真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本の政治

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/04(木) 22:44:56.35 _USER9
    小西ひろゆき (参議院議員)‏認証済みアカウント @konishihiroyuki 7 時間7 時間前

    ISoNPdjoq4n4COk1493956507_1493956510


    山崎拓元自民党副総裁が語る 安倍一色に染まった自民党https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170428-00000070-sasahi-pol

    「安倍晋三首相の方針に誰も逆らわなくなった・・ヒラメ現象」「上を向いて、安倍総理の顔色ばかりをうかがい、自己主張をしなくなった」→ 実は民進党より自民党の方が遙かに終わっている。

    https://twitter.com/konishihiroyuki/status/860022031521202176

    【【話題】小西ひろゆき「実は民進党より自民党の方がはるかに終わっている」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/04(木) 19:09:52.42 _USER9
    img_2

    憲法記念日、総理は、読売新聞で憲法改正を打ち出した。朝刊のインタビューは熟読した。

    国会で一定の目標を設けて議論することには賛成だ。2020年というのは一つの節目だろう。ただ、総理には発議する内容や期限を決める権限はない。
    それを押さえた上で総理のインタビューを読むと、自衛隊、教育、緊急事態の国政選挙の延長の話が出てくる。それぞれについてコメントする。

    緊急事態の選挙の延長は自民党改憲案の緊急事態条項を読んで危機感を覚えて私が言い出したものだ。議論を進め、合意を目指したい。

    教育については、
    70年前は小学校と中学校のみだった無償化の範囲を幼稚園・保育園から高校までに拡大し、大学・専門学校についてもすべての国民に学ぶ機会を提供するべきだ。
    シルバー民主主義の時代だからこそ、優先的に予算を配分するには国民合意が必要だ。そのために、憲法26条の改正を大いに議論すべきだ。

    悩ましいのは自衛隊だ。
    自衛隊については、「違憲かも知れないが命張れは無責任」との総理のコメントには、一理ある。
    9条2項までを維持して自衛隊を明記するというのも、これまでの自民党と総理のアプローチからすると柔軟だ。
    私も、いつかは憲法に書かなければならないと考えている。

    ただ、9条は戦後の日本国民の平和への祈りがこもった条文だ。
    加憲だとしても、国論を二分することになるだろうし、結果として、国民を分断する可能性が高い。私はそのことを危惧する。
    北朝鮮の問題が深刻になっている今だからこそやるべきか、それとも今は安全保障の現実対応を優先して改正を見送るべきか。
    これまで私は後者の立場に立ってきたが、国民はどう判断するだろうか。

    私が中央公論で提案した中で言うと、地方自治について、総理は言及しなかった。これからの憲法論議の中で、
    かつて明治憲法制定時や自由民権運動の時に見られたように、知事や市長など、地方から8章の改正を求める声が上がるのを期待したい。

    http://blogos.com/article/221345/

    【【憲法改正】民進・細野豪志 「自衛隊は違憲かもしれないが命張れは無責任」総理発言に理解】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/04(木) 19:53:30.19 _USER
    17_480-b4310

    ANTIFA大阪@antifa_osk 4月30日
    「私、日本人でよかった」のポスターが京都の街に貼られまくっている - Togetterまとめ
    https://togetter.com/li/1105673

    やはり神社本庁か…
    タダで配ってるらしいし、みんなでもらって廃棄処分したらええんとちゃうか??
    https://twitter.com/antifa_osk/status/858545013029871616

    松井計@matsuikei 4月30日
    私は〈日本人でよかった〉と思ったことは、いっぺんもないなあ。〈イケメンでよかった〉てのは
    しょっちゅう思うけどさあ←前段はホント、後段はウソですよ。後段に至り、あまりのことについ
    スマホを壁に投げつけてしまった方には、衷心よりお詫び申し上げますm(__)m
    https://twitter.com/matsuikei/status/858507383407915009

    きづのぶお@jucnag 5月1日
    たまたま生まれた小国の中で「マジョリティ側で良かった?」などという卑小で
    偏狭な自己肯定感を、わざわざこんなポスターまで作って恥ずかしげもなく表明する、
    排外的で貧困なメンタリティ。改憲署名を集めまくっている、神社本庁のお仕事らしいですね。
    https://pbs.twimg.com/media/C-tXMx1VoAAseMy.jpg
    https://twitter.com/jucnag/status/858876036066426881

    【しばき隊界隈「日本人でよかったポスター、みんなでもらって廃棄処分したらいい」「日本人でよかったと思ったことないなぁ」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/30(日) 14:11:54.96 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    ref_l

    愛国心あふれる仏大統領選 各陣営の集会比較 右派も左派も国歌の大合唱

     大統領選の取材のため、今月12日からフランス・パリに滞在中です。

     17日は復活祭翌日の月曜日ということでパリはお休み。大統領選有力候補2人の演説会が開かれると聞いて、地下鉄を乗り継いで行ってきました。

     午後3時にAccord Arena Bercyにて独立系の前経済相、エマニュエル・マクロン氏、 午後8時にLe Z?nith Paris-La Villetteにて極右、国民戦線党首のマリーヌ・ルペン氏。
    どちらの会場も警察が取り囲む厳重態勢でした。

     マクロン氏の演説会は、到着したのが遅く、会場の外の大スクリーンで見ました。

    20170427-OYT8I50046-N

     ルペン氏の方は、最寄りの駅で降りる用意をしていたら、なんと地下鉄が停まらずに通り過ぎました。仕方なく一駅先の駅で降りて引き返しました。 後で現地の人に聞くと、デモや大きな集会をやっている駅には停車しないことが多いそうです。日本では考えられませんね。

    photo_6


     3人の男性の応援スピーチの後、ルペン氏登場! そこから1時間半に渡る演説。「講演」ではなく「演説」です。 途中、国歌の大合唱が2回。会場の一体感が半端なかったです。現代の日本の政治家でこれができる人はなかなかいないのではないでしょうか。最後まで見事な熱弁でした。

     19日、ホテルに戻る時、またまた最寄り駅を地下鉄が通過。 次の駅で降りて引き返すと、レピュブリック広場で左派、社会党の前国民教育相、ブノワ・アモン氏の集会が開かれていました。

     17日に見た集会と比べて、こちらの方が「フランスの王道」と言った感じでした。 今まで与党だった社会党ですから、捧げている政策が高齢者や子供、女性に優しいのもフランスの保守本道かもしれません。変わったところでは大麻の合法化も彼の公約に入っています。

    fb

     左派ではありますが、国旗がはためき、最後は国歌の大合唱。日本の感覚だとびっくりするかもしれません。 左派も右派も国旗、国歌に敬意を払い、愛国心はみんな強い。その上で政策としてコンサバティブvsリベラルを戦わせる。
    これが海外の選挙です。異常なのは日本の方なのです。

    imagesダウンロード (1)


    http://www.sankei.com/premium/news/170430/prm1704300017-n1.html

    【フランス大統領選 右派も左派も国歌の大合唱 ←なんで日本の左派は国歌を歌わないの? 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/05/03(水)07:22:51
    2011-11-09-01-535x535
    ◆産経新聞「国民の憲法」は「国防」章を新設 朝日新聞は提言で「9条改定の要なし」 読売新聞試案は1章に「国民主権」
    [産経ニュース 2017.5.3 05:30]


     3日で施行から70年を迎えた日本国憲法は、改正されていない成文憲法の中では世界最古の憲法となっている。国会での改憲議論は停滞しているが、過去には政党や政治家、民間団体、メディアがさまざまな改憲案を提起し、機運が盛り上がったこともあった。自衛隊を「軍隊」と明確に位置づけることや、緊急事態条項が必要との見解が目立ち、現行憲法の問題点を多くの政党、政治家らが認識していたことがうかがえる。

         ◇
     

     産経新聞は平成25年4月、現行憲法に代わる新憲法案として
    「国民の憲法」要綱を発表した。「日本国は先人から受け継いだ悠久の歴史をもち、
    天皇を国のもといとする立憲国家」と前文に記し、天皇を元首と位置づけた。また、
    現行憲法にない「国の構成」「国防」「緊急事態」の章を新設し、自衛と国際平和に
    寄与するための軍の保持、緊急事態における内閣の権限強化を定めた。


         ===== 後略 =====


    全文は下記URLで。
    http://www.sankei.com/politics/news/170503/plt1705030029-n1.html

    【【憲法施行70年】産経新聞「国民の憲法」は「国防」章を新設 朝日新聞は提言で「9条改定の要なし」 読売新聞試案は1章に「国民主権」[H29/5/3]】の続きを読む

    このページのトップヘ