真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    日本のニュース

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/23(金) 09:54:08.94 ● BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
    prm1706220009-p1

    市民団体「沖縄ヘイトを流すニュース女子に抗議を」→百田尚樹さんら「じゃあ急遽、生放送しよう」虎ノ門ニュースで生配信→デモ隊到着→スタジオ前は…


    東京MXテレビの番組「ニュース女子」をめぐり、同番組を放送倫理・番組向上機構(BPO)に市民団体 「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が番組内容の審議を申し立てた問題に関し、市民団体「レイバーネット」を 中心としたデモ隊が22日、「デマで沖縄への偏見をあおるな!東京MX『ニュース女子』はおかしいぞ!虎ノ門・赤坂サウンドデモ」と 題したデモを行った。

     デモ隊約90人は日比谷公園をスタートし、虎ノ門ニュースをネット配信している「DHCテレビジョン」(東京都港区)のスタジオ に向けてデモ行進した。DHCテレビジョンは、「ニュース女子」の制作も手がけている。

     この報に接したDHC側がデモ隊が行進する時間に合わせて急遽、DHCテレビが制作する「虎ノ門ニュース」で生配信を行うことを決定。作家の百田尚樹さん(61)と中部大学特任教授の武田邦彦さん(74)らが沖縄をテーマに討論した。

     デモ隊は「ヘイト放送を許すな」「ヘイトより愛を」などと太鼓を鳴らしながら行進し、虎ノ門ニュースを収録中のスタジオに到着。 デモ隊の一部が「百田、出てこい」「ふざけんなよ」などと怒号を発し、止めようとした警察官らともみ合いになるひと幕もあったが、 大きな混乱はなく、デモ隊は解散した。

    http://www.sankei.com/premium/news/170622/prm1706220009-n1.html

    【平和運動団体レイバーネット 「ヘイトより愛を」と叫びながら警官隊に殴り掛かる】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/23(金) 11:55:09.33 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    【東京】東京MXのテレビ番組「ニュース女子」の内容に抗議する「沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志」は22日夜、東京都内で「サウンドデモ」を繰り広げた。約100人が参加し、番組内容の訂正と謝罪を求めた。

    千代田区の日比谷公園を出発し、番組を制作したDHCテレビジョンがある港区虎ノ門までの間、三線や太鼓などの楽器を奏でながら「電波でうそをつかないで」などと訴え、繁華街の中を行進した。

    一方、DHCテレビジョンは、デモ隊の通過に合わせ「虎ノ門ニュース~デモ隊が来るのでとりあえず番組立ち上げましたSP~」と題した番組をインターネット上で生中継配信した。
    作家の百田尚樹氏や科学者の武田邦彦氏がら出演し、これまで放映された「ニュース女子」の番組内容について「何の問題もない」などと主張した。

    今年1月2日放送の「ニュース女子」は沖縄の米軍基地建設に反対する市民を「テロリスト」などと例えて報じた。

    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-519906.html
    http://ryukyushimpo.jp/archives/002/201706/9616c7786f4e5ce9c7504da8938e9726.jpgno title


    ニュース女子について沖縄タイムスの見解
    http://www.okinawatimes.co.jp/mwimgs/e/2/-/img_e2f54f3ca1846997d604f540b445d40673744.jpgno title

    【「電波で嘘つかないで!反対市民はテロリストじゃない!」東京でニュース女子に謝罪要求するデモ 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/23(金) 17:18:29.12 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    nYTTjeY


    「私は反安倍政権ではありません」「むしろ、安倍さんに感謝していることもあります」。


    前川喜平・前文科省事務次官は2017年6月22日、都内でBuzzFeed Newsの取材に応じ、こう語った。発言の真意とは?

    前川氏は、加計学園をめぐる一連の疑惑で、菅義偉官房長官が当初「怪文書」だと言った文書を「見た」と証言し、一躍注目を集めた。

    そのことで「安倍政権に反旗を翻した官僚」と喝采される一方、野党や自民党内の「安倍降ろし」に呼応しているとして、批判も浴びた。

    しかし、前川さんはこうした見方を否定する。それが冒頭の発言だ。
    何を感謝しているのか?

    それは、安倍政権の教育政策。とりわけフリースクール政策、そして給付型奨学金だという。

    「私は文科省でずっとフリースクールを認めるべきだ、と言ってたんです。いまの学校制度では対応できない不登校問題をどう考えたときに、学校の外に学校ではない選択肢があっていい、と」

    「文科省ではそんなことを言う官僚は少数派だった。ところが、安倍さんはフリースクールを支援しようと、施政方針演説でおっしゃった」


    この話をしながら、前川さんは冗談めかしてこんな話をした。

    「私だってね(フリースクール問題に関して)これは『総理のご意向だ』って言ったことはありますよ(笑)」



    不登校支援も

    今年2月に施行された、不登校支援を目的にした教育機会確保法も重要だったと振り返る。この制定には前川さんも関わっていた。

    「馳(浩・自民党衆院議員)さんらが中心になってフリースクールや夜間中学の問題で、教育機会確保法につながる議員立法をやろうとしていたんです。超党派の議員連盟もできていました」

    「私は、この法律をぜひやってほしいと思ったので、いわば黒子になって、条文作りに携わったんです。これは非常に楽しい作業でした」

    「フリースクール認めるべきだ、夜間中学をもっと作るべきだと言っても、文科省に内なる『岩盤』があった。それを総理の一声と議員連盟、つまり政治主導で突破するんですよ」
    https://www.buzzfeed.com/jp/satoruishido/kihei-maekawa-1?utm_term=.ilMv6Yvn0z#.ccOowyomKD

    【前川喜平氏「私だってこれは『総理のご意向だ』って言ったことはありますよ(笑)」…と、つい口を滑らす 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/21(水) 11:37:52.12 _USER


    平成32年度以降に導入される小中学校の学習指導要領解説書の全容が20日、判明した。指導要領で北方領土に加え竹島(島根県隠岐の島町)や尖閣諸島(沖縄県石垣市)が「固有の領土」として明記されたことを踏まえ、領土周辺で日本船舶の拿捕(だほ)や船員の死傷者が出た事件など国家主権が侵害されてきた歴史とも関連付けて理解させることを示した。


     解説書は、指導要領の内容を具体的に説明するもので、教科書会社の編集指針となるほか、教員が授業を行う手引にもなる。領土事項などの記述が増えたことで、教科書の書きぶりが改善される可能性がある。

     文部科学省が3月末に告示した指導要領に伴ってまとめた解説書は、領土教育の記述を増加させたのが特徴。小5の社会科では、北方領土に加え竹島や尖閣諸島について「固有の領土」とした上で、竹島は韓国に不法占拠され、日本が韓国に繰り返し抗議していることなどを明記した。

     中学社会の公民的分野では、領土を国家主権と関連付けて理解させるよう明示。渡航や漁業、海洋資源開発などが制限されたり、船舶の拿捕や船員の抑留が行われ、特に死傷者が出るなど不法占拠による主権侵害の実態を示しながら理解を促すよう求めた。

    日本の領土をめぐっては、北方領土周辺で平成18年、日本漁船がロシア警備艇に銃撃を受けて拿捕され、乗組員1人が死亡する事件が発生。竹島でも過去に韓国の大統領らが上陸し、尖閣諸島では国有化以降、中国公船による領海侵犯が常態化している。

     北朝鮮による日本人拉致問題については、中学社会の公民的分野で、対立と合意、協調などに着目して課題を的確に捉えるとともに、日本が解決に向け国際社会の明確な理解と支持を受けて努力していることを明記。同分野では憲法改正の手続きを定めた改正国民投票法の成立を受け、憲法改正などにも触れた。

     自衛隊については小中の社会科で、災害時の救助活動だけでなく、わが国の平和と安全を守っていることを理解させるよう求めた。


    http://www.sankei.com/life/news/170621/lif1706210025-n1.html
    2017.6.21 08:46

    【【教育】拿捕や死傷者など船員被害の歴史を教科書に明記へ 竹島や尖閣など 学習指導要領解説書の全容判明[6/21]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/22(木) 07:04:14.65 _USER
    170510_377672_02-640x360
    石橋学 神奈川新聞(北朝鮮工作員)

    〈時代の正体〉「朝鮮学校補助金再開を」 県に保護者ら要請|カナロコ|神奈川新聞ニュース

    【時代の正体=石橋 学】県が、県内の朝鮮学校5校に通う子どもへの学費補助を打ち切った問題で、南武朝鮮初級学校(川崎市高津区)の学校関係者、保護者らは14日、県庁を訪れ、補助金支給の再開を要請した。

     県は拉致問題に関する歴史教科書の記述が改訂されていないことを理由に2016年度から補助を打ち切った。県私学振興課に提出した要請書では、子どもと無関係の問題が持ち出されていることや外国人学校のうち朝鮮学校だけ改訂が支給の条件にされている不条理や、「国際情勢、政治情勢に左右されることなく安定的に教育を受ける機会を確保する」目的で創設された補助制度の理念との矛盾などを指摘。「なぜ、私たちの子どもたちは朝鮮学校に通っているというだけで差別されなければならないのでしょう」と訴えている。

     応対した職員を前に父母は経済的負担とともに差別的に取り扱われていることへの精神的苦痛、子どもたちへの悪影響を口々に語った。在日朝鮮人3世の張(チャン)留美(ルミ)さん(48)は、日本の小学校で4年生にあたる次男から「朝鮮人がそんなに嫌いなの」と尋ねられるという。「民族の言葉や文化、歴史を学ぶという当たり前の権利を主張しなければならないこと自体、大変な苦痛が強いられることに気づいてほしい」と話した。

    http://www.kanaloco.jp/article/258009

    【【話題】「朝鮮学校補助金再開を」「なぜ差別されなければならないのか」 神奈川県に保護者ら要請】の続きを読む

    このページのトップヘ