    2017年5月18日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で、米太平洋軍のハリス司令官が、尖閣諸島(沖縄県石垣市)を守る義務を負っていると述べたことについて、「釣魚島(尖閣の中国名)は中国の領土だ」と強調し、「誰が何を言おうとこの事実は変えられない」と述べた。米華字メディアの多維新聞が伝えた、

    ハリス司令官は17日、東京で講演し、「尖閣は日米安全保障条約第5条の適用下にある。北海道を守るのと同じように、われわれは尖閣を守る義務を負っている」などと述べた。

    日本メディアによると、ハリス司令官は同日、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長の招待を受け、沖縄県与那国町にある陸上自衛隊与那国駐屯地を訪問した。昨年開設された与那国駐屯地にはレーダーなどで周辺の海空域を監視する沿岸監視隊が配置されている。自衛隊と米軍の高官による訪問は、海洋進出を進める中国をけん制する狙いがある。

    20170519-05495153

    華報道官は18日の記者会見で、「われわれはハリス氏の発言に重大な懸念を表明する」とした上で、「釣魚島は中国の領土だ。誰が何を言おうと何をしようと、米太平洋軍司令官の発言であろうと他のいかなる人の発言であろうと、釣魚島が中国に属するという事実は絶対に変えられない」と強調した。(翻訳・編集/柳川)

    http://www.recordchina.co.jp/b178684-s0-c10.html

    【【尖閣諸島】米太平洋軍司令官「尖閣守る」、中国「誰が何を言おうと中国のもの」―米華字メディア】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/18(木) 21:07:46.61 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    3644402

    米メディア・リサーチ・センター(MRC)は、テレビ局CNNの放送を分析し、そのほぼ全ての放送時間がトランプ米大統領の批判に充てられていることを明らかにした。

    専門家らは、5月12日にかけた深夜から20時間分のCNNの放送を分析した。
    CMや様々なタイプの宣伝を省いた結果、ニュースやリポート、解説、インタビュー、中継などに充てられた時間は13時間27分で、
    うち全放送の92%にあたる12時間19分がトランプ政権の活動を議論する番組であることが分かった。
    なお別のテーマに割り当てられた時間は、わずか1時間8分だった。

    CNN ほぼ全ての放送をトランプ大統領の批判に費やす
    https://jp.sputniknews.com/us/201705173644434/

    【CNN、放送の92%をトランプ大統領の批判に費やすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/10(水) 15:03:50.59 _USER
    no title

    韓国大統領選で当選が有力とみられる最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補が最近、米国の週刊誌「タイム」アジア版の表紙を飾り、自身の姿について「(米国の)トランプ大統領と(北朝鮮の)金正恩(キム・ジョンウン)氏の相手をすることができる、断固とした、かつ十分に重みのある姿」と評価した。

    文氏は大統領選挙の投票が進む9日、共に民主党の選挙陣営によるソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)生放送「文在寅TV」に出演し、「『タイム』の表紙の写真が怖い」との指摘に対し「タイム誌が狙ったのは韓国国民に向けたイメージではない」とした上で、上記のように語った。文氏は続けて「やはりすごい雑誌だと思った」と述べた。

    文氏はさらに「タイム誌の写真を撮ってくれた方がちょっと特別だった。始めは人口照明を使って様々な角度から照度を測定し、写真を撮った。その後、人口照明を全て消して、自然光でも照度を測定して撮った。そのようにして出来上がった写真だ」と説明した。

    文氏は、表紙の写真自体よりも、タイム誌が自身の対北朝鮮政策を肯定的に評価した点に満足していると述べた。

    文氏は「タイム誌が私の対北政策について、十分に成功する可能性がある、私がトランプ米大統領や北朝鮮の金正恩氏を相手にできる交渉人だ、と肯定的に評価してくれた点を高く買いたい」として「タイム誌も結局は、米国が戦争を選択する可能性は現実的にないとみており、『選択可能な案は結局は対話だ』ということを認めた形だ」と説明した。

    文氏はさらに「私は、米国が望むことは結局(北朝鮮に対する)強い圧力と、中国との協調によって北朝鮮を核放棄に向けた交渉のテーブルにつかせることだと考える」として「その過程で重要なのは、韓国がそれらを主導することだ。タイム誌がその部分を肯定的に扱ってくれたことがうれしい」と述べた。

    文氏は今月4日(現地時間)、香港で発行されたタイム誌アジア版の表紙モデルに選ばれた。

    表紙には文氏の写真と共に「交渉人(Negotiator)-文在寅は金正恩を相手にできる韓国の指導者になろうとしている」との見出しが書かれている。

    クォン・スンワン記者
    チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/10/2017051000043.html

    【【ホラー】文在寅氏、米誌タイムの表紙飾るも「怖い」と言われ…[5/10]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/06(土) 22:15:51.90 _USER9
    f56e28e342774f309d15dbc5887b12ba_17_11

     【北京共同】中国の習近平指導部がトランプ米政権に対し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への圧力を強める見返りとして、米中が対立している南シナ海問題などで対中強硬姿勢を示すハリス米太平洋軍司令官(海軍大将)を更迭するよう求めていたことが6日、分かった。米中関係筋が明らかにした。

     ハリス氏は日系米国人。先月、原子力空母カール・ビンソンに北朝鮮付近へ向かうよう命じるなど、太平洋地域の安全保障の実務をつかさどる。主権国にとって軍司令官人事は内政の重要事項で、他国が更迭を求めるのは外交上極めて異例だ。

    https://this.kiji.is/233539733988951542?c=39550187727945729

    【【国際】中国、米軍司令官の更迭要求 北朝鮮圧力の見返り】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/03(水) 09:06:51.70 _USER
    maxresdefault

    韓半島(朝鮮半島)に緊張が続く中、日本の自衛隊は1日、画期的な動きを見せた。2015年に国会を通過した安全保障関連法(2016年3月施行)に基づき、米軍補給艦防護のために海上自衛隊の軽空母「いずも」(1万9500トン級、ヘリコプター14機搭載可能)を出動させたのだ。第2次世界大戦敗戦国の日本が戦勝国の米軍の防護をするのは初めての軍事作戦となる。日本政府が戦時でない状況で自衛隊に武器など防護任務を付与したのも初めてだ。

    今回の作戦は千葉県房総半島の南側の海上であった。読売新聞は「(今回の作戦は)日米同盟の強い連携を誇示して北朝鮮の核・ミサイルを抑止し、軍事的な緊張を起こす中国を牽制する狙いがある」と評価した。今後、米中の戦略的利益が衝突する南シナ海で似た作戦を実施する可能性も提起されている。海上自衛隊は3つの状況、すなわち▼日米連合訓練▼米海軍イージス艦の弾道ミサイル警戒など情報収集・警戒監視▼日本の平和・安全を脅かす「重要事態」での米軍の輸送・補給--などに関連して任務を遂行することができる。北朝鮮の弾道ミサイル発射や韓半島有事には自衛隊が米軍防護を名目に積極的に介入できるということだ。

    読売新聞は「海上戦力は韓半島有事の際、日米の連携で重要な役割を担う」とし「自衛隊は米国との任務を併行しながら(自主的に)艦艇の整備も迅速に進めている」と伝えた。

    自衛隊は3月に就役したいずも級軽空母「かが」を含め、4隻のヘリコプター搭載軽空母を保有している。韓半島有事に搭載ヘリコプターなどを利用し、米海軍の空母や駆逐艦を北朝鮮の潜水艦の攻撃から防護するというのが日本メディアの分析だ。自衛隊の対潜水探知能力は世界最高レベル。冷戦時代にソ連を相手にして発展させた能力だ。昨年の韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)締結当時、韓国軍当局は協定締結の主な背景の一つに自衛隊の対潜水情報の共有を挙げたりもした。日本は現在4隻のイージス駆逐艦も8隻に増やす計画だ。


    2017年05月03日07時57分
    http://japanese.joins.com/article/749/228749.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|breakingnews

    【【中央日報】自衛隊、韓半島有事に米軍保護名目で介入の可能性[05/03]】の続きを読む

    このページのトップヘ