52ad24a8

桜井誠 @ 2018/2/14_9:00本日ブログを更新しました。先日の渡米の際に米国政府関係者に会いました。その際に米国に対して忠告した言葉が現実に… 米国でマイク・ペンス副大統領に忠告した言葉

一昨日、渡米報告集会を開催しました。その中で、米国政府関係者と会ったことも話しています。ホワイトハウスのかなり近いところにいる関係者であり、幾らかの知遇を得ることが出来たのは僥倖と言わざるを得ないものでした。そして、その関係者に出来るならと前置きをしてですが…

 

桜井「ペンス副大統領に伝言を頼みたい」

政府関係者「何でしょう?」

桜井「韓国に気を付けろ、と」

 

この言葉を聞いた、政府関係者は苦笑いを浮かべていました。桜井の忠告が実際にペンス副大統領に届いたかどうかは分かりませんが、その後の平昌五輪歓迎レセプションでの5分退席事件などをみれば、少なくともペンス副大統領側も十二分に、韓国に対して警戒をしていたことが分かります。そもそも、米国は韓国側に対し「北朝鮮とは一切交渉はしない」「よって如何なる形でも同席させたり、副大統領と北朝鮮の関係者を会わせたりしないように」韓国側に十二分に警告していました。ところが、ふたを開ければ、やはり朝鮮人というべきか、約束など最初から守る意思のない不逞鮮人たちは、歓迎レセプションだからという理由で、副大統領と金永南人民最高議会議長を同席させようと(ついでに安倍総理も)していたのです。

続きはこちらで 
https://ameblo.jp/doronpa01/entry-12352488874.html