真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本のニュース

    5dccb96d


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/05/14(土) 07:09:29.42 ID:sq3wK9rG0
    STAP現象の確認に成功、独有力大学が…
    責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる

    5月14日(土)6時1分配信

    今年3月10日、ドイツの名門大学、ハイデルベルク大学の
    研究グループがSTAP関連の論文を発表した。


    論文タイトルは『修正STAP条件によって、JurkatT細胞の
    運命が多能性と細胞死の間で二極分化する』である。
    海外の一流大学が、いわゆる「STAP現象」の再現実験を
    行ったということで話題となっている。

    以下に同論文の概要を紹介する。

    e4e6d730



    全文はリンク記事にて
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160514-00010004-bjournal-soci

    【【KSM】オッボちゃん!ワイは信じてたで! ドイツ研究チームがSTAP再現に成功】の続きを読む

    このたび、私小坪慎也は西日本新聞社により事実と異なる内容を実名で報道され、著しく名誉を傷つけられるとともに、人権を侵害されたため救済の申立てを福岡県弁護士会に行います。
    併せまして、司法記者クラブ(福岡高等裁判所一階)にて記者会見を行うことを報告させて頂きます。

     13178977_1059492830788267_308748422605092971_n

    ■西日本新聞社による、捏造記事での人権救済の申立てに関する記者会見

     
    ■開催概要
    日 時 平成28年5月20日 午前10時
    場 所 司法記者クラブ(福岡高等裁判所)
    出席者 行橋市議会議員 小坪慎也

    関連
    【ヘイトスピーチ】西日本新聞から捏造記事で人権侵害を受けました。【保守政治家には人権はないのか?】

    【【KSM】行橋市議 小坪慎也議員【西日本新聞捏造記事による人権侵害】司法記者クラブにて記者会見を行います。【保守への言論弾圧と戦う!】】の続きを読む

    13166060_1058214764249407_3619510532137786401_n


    西日本新聞社より報じられたものだが、捏造と断言すべき内容であり、私自身が人権侵害を受けました。
    具体的には、私自身に【文責がない個所】について掲載。
    依頼原稿であり編集されている個所もあるが、その点に限れば編集側に責任が帰属するというのが一般の認識だろう。
    「この背景を知った上で」書かれた記事という点が問題。

    記事内容は、下記にて紹介するが(小坪しんやより)人権が侵害されたとして弁護士会に申立てたというもの。
    報道によれば「公人のヘイトスピーチを許さない会」を名乗っているようで、日韓関係に詳しい研究者や市民で構成されているそうだ。

    左派系メディアで有名な西日本新聞であるため、
    書き方についてはご想像の通りである。

    問題は、私のコメントが掲載されているが、「私は取材を受けていない。」ということ。
    私のことはほとんど触れず、日韓関係に詳しい研究者らの意見ばかりを掲載しているが、
    当方に関係する「唯一の事実」と言えるべき、事実関係において完全なる誤報がある。

    保守への言論弾圧じゃないか、
    保守政治家に人権はないのか?

    韓国に詳しいであろう研究者らは、私が人権侵害をしたとして申立てたそうだ。
    私は、西日本新聞に記事により人権を侵害されたわけだが、同様に弁護士会に人権侵害の申立てを行うつもりだ。

    同じように記事は掲載されるのだろうか。
    極めて疑問である。

     https://samurai20.jp/2016/05/nishinihon/

    【【KSM】行橋市議 小坪慎也議員 「西日本新聞から捏造記事で人権侵害を受けました。」【保守政治家には人権はないのか?】】の続きを読む



     【KSM】新聞が伝えない沖縄県民の真実の声 沖縄左翼の実態2 米軍基地周辺のサヨクの人たちの正体
    最近の動画

    【KSM】イラク・サマワ市民に愛された自衛隊前代未聞の感謝デモ Ver 2
    https://www.youtube.com/watch?v=kGADw8rwSCc

    【KSM】台湾を愛した日本人「ダムの父」八田興一・ 烏山頭ダムの建設
    https://www.youtube.com/watch?v=qFYzJcFOPVo

    【KSM】沖縄辺野古テントサヨクの「ボギーてどこん氏への暴行事件」を検証https://www.youtube.com/watch?v=aLK1MpVuowM

    【KSM】ベルギーは超親日国である。ベルギーは関東大震災時の台湾だったのである。
    https://www.youtube.com/watch?v=_k3IckJ9QmE

    【KSM】親日国 パラオは今でも日本を愛している。「帝国軍人が貴様らごとき土人と一緒に戦えるか!」
    https://www.youtube.com/watch?v=fASgu9-m5ZQ

    【KSM】沖縄県議選 日本共産党 ニシメ純恵県議が公職選挙法違反 告発動画
    https://www.youtube.com/watch?v=lztxaUd9v2A

    【KSM】熊本地震 民進党・岡田、「激甚指定」の意味が理解できていない能無しであることを自ら暴露  
    https://www.youtube.com/watch?v=n8JP5tQj0Kg

    【KSM】韓国、史上初!ついに造船受注ゼロ件へ 「アベノミクスのせい」とブチ切れ
    https://www.youtube.com/watch?v=fTKs4StSim4


    日露戦争を勝利に導いたものは何か。近代日本の黎明期にその国を支えるために一人一人が国家を担う気概を持って、それぞれの分野に愚直なまでに取り組んだ「一致協力」に明治人の気骨を見た。

     
    明治37(1904)年2月から1年半に及んだ日露戦争では、約8万人の捕虜が日本に送られた。うち最大時には2万8000人が浜寺に収容された。当時の高石村の人口は約3500人だから、地元はさぞ驚天動地だったろう。
     この地が選ばれたのは、陸軍第4師団の司令部が大阪に置かれていたのに加えて、戦時には似つかわしくないが、気候温暖、風光明媚(めいび)が決め手になったという。
     遡(さかのぼ)る1899年、日本も参加してオランダ・ハーグで第1回万国平和会議が開かれ、捕虜、傷病者に対する人道的な扱いが定められた。日露戦争は会議後初めての大規模戦争であり、国際的に注視された。一等国の仲間入りをめざす日本は、とりわけ捕虜の待遇に気を使った。
     当初は次々に送られてくる捕虜をテントに収容したが、2万人近い大工や作業員を動員して突貫工事で居住棟を建てた。診療所、礼拝堂、パン工場などが設けられ、日本語教室も開かれた。まだ一般家庭に電気が行き届いていない時代に、収容所内ではどこも電灯がついた。
     運動のために外出も許可され、毎朝隊列を組んで大鳥神社、大浜潮場などへ出かけ、夕方に戻った。地元の住民との交流もあり、親しくなって家に招待される捕虜もいたという。
     負傷者のために皇后陛下から義手、義足、義眼が贈られ、ロシア政府からは同盟国だったフランスを介して手当金が支給された。
     明治39(1906)年2月までに全員がロシアへ送還されたが、収容中に亡くなった89人は共同墓地に手厚く葬られた。
     余話もある。捕虜の中に、のちに「イスラエル建国の英雄」と呼ばれたユダヤ人のヨセフ・トランペルドールがいた。親切な扱いに感激し、日本のような小さな国がどうして大国ロシアに勝てたのかと考え、「日本を手本としたユダヤ人国家を建設する」と誓った。
     やがてパレスチナへ渡り、建国闘争で銃弾に倒れるが、「国のために死ぬほどの名誉はない」と言って息を引き取った。これも日本兵から教えられた言葉だった。
     浜寺公園の一角に「日露友好之像」が建っている。平成14(2002)年5月に建立され、碑文には「ロシアの勇猛果敢なる子が永遠に人々の記憶にとどまらんことを!」。当時の小泉純一郎首相、プーチン大統領が署名している。
     自虐的に歴史を振り返り、隣国から要求されるまま謝罪を繰り返すより、わずか100年ほど前に、世界に称賛され、胸を張れる史実があったことを覚えておきたい。そして日本人としての誇りをこそ子供たちに教えたい。

    このページのトップヘ