真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本の政治

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/20(月) 11:14:32.41 _USER9
    kato-media-2
    2017.11.20 08:00



     学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設が認可され、来春開学する。学部新設をめぐっては野党や一部のメディアが安倍晋三首相(63)の関与を追及するが、ここにきて朝日新聞や毎日新聞が「ゆがめられた行政が正された」と述べた加戸守行(かと・もりゆき)前愛媛県知事(83)の証言の重要性を否定する報道に舵を切った。報道の公平性を指摘されてから加戸氏を取り上げ始めた両紙だが、その発言の重要性を矮小化するなど「加戸隠し」の様相となっている。

     両紙が加戸氏の発言について、無視するか極端に小さい扱いで報道してきたことは産経新聞で既報の通りだ。さらに加戸氏の発言を重要視しないことへの「いいわけ」を始めたのは、衆院選公示直前の10月8日、東京・内幸町の日本記者クラブで行われた党首討論会において首相から“攻撃”されてからだった。

     首相は党首討論会で、加計学園について質問した朝日の坪井ゆづる論説委員に対し、7月10日の閉会中審査における獣医学部誘致を推進してきた加戸氏のほか、八田達夫・国家戦略特区諮問会議議員の発言が朝日の紙面でほとんど取り上げられなかったことを指摘した。

     坪井氏は「(報道)しています」と返したが、7月11日付朝刊では朝日と毎日は加戸氏の証言は一般記事では掲載せず、審査の詳報で触れただけだった。

     朝日は党首討論会翌日の朝刊で、閉会中審査の加戸氏の発言について、詳報記事で見出しをつけて報じたなどと反論した。さらに、10月20日付朝刊では坪井氏がコラムで「問題は特区の選定」とした上で「選定の過程に関与していない加戸氏の記事が少ないのは当たり前ではないか」と切り捨てた。

     一方、毎日は同月20日付朝刊の「記者の目」の欄で「『ゆがめられていた行政がただされた』という発言は、判断のプロセスを知る立場でのものとは言えない」と強調した。

     11月8日付夕刊では同紙の与良正男専門編集委員がコラムで、首相が加戸氏の発言を取り上げていることに触れ「7年前に知事を退任し、今回の選定に直接関与していない加戸氏の証言は疑問の核心に触れたものではない」と断じた。

     両紙では、これまで官邸の不当な関与を主張する前川喜平・前文部科学事務次官(62)の証言を大きく取り上げてきた。ただ、両紙が指摘する「選定の過程に関与していない」という点では、前川氏についても同じことが言える。

    >>2以降に続きます

    http://www.sankei.com/premium/news/171120/prm1711200005-n1.html
    http://www.sankei.com/images/news/171120/prm1711200005-p4.jpgno title

    【【報道しない自由】 「加戸隠し」に躍起な朝日、毎日 認可受け前愛媛県知事が激白「いいかげんにせんか!」 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/15(水)09:28:56 ID:???
    「NEWS23」(TBS)で放送された加計学園と北海道大学の比較について、分析がおかしいと騒ぎになっている。

    kakeyoshikawa-10-600x339

    比較対象がおかしいうえ、学生数と教員数も間違っている。

    放送では北海道大学は学生よりも教員のほうが多いと紹介し、約2倍も学生のほうが多い加計学園は教育体制が整っていないと、不認可に繋げるような意見を紹介していた。

    しかし、放送後に大学院で研究に携わる人物「Manuel Velazqez?@Yacopi」がこれは明らかにおかしい比較だと異議を唱える。主張を簡単にまとめると以下の3つ。

    ・TBSは北海道大学を作為的に比較対象に選び、加計学園を悪く見せようとした
    ・仮に日本大学を比較対象にすれば正反対の結果が出た
    ・印象操作の報道に手を染めており、非常に悪質



    北海道大学は獣医学部の最高峰なので比較するなら平均の数値を使うべきだった。TBSがやったのは東大の偏差値を比較対象にもってきて「東大より偏差値が低いから存在価値なし」と結論付けたようなものだ。

    さらにその後、数字も間違っている疑惑が浮上する。
    大学紹介サイトによると、北海道大学獣医学部は学生数212人で教員数57人(2017年)と掲載されている。これはTBSが使った数字と全然違う。
    ※「教員」というのは教授、准教授、講師、助教、助手の合計値

    hokudaitbs1

    また文部科学省が公表しているデータも参照したところ、北海道大学獣医学部は学生数240人で教員数45人(2009年)という数字が見つかった。

    hokudaitbs2-487x500


    >>1学年40人×6学年で240人

    参考:獣医学部・学科の専任教員数(PDF)

    TBSが持ち出した数字は一体どこから出してきたものなのだろう。いくら調べてもいくら考えても理解できない。

    訂正すれば北海道大学(学生3.7人に対し教員1人)より加計学園(学生1.87人に対し教員1人)のほうが優れているということになる。

    使ったデータが間違っていたのなら当然TBSが導き出した結論も間違っているわけで、これは謝罪・訂正すべき誤報ではないだろうか。


    そもそも学生より先生のほうが多いというのは直感で奇妙に感じられるので、やはりTBSが間違っているという気がしてしまう。

    偏向報道があったことはすでに確定。次は捏造なのかどうか確認したいので、まずはどこのデータを使ったのか説明してほしい。

    *画像など、詳細はリンク先にて御覧下さい!!
    ソース=http://netgeek.biz/archives/106483

    【【netgeek/炎上】TBSの加計学園報道に数字捏造疑惑が浮上 [H29/11/15]】の続きを読む

    aoyama YT

    青山繁晴「北朝鮮は中国みたいに多額のお金と人間を使いマスコミ・大学・コメンテーター・国会・行政機関に工作を行ってる。北や中国の工作の影響もあると思うがモリカケで国防に関する論議をほとんどしてない」 野党が国防議論を蔑ろにしてでも森友・加計をやるのは日本を陥れる行動にしか思えない

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/19(日) 10:45:44.17 _USER
    f48ec4dc-s

    (社説)姉妹都市 市民交流を続けてこそ

    太平洋の両岸にある大阪市と米サンフランシスコ市。今年10月に満60年を迎えた両市の姉妹都市関係が危機に陥っている。

    サンフランシスコ市議会が今月14日、地元の市民団体が設置した慰安婦像を公共物として受け入れることを議決した。

    像の碑文には「旧日本軍によって数十万人の女性が性奴隷にされた」「ほとんどが捕らわれの身のまま亡くなった」といった表現がある。

    大阪市の吉村洋文市長は「不確かな主張で、日本へのバッシングだ」と再三抗議してきた。サンフランシスコ側が方針を覆さない限り、年内にも姉妹都市提携を解消する意向だ。

    ちょっと待ってほしい。姉妹都市の関係のもとで育まれてきた交流は、双方の市民の歴史的財産である。市長の一存で断ち切ってよいものではない。

    慰安婦の総数や詳しい被害の実態は、これまでの研究でも定まっていない。

    20140907132633914

    「違う」と考えることを「違う」と伝えること自体は大切だろう。だが、意見を受け入れなければ友好関係を解消するというのは、冷静さを欠いている。

    もともと姉妹都市は、国と国の関係と別に、「人と人」として、主に文化面での交流を深める目的で発展してきた。日米のようにかつて戦った国や、政治的に対立しあう国との間でも盛んに結ばれてきた歴史がある。

    国が違えば人々の考え方は違う。市民同士が息の長い交流を重ねることで、その違いを理解し、乗り越えていこうというのが、姉妹都市の精神のはずだ。

    歴史認識や領土問題が自治体の友好に影を落とす例はこれまでもあった。島根県が「竹島の日」を制定した05年、韓国・慶尚北道は「断交」を宣言した。中国・南京市も12年、戦時中の南京大虐殺はなかったとする河村たかし名古屋市長の発言に反発し、交流停止を通告した。

    これらのケースでは日本側が「問題と切り離して交流を続けるべきだ」と主張してきた。大阪市がしようとしていることはまさに逆だ。「人と人」の交流との原点に立ち返り、関係を続けていくべきだ。

    外交において歴史認識をことさらに問題視する大阪市の姿勢は、安倍政権と軌を一にする。

    韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題を象徴する「少女像」が設置された際、安倍政権は対抗措置として駐韓大使らを一時帰国させた。

    ただ、現実は何の成果も出ないまま、日韓交流の停滞だけが残った。強硬措置がもたらす副作用も肝に銘じておくべきだ。

    ソース:朝日新聞 2017年11月19日05時00分
    http://www.asahi.com/articles/DA3S13234938.html?ref=editorial_backnumber


    18: KSM WORLD NEWS 2017/11/19(日) 10:51:10.34
    >>1
    従軍慰安婦捏造した朝日新聞は大阪市じゃなくてサンフランシスコ市に抗議すべきだろ
    相手が違う

    30: KSM WORLD NEWS 2017/11/19(日) 10:53:54.10
    >>1
    まぁなんだ
    両市の間に火を撒いた「放火魔」自身が言うこっちゃ無いよな

    5: KSM WORLD NEWS 2017/11/19(日) 10:48:33.95
    「慰安婦合意」を履行しない本国のことはスルー

    【【朝日新聞/社説】姉妹都市解消の危機。だがちょっと待ってほしい。市長の一存で断ち切ってよいものではない[11/19] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/11/20(月)13:10:20 ID:???
    136506757_15021263318971n

    ◎記事元ソース名/河野外相「いきなり説教された」 中国の批判振り返る [H29/11/20]

     河野太郎外相は18日、神奈川県平塚市内で講演し、中国の経済圏構想「一帯一路」について「オープンに(港湾設備などを)誰でも使えますよという形でやってくれれば世界経済にとって非常にメリットがある」と述べ、条件をつけながらも中国の構想に前向きな評価を示した。

     河野氏は…(略)
    「問題は、この港は俺が造ったから他の人に使わせないということになるとダメだ」と指摘。
    そのうえで、日米両国が共通戦略として打ち出した「自由で開かれたインド太平洋戦略」に触れ、「中国もぜひ協力してくださいと呼びかけている」と語った。

     さらに、8月の中国の王毅(ワンイー)外相との会談冒頭、記者団を前にして中国の海洋進出を懸念した河野氏を「失望した」と批判した王氏に対し、河野氏が「中国には大国としての振る舞いを身につけていただく必要がある」と反論したやり取りを披露。

    「いきなりテレビの前で説教されたから、こっちもひと言、言ってやろうと思ってああいうやり取りになった」と振り返った。(田嶋慶彦)

    朝日デジタル/11月18日
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171118-00000043-asahi-pol

    【【一帯一路】 河野外相「いきなり(中国の王毅外相に)テレビの前で説教されたから、こっちもひと言、言ってやろうと思ってああいうやり取りになった」[H29/11/20]】の続きを読む

    このページのトップヘ