真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    韓国のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 11:11:33.24 _USER
    2017年4月18日、韓国で来年開かれる平昌(ピョンチャン)冬季五輪まで300日を切り、韓国・中央日報は、 宿泊施設や飲食店、交通事情など現地の観戦客受け入れ態勢についてシリーズ記事で報じた。

    記事が最初に大きな問題として挙げたのが、宿泊施設の不足だ。

    平昌のある江原道(カンウォンド)や大会組織委の推算では、五輪期間中の観客は最大で1日10万4610人、 うち約6割に当たる6万人が現地に宿泊するとみられているが、平昌や近隣の都市・江陵(カンヌン)などの ホテル・コンドミニアムの収容客数はすべて合わせても1万3000人程度。

    残りの4万7000人は江陵などのモーテル・ペンション・民泊に泊まることになるが、それでも必要数には足りない。

    こうした状況を受け、現地では早くも宿代が暴騰している。

    同紙によると、スケート競技などが行われる江陵のモーテル20カ所のうち、すでに五輪期間中の予約を締め切った施設が4カ所あったようだ。

    予約を受け付けている11カ所でも、ある所は「1泊1室25万~40万ウォン(約2万4000~3万8000円)」と通常期の5?8倍もの強気の価格設定、 またある宿は「全室貸し切ってくれる団体の予約を歓迎する」「短期ではなく大会前後の25日間程度が好ましい」といった様子で、個人での予約は難しそうだ。

    スキージャンプなどが行われる山間の横渓(フェンゲ)では事態はより深刻で、 国際オリンピック委員会(IOC)関係者らが宿泊するためリゾートホテルなどの施設はすべて満室、 モーテルなども一般客が部屋を押さえることはすでに不可能に近い。

    そのため宿に泊まることを諦め、韓国の街に多い「チムジルバン」と呼ばれるサウナ施設を宿泊先として探している人もいるそうだ。

    観光経営学の専門家からは「海外の観光客にとんでもなく高い宿泊料を求めれば、江原道に対するイメージが悪くなりかねない。 五輪という特殊性に鑑み、中央政府による適切な指導が必要だ」との指摘が出ている。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは宿泊業者らを批判する声が多数寄せられている。

    コメント欄には「これじゃ誰も来てくれない!国のイメージを下げるために誘致したのか?」
    「盛りも一時だからって、ぼったくりが猛威を振るっているね。まったく後進的な国民性だよ」 「そもそも五輪開催自体が間違いなんだよ。ものすごいお金をかけて、自然を破壊して造った競技場も、五輪後には見向きもされないさ」などの声が並んだ。

    また、「韓国人でさえ行きたくなくなる」「絶対に行くもんか」「海外旅行の方が安い」「江原道に行くのをやめよう」など、 ボイコットを宣言するコメントも目立った。


    2017年4月19日(水) 7時30分
    http://www.recordchina.co.jp/b163311-s0-c30.html

    【【平昌五輪】現地モーテルのぼったくり価格にネットが怒り 通常期の5~8倍もの強気の価格設定[04/19]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/18(火) 21:20:13.91 _USER9
    no title
     北朝鮮の国連次席大使、キム・インリョン氏:「米国が軍事行動を選択した場合、北朝鮮は米国によるいかなる形の戦争にも対応する用意がある」

     北朝鮮のキム国連次席大使は、会見で「核戦争が起こる危険性はどんどん高まっている」と述べ、朝鮮半島の緊張をあおっているのはアメリカだと非難しました。

    国連の安全保障理事会は28日に、北朝鮮の核・ミサイル問題を話し合う閣僚級の会合を開きますが、「主権の侵害であり、断固として拒絶する」と反論しました。

    また、北朝鮮の高官は平壌でイギリスBBCの取材に応じ、「ミサイル発射実験は毎週、実施する」と述べ、今後も強行する考えを示しました。

    抜粋

    http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000098851.html

    ★1: 2017/04/18(火) 17:55:11.25
    ※前スレ
    【朝鮮半島危機】北朝鮮「朝鮮半島の緊張をあおっているのはアメリカだ。ミサイル発射実験は毎週、実施する」★3
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492512813/

    【【朝鮮半島危機】北朝鮮「朝鮮半島の緊張をあおっているのはアメリカだ。ミサイル発射実験は毎週、実施する」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/18(火) 17:22:30.43 _USER
    朝鮮半島の緊迫が高まるなか、韓国ではSNSを中心に、米国が27日に北朝鮮を空爆するという「4・27北爆説」が広まっている。学生が「中間試験があるので逃げられずに死んでしまうのか」と嘆くほどのパニックぶりで、韓国当局も火消しに躍起だ。(夕刊フジ・4月14日掲載)

    sealsnight-facebookJumbo



     《湾岸戦争もイラク戦争も空爆は月明かりのない新月近辺に行われている。27日の月齢は0・59》《5月9日の大統領選前に米国は北を空爆したい》

     こうした「情報」が韓国のSNSなどで拡散された。米原子力空母「カール・ビンソン」が朝鮮半島に向かうなどの動きが懸念を拡大させているという。米軍が北朝鮮を攻撃した場合、韓国が反撃の標的となる公算が大きいためだ。

     韓国事情に詳しいノンフィクションライターの高月靖氏は、「学生らしき人物が、『27日にある中間試験のために、このまま逃げられずに死んでしまうのだろうか』と書き込むような例が相次いだ」と話す。

     ただ、情報の出所は、米軍でも韓国の情報機関でもなかった。日本の個人ブロガーの書き込みが、韓国で翻訳されたものだという。「ブログが更新されたのは3月15日だが、韓国国内でじわじわと広がっていったとみられる」と高月氏。

    韓国当局もネットの噂だと無視できなくなり、国防部報道官は今月11日の記者会見で、「惑わされないように注意が必要だ」と強調した。

     韓国のJTBCテレビはこの日本人ブロガーに取材し、11日の番組で「(ブログの内容は)フェイク(偽)ニュースだった」と放送した。12日現在、問題のブログは閲覧できなくなっている。

    121-1


     空爆説が急拡大した背景について、前出の高月氏はこう分析する。

     「朴槿恵(パク・クネ)前大統領の支持派が、北朝鮮の脅威をあおることで与党を有利にしようと考えて、あえて広めた向きもあったのではないか。『日本では北の動きが大きく報じられているが、わが国のマスコミはのんきなものだ』との書き込みもみられる」

     今回の騒動は、個人ブログへの過剰反応というのが真相のようだが、北朝鮮が核実験やICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験を強行した場合、トランプ米政権が北への攻撃命令を出す可能性が高まっているのも実情だ。

    http://www.sankei.com/world/news/170417/wor1704170025-n1.html

    【【北朝鮮情勢】「4・27北空爆説」が広まり韓国パニック SNSで拡散…当局も無視できなくなり火消しに躍起[4/17]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/18(火) 14:49:38.31 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    【社説】韓国の不幸を願い、楽しむような安倍首相の言動

     安倍首相は昨日(17日)、衆議院で、韓半島有事の際に日本に避難民が流入した場合の 対策について質問を受け、「我が国が庇護すべきものに当たるか否かのスクリーニング(選別) といった一連の対応を想定している」と答えた。韓半島の緊張をあおるような質問も答弁も レベルの低い稚拙な言動といわざるを得ない。

     日本の一部メディアは、まるで韓半島ですぐに何かが起こるかのように軽はずみな振る 舞いをしている。一時帰国しながらこっそり戻ってきた日本大使は、韓国国防部(省に相当) 長官に面談を要求するというとんでもない行動に出た。これも日本人避難問題を話し合うとの理由だと言われている。手ぶらで韓国に戻ったことに対し日本国内で非難の声が高まるや、 わざとこうした無礼な行動で挽回しようとしたのだろうという話もあるという。

     今、韓日間には慰安婦合意に対する韓国国内の反発や少女像問題が存在している。韓国国内に 歴史問題を解決し、未来へ向かって前進するのではなく傷をこじらせようとする人々がいる
    のも事実だ。だが、根本的にはどれも日本が韓国に被害を与えたために起こったことだ。 日本は「いつまで反省しなければならないのか」というが、いくら反省してみたところで、 安倍首相のような人々がこのようにレベルの低い言動をすれば意味がない。

     安倍首相の言葉は 少女像に対する感情的な腹いせにしか聞こえない。韓国の国会で「日本で大地震が発生して 韓国に難民が流入した場合」の対策を聞く質問が出て、韓国の公職者が「スクリーニングする」 と答弁する光景を想像してみてほしい。今、一部の日本人の間に反韓感情が広がっている とはいえ、公職者たちがまるで隣国の不幸を願い、楽しむような言動でこれに迎合しよう というなら、両国関係の正常化はますます遠ざかるしかない。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/18/2017041800512.html
    KSM 即刻日韓断交しましょう!
    121-1
     
    【【朝鮮日報社説】 韓国の不幸を願い、楽しむような安倍首相 ⇒ 日本の不幸を祝う韓国民族に言われる筋合いなどない!】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/15(土) 20:24:09.85 _USER
    b0301101_5565062
    平成28年11月、保守団体「慰安婦の真実国民運動」幹事で拓殖大客員教授の藤岡信勝(73)らが、元参院外交防衛委員長の片山さつき(57)のもとを訪れた。

    国際連合(国連)女子差別撤廃委員会の委員長を務める弁護士、林陽子(60)の解任を求める約1万1千人分の署名を手渡すためだ。

    この年の3月、同委員会は日韓両政府が慰安婦問題の最終的かつ不可逆的解決を確認した「慰安婦合意」(27年12月)について「被害者中心ではない」と批判する見解を公表。

    官房長官の菅義偉(すが・よしひで)(68)は「主要各国や潘基文(パン・ギムン)国連事務総長(当時)も合意を歓迎している。同委員会の見解は日本の説明を一切踏まえていない」と反論していた。

    同団体は林の解任を求める署名活動を開始した。署名を呼びかける文書は「日本弁護士連合会は国連で長年、反日活動を続けてきた。外務省は日弁連に属する林氏を同委員に推薦した」と指摘した。

    片山は藤岡らに「今後は外務省の推薦者に注意を払う」と話したという。

    国連委に提起

    日弁連は4年、慰安婦への賠償実現を目指して国連人権委員会に慰安婦問題を初めて提起した。その後も慰安婦に関する宣言や声明を積極的に公表してきた。

    日弁連関係者によると、これを主導した一人が6、7年に会長を務めた土屋公献(こうけん)=21年死去=だ。土屋は朝鮮総連中央本部売却事件(19年)で総連の代理人を務め、慰安婦問題などで日本の責任を追及してきた。

    13年3月、北朝鮮の首都・平壌で、慰安婦だったとされる女性たちと面談し、涙を浮かべながら「みなさんがお元気なうちに何とか謝罪と賠償を実現させる」と約束したこともある。

    日弁連会長時代の7年10月の宣言では「慰安婦は強制連行された」と規定。同11月の会長声明でこう述べた。「日弁連を含むNGOは、慰安婦問題は『性的奴隷』として政府に賠償を要求してきた」「性的奴隷制という国連用語は、日本軍に組織的に誘拐され、売春を強制された問題をさす」

    論点すり替え

    政府や学者らの調査で朝鮮半島での「強制連行」を証拠立てる文書は見つかっていない。“強制性”を認めた「河野談話」(5年)にも強制連行という用語はない。当時の官房長官、河野洋平(80)が談話発表時の記者会見で「(強制連行は)事実だ」と述べたが、根拠は不明のままだ。

    学者らからは「性的奴隷」という表現の定義や正確性にも疑問が呈されている。

    慰安婦問題でキャンペーンを張ってきた朝日新聞は26年、「朝鮮で女性を強制連行した」とする吉田清治(12年死去)の虚偽証言に基づく記事を取り消し、「慰安婦の実態は不明な点が多い」と認めた。こうした動きに連動するように、日弁連の声明や宣言も質的に変化を見せる。

    22年の日弁連と大韓弁護士協会の共同宣言や提言では、慰安婦問題を「軍の直接的あるいは間接的な関与のもとに、女性に対し組織的かつ継続的な性的行為の強制を行ったこと」と定義。

    27年の報告書では「募集・移送・管理などがいかなる様態であれ、自由が拘束された状態の下で、性的性質を有する行為を強制されていたことだ」とした。

    「強制連行」「性的奴隷」と断定した過去の声明に比べトーンダウンし、論点もすり替えられている。

    法律家の良心は…

    「何を証拠に『強制連行』と断定したのか。“証拠に基づいた事実の追究”のプロであるべき弁護士が、証拠がない、あるいは不確かな証拠に基づいた会長声明を出したことは大きな問題だ」。

    日本の伝統と文化を守る「創の会」世話人で弁護士の堀内恭彦(51)は「客観的事実はあやふやでも、日本の責任追及と賠償実現ができればそれで良いという風潮が、当時の日弁連内にあったのではないか」と指摘する。

    慰安婦がここまで国際問題化し、「日本は性奴隷を用いた野蛮な国」と認知されるに至った原因の一つは、間違いなく日弁連の活動にある。

    「弁護士の良心があるなら、誤りが判明した声明は訂正や見直し、取り消しを検討すべきだ」。堀内はそう提案している。

    http://www.sankei.com/west/news/170415/wst1704150007-n1.html

    【【慰安婦問題】証拠なしに「慰安婦強制連行」「性的奴隷」 “野蛮な国”認知の背景に日弁連活動[4/15] 】の続きを読む

    このページのトップヘ