真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    中国のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/17(金)16:31:25 ID:???
    san_plt1711170026view_thum630
     
     産経新聞WESTによると、長崎純心大(長崎市)の石井望准教授が17日に国会内で記者会見し、1970年に台湾政府が発行した公式地理書「台湾省通志」で、釣魚台について台湾島南東部・台東県の島と記載していたと発表した。

     現在台湾が領有権を主張している魚釣台(尖閣諸島の台湾名)は、台湾島の北東部にあり、
    1970年に記載された魚釣台とは地理的に異なるという。


     詳細と続きは産経新聞WESTで。


    >台湾「尖閣領有」否定の資料発見 「釣魚台」は別の島、台湾政府発行の地理書に 長崎純心大准教授が発表
    2017.11.17 13:10 産経新聞WEST
    http://www.sankei.com/west/news/171117/wst1711170053-n1.html

    2: KSM WORLD NEWS 2017/11/17(金)16:51:28
    WESTでない産経新聞の記事です。

    >「中国の主張を完璧に覆す」尖閣領有を否定する台湾の公式文書が存在
    2017.11.17 16:05 産経新聞
    http://www.sankei.com/politics/news/171117/plt1711170026-n1.html
    http://www.sankei.com/politics/news/171117/plt1711170026-n2.html

    中国が尖閣を自国領としていた根拠が崩れたという発表です。

    石井教授
    「中国の主張を完璧に覆し、国際法だけでなく、歴史的にも尖閣諸島は日本の領土だという日本側の主張を補強するものだ」

    3: KSM WORLD NEWS 2017/11/17(金)16:59:40
    件の公式地理書『台湾省通志』は、『台海使槎録』(1736年)に
    依拠した資料っぽいな。
    『台海使槎録』に登場する「釣魚台」の解釈法については、
    下の方が分かりやすいし納得がいく。

    参考
    尖閣は台湾の一部分ではないことを読み取れない中国 ― 平野聡
    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/4921

    【【尖閣】台湾「尖閣領有」否定の資料発見 「釣魚台」は別の島、台湾政府発行の地理書に 長崎純心大准教授が発表 [H29/11/17]】の続きを読む

    DOuec0BUEAA_Nac

    中共による人権侵害と闘う、チベット、ウイグル、南モンゴル、台湾、中国民主化運動家の同志達が来日中。 急遽、国会議員会館にて、チベット亡命政権議員等の皆様と意見交換を致しました。 日本への期待と役割は大きなものがあります。日本チベット国会議員連盟事務局長として力を尽くします!

    1: KSM WORLD NEWS 2017/10/30(月) 22:14:25.90 _USER
    531443_pcl

    今年2月にマレーシア・クアラルンプールの空港で暗殺された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の息子、 キム・ハンソル氏を暗殺するために中国・北京に派遣されていた北朝鮮の工作員グループが、 中国の公安当局に逮捕されたことが分かった。

    中央日報が30日、報じた。ハンソル氏は北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長のおいに当たる。

    同紙は北朝鮮消息筋の話として「北朝鮮の偵察総局所属の特殊工作員らがハンソル氏を除去する目的で中国に侵入したが、メンバーの一部が先週、中国の国家安全部に逮捕され、現在は北京郊外の特殊施設で極秘に取り調べが行われている」と伝えた。

    今回逮捕されたのは北朝鮮偵察総局の工作員7人だという。工作員らは支援組、行動組、遮断組に分かれ、ハンソル氏の居場所の把握、接近ルート準備などを行っていたが、このうち2人が捕まったことで暗殺計画が明るみに出たという。

    中央日報によると、中国の公安当局は今月18-24日に行われた中国共産党第19回全国代表大会に合わせて中国国内の工作活動を集中監視しており、 この過程で暗殺計画をつかんだことが分かった。

    20171006-00010006-houdouk-000-2-view

    ハンソル氏は以前はマカオに滞在していたが、父の正男氏が殺害された直後、身の危険を感じて母親のキム・ヘギョン氏、妹のソルヒ氏と共に別の場所に身を隠した。

    このとき、ハンソル氏らを保護しているとされる組織「天里馬民防衛」は「金正男氏の家族に会って安全な場所に直接連れて行った」と明らかにし、 米国・中国・オランダの各政府の支援に対し感謝の意を伝えた。

    ハンソル氏はこれまで金正恩氏に対して批判的な立場を示してきた。 ボスニアのインターナショナルスクールUWCに在学中だった2012年には、フィンランドのテレビ局とのインタビューで 「金正恩氏がどのようにして独裁者になったのか知らない」と答えている。

    このため金正恩氏が、権力維持の障害になりそうな正男氏だけでなく息子のハンソル氏まで殺害しようとしていたのではないかとの見方が出ている。 西欧メディアは、金正恩政権に不測の事態が発生すればハンソル氏が代わりの勢力となり得ると分析しており、 こうした見方も金正恩氏の心情を逆なでした可能性がある。

    北朝鮮がなぜ中国にハンソル氏の暗殺グループを派遣したのかは分かっていない。 一部にはハンソル氏が西欧に亡命したとの見方もあるが、実際には中国当局が保護しており北朝鮮がこれに気づいて工作員を派遣したとの分析も示されている。

    北朝鮮の消息筋は中央日報に対し「今年3月以降、ハンソル氏の行方が分かっていないのは、中国当局が徹底的に管理しているからだろう。 天里馬民防衛などの主張は、隠蔽のためのカモフラージュの可能性も考えられる」との見方を示した。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/30/2017103003858.html

    【【国際】 金正男の息子、キム・ハンソル氏暗殺目的の北朝鮮特殊工作員7人、北京で逮捕 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/17(日) 01:55:15.15 _USER
    1711695_image2_1

    中国から撤退する韓国企業が相次いでいると台湾メディアが伝えた
    中国に進出して20年になる韓国スーパーは通告もなく突然店舗すべてを閉鎖
    上海在住の日本人は韓国企業は「夜逃げ」撤退することで有名だと語った

    9月7日、韓国で米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の追加配備が完了し、4月に配備された2基を合わせて合計6基体制となり、計画通り完全運用が開始された。

    THAADをめぐっては、朴槿恵前政権が昨年7月に配備を決めたが、直後から中韓関係は急激に悪化。中国国内にある韓国資本のスーパー・ロッテマートなどが一時的に営業停止処分となったり、事実上の“渡韓禁止”を自国民に強いるなど、軋轢が絶えなかった。

    政権が代わり、文在寅大統領はTHAAD配備を見直す可能性を示唆したことで、一時は中韓双方で関係修復の兆しもあったが、今回の配備完了を受けて再び中韓関係が悪化しつつある。そうした中、中国から撤退する韓国企業も相次いでいる。

    台湾「中時電子報」(9月13日付)などによると、中国に進出して20年になる韓国のスーパー大手「Emart」は突然、通告もなく上海市内にある5店舗すべてを閉鎖。1,000人以上の従業員にとっても青天の霹靂で、Emart側に賠償・補償交渉を求めたものの、すべて拒否されたという。

    店舗前で従業員が集結し、抗議集会が行われたが、彼らは泣き寝入りとなる可能性が高い。Emartは中国での業績が近年、悪化しており、THAADの影響で経営継続が難しいと判断したという。

    「中国に限らず、海外に進出した韓国企業は撤退するとき“夜逃げ”することで有名です。日本企業などは現地の法律やルールに従って補償交渉をするんですが、韓国企業は通告せず、とにかく逃げる。

    2000年以降、200社以上の韓国企業が中国から夜逃げしたことがわかっていますが、昨年からのTHAAD騒動で、私が知る限り30社ほどの韓国企業が夜逃げしている。どこも借金を踏み倒し、従業員への補償もゼロ。こちらでは嫌韓感情がかつてなく高まっています」(上海在住の日本人ビジネスマン)

    中国撤退をめぐっては、ロッテマートも中国市場からの撤退が報じられたばかり(ロッテ側は否定)。ロッテマートは3月以降、現在に至るまで営業停止処分(表向きの理由は消防設備の不備)が続いており、中国国内にある99店舗のうち半数近くを売却すると発表している。

    ほかにも韓国・現代自動車が中国工場の操業一時停止を余儀なくされたり、サムスン製スマホの不買運動が起こって中国でのシェアが急落するなど、大きな影響が出ている。

    「スマホや家電、自動車など、韓国製品が中国大陸を席巻していた時期はもう終わりました。中国製品が力をつけてきた時期と、THAADによる中韓関係の悪化が重なって、中国人は韓国ブランドに見向きもしなくなった。特に自動車に至っては1年で中国への輸出が半分に減っている。

    中国市場で韓国製品がオワコン化しつつあるのは間違いない。日本企業よりも厳しい状況に置かれているように思います」(同)

    中国市場への依存度が高かっただけに、その影響は計り知れない。朝鮮半島有事に加え、経済的な死の可能性もある韓国。いったい、どうなるのか――。

    (取材・文=五月花子)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13621413/

    【【中韓】ロッテマート撤退に続き、韓国スーパーが夜逃げ!通告もなく上海市内にある5店舗すべてを閉鎖 THAAD追加配備で中韓関係悪化 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/09/08(金) 12:13:34.55 BE:479913954-2BP(1931)
    89c1806700a8f1a3_S

    THAAD:追加配備に中国メディア猛反発「韓国、キムチ食べて混迷」

    北朝鮮の核実験には沈黙を守っていた中国メディアが、韓国の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)の発射台追加配備に対して暴言に近いレベルの猛非難を浴びせた。中国共産党の機関紙「人民日報」の姉妹紙「環球時報」は7日付の社説で、THAADの発射台4基を追加で配備した韓国を強く非難した。同紙は社説で「THAADは北朝鮮の核兵器のように地域の戦略的バランスを壊す『悪性腫瘍』になるだろう」と主張した。

    また「韓国の保守派勢力がありったけの力で米軍による韓半島(朝鮮半島)へのTHAAD配備に協力している」として「韓国の保守勢力の急進的な考え方と、北朝鮮の核保有にこだわる態度は、表裏一体のようなものだ」と指摘した。

    同紙はその上で「THAAD配備を支持する韓国の保守主義者たちはキムチを食べて混迷しているのか」「中露の両大国が反対しているTHAADを配備する韓国は、お前たちが『度が過ぎる』と言って批判している北朝鮮と同じぐらい度が過ぎている」「THAAD配備によって、韓国は最後まで残った一抹の自主性まで失ったまま、北朝鮮の核危機および大国間の勢力争いの中を漂う浮き草に転落するだろう」などとあからさまな非難を続けた。

    「韓国は北朝鮮の核の人質になっただけでなく、中露の戦略的ターゲットになったのだから、寺と教会だらけの韓国はたくさん祈っておけ」などという部分もあった。

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/07/2017090703474.html


    【社説】環球時報の下品な社説、中国共産党のレベルそのまま
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/08/2017090800812.html

    【中国政府「韓国はキムチばかり食べて頭がおかしくなった。北朝鮮と同じ地域の癌」→韓国激怒へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ