真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    アメリカのニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/19(水) 14:32:46.51 _USER9
    海上自衛隊と米、インド両海軍は17日、3カ国による過去最大級の共同訓練「マラバール」をベンガル湾の洋上で公開した。 米原子力空母ニミッツに同乗した。海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」も参加。 「空母級」の巨大な艦船がそろい、ゆっくりと並んで航行した。

    訓練は、中東からアジアのシーレーン(海上交通路)で影響力を強める中国をけん制する狙いがある。 10~17日の日程で艦船18隻や航空機が参加。潜水艦の追尾や救難訓練に加え、
    インド南部チェンナイ港での交流行事なども実施した。

    最終日の17日は、高波に見舞われる悪天候の訓練になった。 ニミッツの左隣にインド空母ビクラマディティヤ、その左をいずもが航行した。 ニミッツのケビン・レノックス艦長は代表取材に 「高波は(厳しい気象条件が少なくない)実際の作戦を想定するのにうってつけだ」と話した。

    いずもは初参加で、潜水艦の追尾能力が高い。 インド東部艦隊のビシュワジット・ダスグプタ少将はいずもの参加を「特に喜ばしい」と歓迎した。

    http://www.sankei.com/photo/story/news/170718/sty1707180002-n1.html

    共同訓練「マラバール」で、米原子力空母ニミッツ(手前)と並んで航行する海上自衛隊の護衛艦いずも(奥)とインド海軍空母ビクラマディティヤ(中央)=17日、ベンガル湾
    http://www.sankei.com/photo/images/news/170718/sty1707180002-p1.jpgno title

    http://www.sankei.com/photo/images/news/170718/sty1707180002-p3.jpgno title

    米原子力空母ニミッツの艦内で記念撮影をする海上自衛隊の幹部(右)と米印両海軍の幹部
    http://www.sankei.com/photo/images/news/170718/sty1707180002-f2.jpgno title

    【【軍事】日本の「いずも」も参加、“空母級”巨大艦船が揃い航行、過去最大級 日米印合同海上演習「マラバール」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/18(火) 00:36:20.53 _USER
    JIU

     海上自衛隊と米、インド両海軍は17日、3カ国による過去最大級の共同訓練「マラバール」をベンガル湾の洋上で公開した。米原子力空母ニミッツに同乗した。

     海自最大のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」も参加。「空母級」の巨大な艦船がそろい、ゆっくりと並んで航行した。

     訓練は、中東からアジアのシーレーン(海上交通路)で影響力を強める中国をけん制する狙いがある。10~17日の日程で艦船18隻や航空機が参加。潜水艦の追尾や救難訓練に加え、インド南部チェンナイ港での交流行事なども実施した。

     最終日の17日は、高波に見舞われる悪天候の訓練になった。ニミッツの左隣にインド空母ビクラマディティヤ、その左をいずもが航行した。

     ニミッツのケビン・レノックス艦長は代表取材に「高波は(厳しい気象条件が少なくない)実際の作戦を想定するのにうってつけだ」と話した。

     いずもは初参加で、潜水艦の追尾能力が高い。(共同)

    http://www.sankei.com/politics/news/170718/plt1707180004-n1.html

    http://www.sankei.com/images/news/170718/plt1707180004-p1.jpgno title

    日米印3カ国の共同訓練「マラバール」で、原子力空母ニミッツに並ぶF18戦闘機=17日、ベンガル湾(AP)
    http://www.sankei.com/images/news/170718/plt1707180004-p2.jpgno title

    インドの軍艦INSヴィクラマーディティヤ。後ろに日本のヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」=17日、ベンガル湾(AP)
    http://www.sankei.com/images/news/170718/plt1707180004-p3.jpgno title

    米原子力空母ニミッツ内に佇んでいる海軍士官=17日、ベンガル湾(AP)

    【【軍事】日米印、過去最大級の訓練公開 中国けん制 「空母級」そろって航行[7/18] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/30(金) 21:28:37.84 _USER
    62ef00a6
     【ワシントン=加納宏幸】訪米中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は6月29日夕、トランプ米大統領がホワイトハウスで開いた夕食会に出席した。

     聯合ニュースによると、文氏は夕食会を前に下院指導部との会談で、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に関する米韓合意を撤回する考えはないと表明した。

     トランプ氏はホワイトハウスでメラニア夫人とともに文夫妻を迎えた。5月の大統領選で勝利した文氏に祝意を伝え、「見事な勝利だった。多くの人々は(文氏の当選を)予想していなかったが、私は予想していた」と語った。

     夕食会後、ツイッターで「(核・ミサイル開発を続ける)北朝鮮や新たな貿易交渉について話し合った」と明かした。

     文氏は夕食会に先立ち、与党・共和党のライアン下院議長や民主党のペロシ下院院内総務らと会談。

     聯合ニュースが韓国大統領府の話として伝えたところでは、THAADが韓国国民や在韓米軍要員の生命を守るために配備されるとの認識を示し、「私や新政権が合意を撤回しようとしているとの疑いは捨ててもらっていい」と述べた。


     その一方で、「単に前政権が合意に達したからという理由だけで軽く扱うことはできない」と配備の遅れについて説明。韓国側の説明によると、米側から理解を得た。


     文氏は本格的な運用前に環境影響評価を実施するとした。ライアン氏は「米韓には協力すべきことが多い。北朝鮮がもたらす脅威など両国は懸念を共有している」と述べた。

    http://www.sankei.com/world/news/170630/wor1706300055-n1.html


    文在寅氏、力の外交「全面的に賛同」 THAAD配備議論か

     訪米中の韓国の文在寅大統領は29日、ホワイトハウスでトランプ米大統領主催の夕食会に出席し「トランプ大統領の強力な力を基盤にした外交に全面的に賛同する」と述べた。韓国大統領府高官が明らかにした。.

     同高官は両首脳が「両国の懸案の大部分について言及した」と強調。米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備問題で議論が交わされたことを示唆した。.

     北朝鮮の核・ミサイル問題で、圧力と同時に対話が必要だと主張する文氏と、圧力の継続・強化に力点を置くトランプ氏の考えには大きな違いがあるが、文氏は米韓同盟が強固だと印象付けるため、トランプ政権の外交姿勢に同調する態度をみせた。

     文氏は夕食会で、トランプ氏が北朝鮮核問題を最優先課題に掲げていることに「韓国国民の一人として希望を感じている」と述べ、米国の強い関与が核問題解決に不可欠だとの考えを示した。(共同).

    http://www.sankei.com/photo/story/news/170630/sty1706300011-n1.html


    THAAD配備「覆さず」「時間もかけない」 韓国大統領

     訪米中の韓国の文在寅大統領は29日、米下院指導部との会談で、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を韓国に配備するとの米韓の合意を覆す考えはないと表明した。韓国大統領府が明らかにした。.

     文氏は29日夜、トランプ米大統領がホワイトハウスで主催する夕食会に出席し、首脳対話が始まる。両首脳は30日に正式に会談を開き、北朝鮮の核・ミサイル問題への対処などを協議する。.

     THAADを巡っては、文氏が配備に否定的だと米側が不信感を持っていた。文氏の発言は、こうした見方を払拭して首脳会談の主要な論点から外し、北朝鮮対処に集中する環境を整えたい思惑もありそうだ。

     文氏は、環境影響評価が配備決定を覆す目的ではないかとの疑念を「捨ててほしい」と発言。環境影響評価の実施は「民主的な手続きの正当性」を満たすためで、時間もかけないと強調した。

     文氏はTHAAD配備は「韓国国民と在韓米軍(要員)の命を守るためのものだ。北朝鮮の挑発に対処するために必要な防御用だ」とも述べ、否定的に捉えていないと強調した。(共同)

    http://www.sankei.com/photo/story/news/170630/sty1706300003-n1.html
    http://www.sankei.com/world/news/170630/wor1706300013-n1.html

    【【米韓首脳会談】ホワイトハウスで夕食会 文在寅大統領、THAAD韓国配備「撤回しない」「時間もかけない」[6/30] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/29(木) 22:59:22.60 _USER
     約830の神社が加入する「全国八幡宮連合」の総会が28日、京都府八幡市八幡の石清水八幡宮(田中恆清(つねきよ)宮司)で開かれ、産経新聞元ソウル支局長の加藤達也・東京本社社会部編集委員が「韓国 反日政権誕生の衝撃~日本はどう備えるべきか~」をテーマに講演した。

     講演で加藤氏はまず、北朝鮮がミサイル発射を繰り返していることに「今、日本は危機の中にある」と明確に指摘。

     「『反日スローガン』を掲げる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は北朝鮮に急接近を図っている。アメリカも嫌悪感を強めているが、おかしな方向に向かっている」と日米韓の安全保障関係が文政権誕生で激変しつつあるとした。

     そのうえで、これまでの日韓関係を「韓国からの要求に対する日本の受け身の姿勢が今の日韓関係を助長している」と説明。

     「しかし、安倍(晋三)政権は慰安婦像増設に対し、駐韓大使の一時帰国など『対等な二国関係』に明確なメッセージを発するようになった。こういうことをためらってはいけない時代で、日本は外交・安全保障面で自立する必要がある」と述べた。

    http://www.sankei.com/west/news/170629/wst1706290015-n1.html

    http://www.sankei.com/images/news/170629/wst1706290015-p1.jpgno title

    「外交・安全保障で自立が必要」と説く加藤達也・元ソウル支局長=京都府八幡市

    【【日韓】加藤達也元ソウル支局長「韓国の文在寅政権にアメリカも嫌悪感を強めているが、おかしな方向に向かっている」[6/29] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/30(金) 13:22:12.34 _USER
    sty1706300006-f2
    訪米中の文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は29日午後(日本時間30日午前)、ワシントンのホワイトハウスを訪れトランプ米大統領と初めて顔を合わせた。

    この日午後6時、文大統領はホワイトハウスの玄関前で車を降りると、待っていたトランプ大統領とすぐに笑顔で握手を交わした。

    トランプ大統領は握手と同時に左手で文大統領の右肩に軽く触れ、文大統領も左手をトランプ大統領の右ひじに軽く添えた。握手は4秒ほどだった。

    文大統領は続けてトランプ大統領の隣に立っていたメラニア夫人とも握手を交わした。

    玄関前での記念撮影を終えると、両首脳は並んでホワイトハウスに入り、文大統領の妻の金正淑(キム・ジョンスク)夫人とメラニア夫人が後に続いた。

    続くレセプションの席でも、文大統領はトランプ大統領の右側に座り、両首脳は記者団を前に明るい表情で再び握手を交わした。偶然にも、両首脳は共に青いネクタイを締めていた。

    ホワイトハウス到着からレセプションまで、トランプ大統領は文大統領夫妻を歓待する様子を見せ、始終和気あいあいとしたムードを漂わせた。

    首脳会談は30日午前(日本時間同夜)にホワイトハウスで開かれる。会談結果を両首脳がメディア向けに共同発表する予定だ。


    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/30/2017063001055.html

    【【聯合ニュース】韓米首脳が笑顔で4秒間の初握手 始終「和気あいあい」[6/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ