真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    親日国のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/16(木) 22:22:16.87 _USER9
    images
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171116/k10011226141000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001


    11月16日 21時53分北朝鮮情勢

    核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し国際的な包囲網が強まるなか、北朝鮮と国交があるシンガポールが、北朝鮮とのすべての商業目的の貿易を今月8日以降、停止したことがわかりました。

    シンガポール政府によりますと、貿易停止の対象となったのは、すべての商業目的の製品で、今月8日以降、二国間で直接、取り引きされる製品に加え、シンガポールを経由地として取り引きされる製品も輸出入が禁止されるということです。

    また、商業目的以外の個人で使用する製品については、国連安保理の制裁決議の対象品目となっているものは貿易が停止され、対象品目以外については少なくとも3日前までにシンガポールの税関に申請し承認を得る必要があるとしています。

    違反した場合は、日本円にしておよそ1600万円未満、または、輸出入した製品の価格の4倍の罰金が科されるほか、収監の対象にもなるということです。


    核・ミサイル開発を進める北朝鮮をめぐっては、国連安保理の制裁決議などを受けて、国際的な包囲網が強まっていますが、北朝鮮と国交があるASEAN諸国の中には貿易を続ける国もあり、制裁の抜け道になっているとの批判も出ていました。

    シンガポール政府としては、アメリカが北朝鮮への圧力強化を呼びかけるなか、北朝鮮に対し、厳しい姿勢を示す狙いがあると見られます。

    【【シンガポール】 北朝鮮との商業目的の貿易を停止 】の続きを読む

    g00416_main

    日本と台湾。両者の関係は年々強まっている。2016年度に台湾から日本を訪れた渡航者は約417万人。そして、台湾を訪れた日本人も約190万人となっている。つまり、合わせて600万人規模という相互交流があった(いずれも台湾政府交通部観光局調べ)。

    台湾の人口は約2355万人。これを踏まえると、約5人に1人の台湾人が年に1度は日本に赴いていることになる。対成人人口では4人に1人という割合で、韓国が約10人に1人、中国が約216人に1人ということを考えると、いかに台湾の「日本熱」が高いかが分かる。

    日本を訪れる台湾人渡航者は、09年度には約102万人だった。これが13年度に約221万人とほぼ倍になり、16年度には約4倍となった。その背景には、円安傾向や格安航空会社(LCC)の就航、日本の地方空港との路線開設、そして、自治体や団体による台湾人旅行者の誘致合戦など、さまざまな要因が絡んでいる。

    一方、台湾を訪れる日本人も増加傾向にある。書店には台湾についてのガイドブックや書籍がずらりと並び、中には「台湾コーナー」を設けるところもある。女性誌や専門誌などでは台湾特集が組まれ、テレビ番組で台湾が取り上げられることも、ここ数年で急激に増えた。

    そんな中、この10年間で最も増えた渡航者は、修学旅行で台湾を訪れる日本の高校生たちだ。

    2015年、台湾は海外修学旅行の行き先ランキングで1位となった(公益財団法人全国修学旅行研究協会統計)。これまでは米国が独走状態で、2位は長らくシンガポールだった。両国とも英語学習において利点があり、人気があるのは容易に理解できる。

    一方で、台湾は行き先としては後発であり、誘致も積極的に行っていたわけではない。03年に台湾を訪問した日本の高校生は577人、学校数で言えばわずか9校に過ぎなかった。

    それが14年には2位となり、15年には僅差ながらも米国を抜いてトップに立った。この年、224校の3万6356人が台湾を訪れた。米国は学校数では249校と首位を保っているが、生徒数は3万6170人、3位のシンガポールは147校、2万1000人となっている。

    続きはこちらで http://www.nippon.com/ja/column/g00416/#.WgF6G7wx8zk.twitter

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/04(土)10:35:25 ID:???
    1
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000304013.pdf

     外務省は3日までに、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国で行った対日世論調査の結果を発表した。日本を「とても信頼できる」「どちらかというと信頼できる」と回答した人は91%に達し、2015年12月に実施した前回調査の73%から18ポイント増加した。

     対日関係について聞いたところ「友好関係にある」との答えが89%で前回を14ポイント上回った。平和国家としての日本の歩みを「評価する」との回答も88%で6ポイント増えた。

    20カ国・地域(G20)の中で過去50年間にASEANの発展に最も貢献した国・地域(複数回答可)の質問では、日本が55%でトップ。

    共同通信社/2017/11/3 16:46
    https://this.kiji.is/299087546175079521

    ◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 77◆◆◆
    http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1509427909/
    ※なんだ、この訂正記事と同じような行数??さすが反日メディアだ 【【ASEAN世論調査】 「日本を信頼」91% 共同通信が嫌々ながら公表[H29/11/4]】の続きを読む

    DNeBxLEUIAAsuaH

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/02(木) 17:58:37.83 _USER9
    天皇、皇后両陛下は10月31日、来日していたフィリピンのドゥテルテ大統領と皇居・御所で会見された。 「暴言王」の異名を持つ大統領の過激な発言から、両陛下との面会を不安視する声も上がっていたが、約25分間のご会見は和やかに行われたという。

     宮内庁によると、天皇陛下が「先の大戦では多くのフィリピンの人たちが犠牲になりました」と述べられると、 大統領は「両国は川の流れのように過去を乗り越え、今日の協力関係を築いてきました」と応じた。

     大統領は会見の冒頭、手を膝に置き緊張した様子で、徐々に打ち解けた雰囲気に変わった。御所を後にする際、 見送られた両陛下に何度も頭を下げる場面もあり、宮内庁は「両陛下への敬意がうかがえた」としている。

    http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171101/soc1711010021-n1.html

    s_ice_screenshot_20171101-120933


    東日本大震災後の同国からの支援に謝意を伝え「ともに自然災害の多い国なので、この分野でさらに協力する余地があると思います」との考えを示された。 日本人移民も話題に上り、大統領が両国の「友好の碑」を建立したエピソードを披露した。

    http://www.sankei.com/life/news/171031/lif1710310036-n1.html

    36: KSM WORLD NEWS 2017/11/02(木) 18:09:24.57
    韓国の元大統領 李明博


    『天皇は韓国に心から土下座したいなら来い
    重罪人に相応しく手足を縛って頭を踏みつけ地面に擦り付けて謝らせてやる
    重罪人が土下座もしない、言葉で謝るだけならふざけた話だ
    そんな馬鹿な話は通用しない、それなら入国は許さない』



    韓国のこの言葉、日本人は一生忘れない

    【【皇居】天皇皇后両陛下、緊張のドゥテルテ大統領と会見 宮内庁「陛下への敬意がうかがえた」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/30(月) 08:13:26.94 BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    20161027-03564675

    フィリピンのドゥテルテ大統領が来日しました。31日までの日程で、滞在中は安倍総理大臣との 首脳会談や天皇陛下との面会が予定されています。

    「核戦争は誰にとっても受け入れがたい。誰かが金正恩(キム・ジョンウン)党委員長と 話をしなくてはならない」(ドゥテルテ大統領)


     日本に向け出発する前に行った会見で、北朝鮮をめぐる情勢に危機感を示した ドゥテルテ大統領。そのドゥテルテ大統領が30日午前3時前、東京・羽田空港に到着しました。 31日までの日程で、去年10月以来2回目の来日です。

     安倍総理との会談では、北朝鮮情勢や中国が拠点化を進める南シナ海情勢などについて 議論される見通しです。また前回、三笠宮さまの逝去で中止となった天皇陛下との面会も 予定されています。
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3197679.html

    【フィリピンのドゥテルテ大統領が来日「核戦争は誰にとっても受け入れがたい。誰かが金正恩(キム・ジョンウン)党委員長と 話をしなくてはならない」】の続きを読む

    このページのトップヘ