真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    親日国のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/08(土) 12:29:51.53 _USER
    65cd2463040b41a75d56a9ff35d8365a

    2017年7月7日、台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統はツイッターで日本の九州北部を襲った豪雨災害への見舞いの言葉を日本語でツイートした。このツイートにはさまざまな反応が寄せられている。

    蔡総統は7日午後8時半ごろ、自身のツイッターアカウントで

    「この度、日本の九州北部で記録的な豪雨により、甚大な被害を受けたことを聞き及び、誠に心を痛みます。また、被災地の皆様に心よりお見舞いを申し上げます」
    「日本は台湾にとって大切な隣国と友人です。被災地が一刻でも早く復興できるようお祈りしながら、必要な時援助を行いたいと思います」(原文ママ)

    と日本への見舞いの言葉をつぶやいた。

    ツイートは8日午前11時の時点で6000回以上リツイートされ、8000件以上の「いいね」が付いている。

    これに対して、同日が中国の「七七事変(盧溝橋事件)」から80周年にあたる日だったことから、中国の簡体字(※主に中国本土で使用されている文字)で蔡総統を批判するコメントが書き込まれた。蔡総統率いる民進党が政権を獲得してから中国共産党との関係が芳しくないことも背景にあるとみられる。

    一方で、日本のユーザーから

    「本当にありがとうございます」
    「台湾の人たちの優しさに感謝します」
    「日台は兄弟です」

    などといったコメントが多数寄せられている。

    多くが日本からの感謝を示すものだが、一部には繁体字(※主に台湾や香港で使用されている文字)や簡体字で
    「台日友好」「日本頑張れ!」など、日本を応援するメッセージも寄せられている。


    2017年7月8日(土) 12時20分
    http://www.recordchina.co.jp/b183812-s0-c10.html

    【【台湾】蔡総統が九州の豪雨災害に日本語でお見舞いツイート、日本のユーザーから感謝の声[07/08]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/29(木) 17:28:39.02 _USER


    2017年6月28日、韓国・京郷新聞によると、韓越平和財団をはじめとする53の市民社会団体が同日午後、ソウル光化門の政府ソウル庁舎前で記者会見を開き、韓国政府に対し、ベトナム戦争における韓国軍による民間人虐殺など、過去の問題に責任を持って対応するよう促した。

    市民団体は「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の顯忠日(戦没者追悼の記念日)の追悼の辞が問題となっているが(ベトナム戦争に参戦した勇士の献身と犠牲を基に祖国の経済が生き返ったと発言した)、その中心には韓国軍による民間人虐殺疑惑がある」とし、「歴代の政府でベトナム戦争の被害調査と真相究明は一度も行われたことがないため、被害者の統計情報はどこにも見つけることができず、ベトナムのあちこちに建てられた「(韓国軍)憎悪の碑」と「慰霊碑」を通じて推測するしかない」と述べた。

    また「手遅れになる前に、政府が韓国軍によるベトナムの民間人虐殺問題について国家レベルの真相究明に乗り出すことを促す」と述べた。

    また、会見に参加したベトナム人女性は、京郷新聞とのインタビューで「韓国人は日本の植民地支配を受けた過去の歴史について被害者の立場を主張するのには慣れているが、ベトナム戦争での民間人虐殺のような加害者的立場については鈍感なようだ」と述べた。女性は2003年に留学のため初訪韓し、修士・博士課程(韓国語教育専攻)を終え、現在も韓国内に住んでいる。

    女性は数年前に会った「大韓民国ベトナム戦参戦者の会(参戦者会)」関係者から「ベトナム戦当時に大きな被害を受けた地域に行ってボランティアをしている。これからそこでハングルとテコンドーを教えたい」という言葉を聞き「心が痛かった」とし、「その言葉は日本人が『慰安婦が多く住んでいる地域に行って日本語と空手を教えたい』と言っているのと同じことではないか」と語った。

    その上で「ベトナム内ではベトナム戦争に関して『許す』とのムードが支配的だが、韓国人らが日本に対し慰安婦問題を訴え続ける姿を見て、『私たちも声を上げなければ』と問題意識を持つ人も多い」と明らかにし、「戦争で誰が過ちを犯したのかを追及するよりも、過ちを認めて許し、今後は傷つけ合わないようすることが平和への道だ」と主張した。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは4000を超えるコメントが集まっており、この問題に対する関心の高さがうかがえる。コメント欄には

    「われわれが間違ったことをしたのであればちゃんと謝罪しよう」
    「不適切なことに対する謝罪は恥ずかしいことではない。大韓民国は恥ずかしくない国であってほしい」
    「明らかに韓国が間違っている。謝罪すべき」

    など、ベトナムに対して謝罪すべきとする意見が多く並んだ。

    また、「日本の悪口を言う前にベトナムに謝罪をすべきだと思う」と日本に関連した意見もみられた。

    そのほか「ベトナム戦争に対する教育が不足している」「ベトナムへの謝罪はむしろ米国がすべき」などとする意見もあった。


    2017年6月29日(木) 17時20分
    http://www.recordchina.co.jp/b182858-s0-c10.html

    【【越韓】「慰安婦問題を見て変化」ベトナム人留学生らが韓国政府に韓国軍民間人虐殺の真相究明を訴え[06/29]】の続きを読む

    ダウンロード (1)

    [マニラ 27日 ロイター] - フィリピン政府は27日、今月に入って公の場にほとんど姿を見せず健康不安が取り沙汰されているドゥテルテ大統領(72)について「健在だ」と発表し、健康不安説を否定した。


    大統領は過密スケジュールで知られ、長時間の演説を1日に数回こなすこともあった。しかし、今月に入って公の場に姿を現す機会が激減。公務で姿を見せたのは20日が最後とされる。

    とりわけ、フィリピン南部のミンダナオ島マラウィ市で過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力の掃討作戦が1カ月以上続き、同国がドゥテルテ政権発足以降で最大の危機を迎えているにもかかわらず、大統領があまり表舞台に姿を見せないことが人々の疑念を募らせている。

    続きはこちらで 
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000071-reut-asia

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/26(月) 06:29:12.49 _USER
    no title
    http://news.searchina.net/id/1638453?page=1

     日本を訪れる中国大陸の観光客はこの5年で爆発的に増えたが、同じく台湾からの観光客も激増している。台湾メディア・東森新聞雲は23日、「台湾人の旅行、日本はブームで韓国は好まず 5つの残酷な真相」とする記事を掲載した。

     記事は、台湾・交通部観光局が発表した2011ー16年の出国目的地別人数統計のデータを紹介。16年に日本へ出かけた台湾人が延べ429万5000人だったのに対して、韓国は80万8000人と5倍以上の差が開いていることを伝えた。

     日本を訪れた台湾人観光客は04年に100万人を突破して以降11年までは100万人台前半を推移していたが、その後6年間でほぼ4倍となる急増を見せている。一方韓国は15年の50万人から1年間で30万人ほど増えたが、日本はそれ以上のペースで増加した。

     記事はこの統計について台湾のネット上で「日本と韓国ではフライト時間はあまり変わらないのに、どうして5倍もの差がついたのか。韓国はつまらないのか、それとも他の理由があるのか」という疑問があるネットユーザーから投げかけられたことを紹介。これに対して、ほかのユーザーから様々な意見が寄せられたと伝えた。

     そして、ユーザーから寄せられた意見をまとめた結果「多くの人が、韓国と台湾がとても似ていること、文化的な特色が不鮮明であること、遊べる場所が少ないこと、行く目的がショッピングに限られていること、韓流スターの追っかけだけが目的になっていること」という「5つの真相」が浮かびあがったとしている。

     韓国を目的地にする台湾人観光客も増えていることから、決して「台湾人は韓国が嫌い」という訳ではなさそうだ。現状として、それ以上に日本旅行に注目が集まっているということだろう。ただ「魅力に欠ける」という台湾ネットユーザーの意見をしっかり汲み取って、台湾人が魅力に感じるコンテンツ開発やPRに取り組む必要があるのは、言うまでもない。

    【【台湾】台湾人が日本に行きたがり、韓国には行きたがらない理由[06/26]】の続きを読む

    ISIS vs Phillipine Army in Marawi City
    Read more at https://www.liveleak.com/view?i=339_1497091682#s1P1iqAxwJheiZhp.99

    6月19日からフィリピン・インドネシア・マレーシア・オーストラリアで海上警備開始、シンガポールも加わる予定。



    Islam has unfinished business in SE Asia. They have militant groups in every non-islamic nation in the region and wont be happy til the entire region is Islamic.

    It is on Australia's doorstep so we must not interfere when nations like Burma and Phillipines use the tough tactics required. 


    自動翻訳
    イスラームは東南アジアで未完成の事業をしています。彼らは地域内のすべての非イスラム国家で過激派のグループを持っており、全地域がイスラムの勢力下になるまで喜ばないないだろう。
    オーストラリアの玄関口にありますので、ビルマやフィリピンのような国が必要とされる厳しい戦術を使用する際には干渉してはなりません。

    このページのトップヘ