Gw7FxRvC

翁長県政を打破し、「県政奪還」を果たす。
その反撃の旗手、まさに首長を束ねているリーダー格が古謝市長。

南城市と聞いてもピンとくる方は少ないとは思う。人口は4万、沖縄11市で最も人口が少ない。だが、南城市の古謝市長こそが、「県政奪還」に必要な人材であることは、間違いない事実だ。

保守が知らない真実。
しかし、左派はこれをよく知っている。
いま総攻撃にあう味方を、「いま守らねば」私たちは後悔することになるだろう。


続きは小坪氏のブログで

https://samurai20.jp/2018/01/koja/