真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    韓国のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/29(木) 01:34:55.49 _USER
    strt1398690510672

    韓国が深刻な干ばつと鳥インフルエンザに見舞われています。この状況で2018年冬季五輪を無事に平昌(ピョンチャン)で開催できるのか、問題が後を絶ちません。

    何をしても最悪の結果。最近の韓国はなぜ運がなさすぎるのか?

    スーパー水不足

    現在、韓国の全国農地のうち3017ヘクタールが干ばつ状態にある。

    水不足の地域では断水や給水制限が始まっているが、農家と近隣住民との間で、水に関連したトラブルが後を絶たないようだ。

    農家が自分で貯めた水を枯れていた畑に撒いたところ、周辺の住民に見られて皮肉を言われたり、近所の人が農家に遊びに行った際に、水をどう使っているかをチェックして文句を言うなどといったものだ。こういったものから関係が悪くなると、水不足が解消された後でも改善は難しそうである。

    1280x720-LCo
    blog_import_53db22d736738



    「運気」は最悪

    水不足による干ばつは、こういった住民トラブルの原因になるだけではない。もちろん、収穫できるはずだった米や野菜などの農作物こそ、多大な被害を被っている。干ばつ状態がいつまで続くかは、「天の神様」にすがるしかない。そして問題は、現在の韓国の運気が最悪だということだ。

    3年ほど前のセウォル号の沈没事故あたりから、韓国はとにかく運がない。2015年の韓国MERS、口蹄疫、さらに昨年の鳥インフルエンザでは3700万羽を殺処分した。それほどの大量の家畜を処分したにもかかわらず、今年もまた鳥インフルエンザが発生して100万羽を殺処分している。

    運がないといえば、サッカーの試合。今まで負けたことがなかった中国にも負けてしまうなど、国際大会でも韓国人選手の活躍はぼろぼろの状態である。

    78711_50288_1124


    まるで「神罰」

    これらの韓国の不運は、どこから来ているのだろうか。こうなってくるとやはり、韓国人が日本で起こした「文化財テロ」が原因ではないかと疑わざる得ない。対馬から韓国に盗まれた仏像を未だに返還しないばかりか、福島県では130体以上の御神体を破壊している。

    これらの行為を日本の八百万の神が許さず、韓国の運気を最悪にしているのではなかろうか。

    その影響が朴槿恵前政権だけではなく、新しく誕生した文在寅政権でも続いているようだ。そのため、今の韓国では、何をしても最悪な結果がもたらされることになる。鳥インフルエンザの再流行や干ばつといったものが韓国内で猛威を振るっていることの原因は、韓国人にあるような気がしてならない。

    もちろん、韓国の不運について、「神罰を根拠とするのは迷信だ」と一蹴する意見もあるだろう。非科学的な考えだと無視するのはたやすいが、日本全国では様々な神様が祀られていて、その行事が今でもずっと続いている。それらのすべてをただの迷信だと突き放すことは、簡単ではないだろう。

    しかし、それは日本人の感覚であって、韓国人には理解ができない。一般的な日本人は、人がいない神社に何らかの像が置いてあっても、それを壊そうとしない。拝むことも少ないが、そういった神像に何かをすることは「罰が当たる」というのを、子供の頃から感覚で知っているのだ。

    2018年平昌冬季五輪は開催できるのか?

    仮に干ばつがお天道様の怒りの結果だとすれば、それを放置すれば韓国はもっと大きな禍を引き起こすことになる。天気といえば、韓国の来年2月開催予定の「平昌五輪」が無事開催できるのか、つまり平昌に雪が降るのかという心配が後を絶たない。

    人工雪で間に合わすにしても、そういった行動が自然の怒りを買っている気がする。

    さらに、今週は平昌五輪で大きな動きがあった。韓国はなんと、北朝鮮との南北分散開催を言い出したのだ。しかも何を血迷ったか、IOCも乗り気だという。まぁ、さすがに南北分散開催は現実的ではないだろう。

    『2011年 韓国経済危機の軌跡(週間 韓国経済)』(2017年6月25日号)より一部抜粋・再構成

    http://www.mag2.com/p/money/250130

    【【韓国】呪われた韓国 超水不足と鳥インフルのWパンチで平昌五輪が大ピンチに!?[6/29] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/28(水) 20:25:56.72 _USER
    7ee826983a7eecd2aab951cf5e825225

     韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権がぶち上げた2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪の南北共催について、人命にかかわる危険性が指摘されている。北朝鮮での候補地として挙げられた馬息嶺(マシクリョン)スキー場付近では、14年に30人が死亡する事故が起きたという情報があるのだ。

     当の北朝鮮側にまで「少し遅い」と批判されるなどハシゴを外された文政権だが、それでも無謀な共催へ突き進むのか。

     馬息嶺スキー場で事故があったとの情報を明らかにしたのは、北朝鮮の不正行為の告発を続けている「アジア調査機構」の加藤健代表だ。

     加藤氏によると、事故が起きたのは14年1月19日。スキー場に招待された平壌(ピョンヤン)の青年労働者を乗せたバスが途中で事故に遭い、救援を受けられないまま30人が死亡したという。

     このスキー場は工事中にも事故があったと報じられた。13年に北朝鮮を襲った豪雨で工事現場が破壊され、多数の死傷者が出たとされる。

     馬息嶺スキー場は、北朝鮮の最高権力者、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の肝いりで建設が進められた。

     朝鮮労働党の機関紙、労働新聞は「銃弾、砲弾を作って前線に送る心情で鋼材やセメントなどの資材生産を進め、馬息嶺地区に優先的に送るべきだ」との社説を掲載したほどだ。完成後には正恩氏が視察に訪れたと朝鮮中央通信が報じている。

     正恩氏の強い意向が働いているだけに、建設にはかなり無理をしたようだ。スキー場には、国連安全保障理事会の制裁決議で北朝鮮への輸出が禁じられたぜいたく品が使用されている疑いも持たれている。

     韓国メディアでは14年、馬息嶺スキー場で、欧州製の高価な雪上車や噴射式除雪車が目撃されたと報じられた。

     さらに、国連安保理・北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが今年まとめた報告書には、スキー場で使われているスキー用具の供給について調査を進め、写真に写っていた設備を製造したオーストリアの企業に問い合わせをしたことが記されている。

     閉鎖国家の北朝鮮では現在のスキー場周辺の安全性は確認できない。また、建設された経緯からみても馬息嶺スキー場で五輪が行われることは信じがたい。

     それでも文政権は南北共催に向け、北朝鮮に秋波を送っている。

     聯合ニュースによると、文大統領は24日、「初めて南北単一(合同)チームを結成し、最高の成績を上げた1991年の世界卓球選手権大会と世界青少年サッカー大会の栄光を平昌冬季五輪でもう一度見たい」と述べ、南北合同チーム結成に意欲を示した。

     これに対し、北朝鮮の張雄(チャン・ウン)国際オリンピック委員会(IOC)委員は、文氏が提案した直後に「スポーツの上に政治がある」とし、提案実現には「政治的環境が解決されねばならない」と述べ、韓国による経済制裁解除を求める姿勢を示した。

     北朝鮮による核やミサイルの開発に日米など国際社会が懸念を強めるなか、南北対話にこだわる文氏だが、北朝鮮からは制裁解除が「条件」として突き返された形だ。

     馬息嶺スキー場についても張氏は、今から準備を始めても「少し遅い」と否定的な考えを示した。

     文氏はハシゴを外された形だが、今後の韓国と北朝鮮の駆け引きの末に両国の思惑が一致すれば、南北共催が実現しないとも限らない。

     前出の加藤氏は「このまま馬息嶺スキー場で実施されたら、選手や観客らがスキー場に向かう途中で事故に遭って亡くなる可能性が高い。北朝鮮に外貨が渡り、核・ミサイル開発の資金になる恐れもある。許されないことだ」と話し、文政権を次のように批判した。

     「人命や国連の制裁を全く考えないで、政治的な思惑だけで南北共催について発言している。文政権の正恩氏への追従のために人命が失われてはならない」

     加藤氏はメールとファクスなどで、IOCのバッハ会長と国際スキー連盟(FIS)のカスパー会長に対し、南北による五輪共催の問題点をまとめた書簡を送った。

     国際社会を挙げて、無謀な五輪共催を阻止しなければならない。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170628/soc1706280003-n1.html

    【【平昌五輪】韓国赤っ恥!五輪共催に北朝鮮「少し遅い」「スポーツの上に政治がある」と拒否 候補地スキー場では死亡事故も[6/28]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/30(金) 09:29:01.59 _USER
    images
    韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日(現地時間)、ワシントンで米国の企業関係者に向けて「韓国政府の(北朝鮮の核問題解決)構想が実現する過程において、皆さんは安心して韓国に投資することができ、ひいては北朝鮮に投資できるチャンスも手に入れることができるだろう。関心と支持を期待している」と語った。

    文大統領は、同日開催された韓米ビジネスサミットの基調演説で「新政権は堅固な韓米同盟を土台として、北朝鮮の核問題解決に最善を尽くすだろう。そのための構想と確固たる意志を、私は持っている」と語った。韓米の商工会議所が共同で開催したこの日のイベントには、全米商工会議所のトーマス・ドナヒュー会頭はじめJPモルガン、GE、Airbnbなどの企業関係者およそ250人が出席した。

    文大統領は「分断された韓半島(朝鮮半島)は、経済分野でも痛い所だ。安全保障上のリスクは韓国が乗り越えるべき課題だが、それを乗り越えれば、韓国は新たなチャンスとめぐり合うことができる」と語った。


    2017/06/30 09:09
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/30/2017063000709.html

    【【文大統領】「米国企業、いずれ北朝鮮投資のチャンスもある」[06/30]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/30(金) 13:22:12.34 _USER
    sty1706300006-f2
    訪米中の文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領は29日午後(日本時間30日午前)、ワシントンのホワイトハウスを訪れトランプ米大統領と初めて顔を合わせた。

    この日午後6時、文大統領はホワイトハウスの玄関前で車を降りると、待っていたトランプ大統領とすぐに笑顔で握手を交わした。

    トランプ大統領は握手と同時に左手で文大統領の右肩に軽く触れ、文大統領も左手をトランプ大統領の右ひじに軽く添えた。握手は4秒ほどだった。

    文大統領は続けてトランプ大統領の隣に立っていたメラニア夫人とも握手を交わした。

    玄関前での記念撮影を終えると、両首脳は並んでホワイトハウスに入り、文大統領の妻の金正淑(キム・ジョンスク)夫人とメラニア夫人が後に続いた。

    続くレセプションの席でも、文大統領はトランプ大統領の右側に座り、両首脳は記者団を前に明るい表情で再び握手を交わした。偶然にも、両首脳は共に青いネクタイを締めていた。

    ホワイトハウス到着からレセプションまで、トランプ大統領は文大統領夫妻を歓待する様子を見せ、始終和気あいあいとしたムードを漂わせた。

    首脳会談は30日午前(日本時間同夜)にホワイトハウスで開かれる。会談結果を両首脳がメディア向けに共同発表する予定だ。


    聯合ニュース
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/06/30/2017063001055.html

    【【聯合ニュース】韓米首脳が笑顔で4秒間の初握手 始終「和気あいあい」[6/30]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/30(金) 17:32:26.63 _USER
    ダウンロード

    それでも反日政策強化しかない!? 米ワシントン入りした韓国の文在寅大統領(64)は30日、ドナルド・トランプ米大統領(71)と初首脳会談を行う。そこで気になるのは文氏の態度だ。ただでさえ高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題でトランプ大統領をイラつかせている文政権。米国は慰安婦問題でも日本に同調する姿勢を見せているだけに、文氏がどう対応するか注目だ。そんななか専門家は“半分死に体”の文氏が生き残るためには「反日路線を突っ走るしかない」と分析している。

     訪米した杉山晋輔外務事務次官は先日、米国務省で5月に国務副長官に就任したばかりのジョン・サリバン氏と会談し、慰安婦問題の解決に関する2015年の日韓合意を履行することが重要との認識で一致した。

     30日に米韓首脳会談を行う韓国の文大統領は日韓合意に否定的。慰安婦問題での日韓合意の再交渉を避けたい日本側は、米韓会談前に米側と認識のすり合わせを狙ったとみられるが、韓国側の流れは反日、合意破棄で、韓国内も「合意破棄、再交渉、謝罪せよ」の声一色だ。

     ホワイトハウス高官は、米韓首脳会談について「北朝鮮の差し迫った脅威への対処が会談の最重要議題になる」と説明。北朝鮮による核・ミサイル開発の進展を念頭に、同盟国間の連携強化が必要との認識を示し、近い将来の日米韓首脳会談の開催にも前向きな考えを示した。

     同高官はトランプ大統領が歴史問題をめぐり、見解の相違を抱える日韓の関係改善を仲介する重要性を理解しており「ある時点で3首脳が顔を合わせることがあっても驚かない」とも語っている。

     韓国事情に詳しい文筆人の但馬オサム氏はこう語る。

    「文大統領も康京和外相も『前政権の決めた合意はほごにしてもいい』『国民、とりわけ元慰安婦が納得しない合意は破ってもいい』と言っているに等しいです。となれば百万歩譲って、文氏の政権時に、日本が新たに100億円出して“合意”に至っても、5年後に次の政権が発足したときには『前の政権が決めた合意だから』という理由で、再交渉が可能という理屈になります。また、国民全員が納得しているわけではないという理由で、白紙撤回することも可能だということです。この言い分がまかり通れば、どこの国も韓国とは合意や条約を結ばなくなるでしょう」

     そもそも、大統領選挙の下馬評では圧勝といわれた文氏だが、得票数では2位の洪準杓氏、3位の安哲秀氏の合計を下回った。

     文氏の所属する「共に民主党」も少数与党だ。

    「野党の顔色をうかがわなくては何も前に進まず、大衆迎合的な政策に走るしかありません。韓国で、国民みんなが納得し、かつ野党の賛同を得る政策といえば反日です。女性でアナウンサー上がり、慰安婦問題では強気の発言の目立つ康氏を、政治家としての実績のなさを度外視して外相に抜てきしたのも、大衆迎合と言えるでしょう」と但馬氏。

     特に経済ではこれといって打つ手もなし。外交的にはTHAAD配備をめぐり、米国、中国双方から踏み絵を迫られ、北朝鮮との緊張を抱える文政権は発足時からして既に半分“死に体”だ。

    「これまでの政権が、支持率低迷時にカンフル剤として打ってきた反日政策を、最初からガンガン投与してくることでしょう。当然、効果も薄れてきます。最後に泣きつく相手である日本も、さすがにそっぽを向くことでしょう」(同)

     ポイントは文政権は前大統領の朴槿恵被告(65)の弾劾決議によって誕生した政権であることなのだ。朴被告は韓国憲政史上初の弾劾によって辞めた大統領となってしまった。

     但馬氏は「朴前大統領の一件で、韓国における大統領弾劾のハードルは極端に低くなった。国民は、気に入らない大統領を血祭りに上げる権利と力を持ってしまったのです。文大統領はますます大衆迎合的にならざるを得ないことでしょう」と指摘する。

     文政権の反日政策が強まるのは確実だ。


    http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/703858/
    2017年06月30日 17時00分

    【【韓国】文大統領「反日」頼み“半分死に体”政権で大衆迎合へ[6/30]】の続きを読む

    このページのトップヘ