真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    韓国のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/30(日)06:58:31
    news_20151231173851-thumb-645xauto-79101

    記事名/日韓慰安婦合意は「再協議」、各候補そろって日本批判 歴史の蒸し返しさらに

    2017.4.30 01:00
     慰安婦問題をめぐる日韓合意の精神に反し、釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦像が違法に設置され日韓関係が悪化を続けるなか、韓国大統領選挙の主要候補者はいずれも、合意の「再協議」を主張している。

     世論の約6割が日韓合意の破棄を、8割近くが慰安婦像の撤去反対を支持する現状で、合意履行を訴えれば選挙戦からは確実に脱落する。外交上の約束であろうが、日本に従っていては支持は集められない。このため、次期政権での日韓合意の履行は、選挙の争点にすらなっていない。

     それどころか、保守系の旧与党「自由韓国党」の洪準杓(ホン・ジョンピョ)候補は釜山の慰安婦像を訪れ、「慰安婦問題はナチスのユダヤ人虐殺と比肩される反人倫的犯罪だ。そんな犯罪は合意対象にはならない」と発言した。日本批判は“した者勝ち”となっている。

     その半面、対日関係では「ツートラック戦略」で各候補はほぼ一致している。慰安婦や独島(竹島)などの「歴史問題」と、経済などの「現実問題」は切り離して臨むべしとの主張だ。

     現在、支持率トップの左派系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)候補は、
    日韓合意の破棄を主張する一方で、早くから対日ツートラックを主張。特に経済での日韓協力の必要性を、各候補は感じているようだ。


    ◎産経 4月30日 全3ページ
    http://www.sankei.com/world/news/170430/wor1704300003-n1.html

    【【5月9日大統領選】日韓慰安婦合意は「再協議」。各候補そろって、歴史を蒸し返しさらに日本批判[H29/4/30]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/30(日)06:53:27
    1000061294

    記事名/韓国軍、1億3千万円ミサイル2発を「間違って海に落とした」…末期的ミスに国民ため息

    2017.4.30 06:00
     韓国海軍の対潜哨戒機「P-3CK」が対艦ミサイル「ハープーン」など計6発の武装を海に落としていたことが明らかになった。総額約4~5億円の武装を落とした理由について、軍は「乗務員の操作ミス」と発表。韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告の国政介入事件で政情が不安定化しているが、軍のお粗末なミスで政権への批判は強まるばかり。さらに“悪影響”は日本にも…。(岡田敏彦)

    初笑いで済まない

     韓国通信社の聯合ニュース(電子版)などによると、武装を海へ投げ捨てる信じがたい失敗が起こったのは1日午前6時10分ごろ。韓国北東部の江原道沿岸約60キロの海域で、飛行中だったP-3CK対潜哨戒機が搭載していた武装すべてを誤って海に投下した。

     爆弾やミサイルを搭載する軍用機には基本的に緊急投棄スイッチがある。これは敵機の奇襲攻撃を受けた際や、自身の機体のトラブル発生時に、機体を身軽にするために装備されている。特に主脚など降着装置のトラブルで不時着する際などに備えて必須のシステムだ。

     もちろん緊急時以外に誤って操作することのないよう、スイッチにはカバーがかけられるなどの安全装置がついているが、韓国海軍の説明ではなぜか「誤って」操作してしまったという。

    ◎産経 4月30日 全5ページ
    http://www.sankei.com/west/news/170430/wst1704300003-n1.html

    【【軍事/低練度】韓国軍のP-3CKが、1億3千万円ミサイル2発を含む計6発、総額約4~5億円の武装のすべてを間違って海に落とす。…末期的ミスに国民ため息 [H29/4/30]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土) 23:35:55.45 _USER
    120208_6papers_ogawa

     【ソウル支局】北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、東京メトロが一時全路線で運転を見合わせたことに対し、韓国の聯合ニュースは29日、「過剰対応との批判が高まっている」と報じた。

     聯合ニュースは「初めての挑発でもなく、北朝鮮国内に落ちただけ」とした上で、「利用客の不便も顧みず運行を中止したことに(日本国内で)不満があふれている」と報道。日本政府が「戦争の恐怖を醸成することに熱を上げている」と表現した上で、運転見合わせについて「東京メトロは民間の会社だが、決定の背後には政府の存在があるといえる」とした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000564-san-kr

    【【日韓】「過剰対応」「戦争の恐怖を醸成」北ミサイル、東京メトロ運転見合わせ 韓国メディア批判 [04/29]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土)16:15:09
    20121020150627213
    橋下徹 @t_ishin

    (ソウルリポート①)今ソウルにいる。
    トランプ大統領と安部首相はソウル市の状況を実体験して普通のソウル市民の声を聴くべきだ。ワシントンや永田町だけで判断すると現実が見えなくなり判断が狂う。もっとクールダウンすべき。今日、時間の許す限り路上で普通のソウル市民に話しかけてみた。

    (ソウルリポート②)ソウルでは普通の暮らしが営まれている。
    この普通の市民の人生を北朝鮮のミサイルで犠牲にするくらいなら、北朝鮮に核保有をいったん認めてやってもいいじゃないか。
    その上できっちりと核の均衡を保つ。
    北朝鮮を叩くのであればもっと早くやるべきだった。

    (ソウルリポート③)ソウルの普通の市民は、北朝鮮の核保有など全く脅威に感じていない。
    それは韓国を撃つためではなく、北朝鮮の体制維持のためであることを普通のソウル市民の皆が認識しているから。
    北朝鮮の脅威を煽っているのはいつもの政治家や専門家ばかりという認識。

    (ソウルリポート④)北朝鮮の核保有を完全に止めるには時期を逸した。
    朝鮮半島の非核のためにこのソウル市民の犠牲はある程度已む無しなんていういい加減な判断は止めてくれ。
    戦争はいつも政治家のメンツや威勢のイイかっこつけから始まる。そんなにやりたきゃ、お前らだけで決闘でもしろ。

    (ソウルリポート⑤)普通のソウル市民特に将来のある若者たちは皆、北朝鮮の核保有を脅威と感じていない。
    韓国に撃ってこないことを一番知っているから。
    そして普通のソウル市民が一番恐れているのはトランプ氏による攻撃だ。これがあれば北朝鮮は必ず
    反撃し韓国がミサイル攻撃を受ける、と。

    続く

    ソース/https://mobile.twitter.com/t_ishin

    【【twitter】橋下徹がソウル(韓国)からリポートと称して13ツイート。韓国と韓国人の目線で安倍総理とトランプ大統領を批判。⇒「北朝鮮側の意見だな。」[H29/4/29]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/28(金) 13:35:20.20 _USER
    e4176_204_4623f408_6e33760a

    ITX列車の漏電遮断機の役割を担っている主回路遮断機に、作業員がガムテープを貼っている。このような措置はKORAILが運営するITX便23本すべてで行われていた。(写真=読者提供)

    ITX(急行型電動列車)の漏電遮断機の役割を担っている主回路遮断機で火災が発生して列車が停止する事故が相次いで発生したが、運営会社のKORAIL(韓国鉄道公社)は遮断器の修理をまともに行わず、遮断機をガムテープで固定するだけの応急措置で列車の運行を続けていたことが分かった。

    27日、鉄道業界によると、今月17日、ITX-セマウル号が京釜(キョンブ)線梅浦(メポ)駅付近で25分間停止した。このため、該当の路線を通る他の13本の列車に最長一時間の遅れが出た。主回路遮断機に火災が発生し、列車への電力供給が止まったことが原因だった。ITXは2万5000Vの特高圧電流が流れる電車なので、安定した電力供給および異常電力遮断の役割を担う主回路遮断機が核心安全装置だ。

    これ以前にも同様の事故が発生していたが、KORAIL(韓国鉄道公社)はこれについても主回路遮断機にガムテープで固定する臨時措置だけを施していたことが明らかになった。今月4日、ITX-セマウル号が京釜線永登浦(ヨンドンポ)駅付近で停止する事故が起きたが、これも主回路遮断機の問題だった。KORAILは当時、固定したガムテープが美観上、見栄えが良くないとの理由でその上にグレーのペイントまでした。このような臨時措置はKORAILで運行する23本すべてのITXで行われた。

    匿名を求めたKORAIL関係者は「まだ無償メンテナンスの期間中だが、正式なアフターサービスを強く要請せず、KORAILが自主的に臨時措置だけを講じている理由が分からない」と話した。ITXはロテムが製作し、KORAILに納品した急行型電車で、2014年5月に初めて運行された。

    KORAIL側は「短期的に製作会社のロテムに主回路遮断機の絶縁測定および制御ボックスの内部状態を毎日点検・確認するようにし、今後根本的な対策を樹立するよう措置をした」と明らかにした。
    中央日報 latest news
    2017年04月28日08時44分
    http://japanese.joins.com/article/586/228586.html

    【【鉄道】韓国急行電車、不良漏電遮断機をガムテープで固定して運行[4/28]】の続きを読む

    このページのトップヘ