DTd2YtyV4AAa9qY

今日は愛知県西尾市。
講演前に市の三ヶ根山の山頂にある「殉国七士墓」を参拝。東京裁判で絞首刑となった東條元首相他7名のご遺骨を、三文字弁護士が密かに持ち帰り、昭和35年この場所に埋葬された。毎日ボランティアの方が綺麗にしてくださっている。入口に岸元首相揮毫のの「殉国七士廟」の石碑も。

DTd2YudUQAETmG7

DTd2Yt0VoAA59wm

東條英機(元首相・陸軍大将)
土肥原賢二(元陸軍大将)
広田弘毅(元首相)
板垣征四郎(元陸軍大将)
木村兵太郎(元陸軍大将)
松井石根(元陸軍大将)
武藤章(元陸軍中将)

以上七氏の墓碑である。
 
七氏は昭和23年12月23日未明、巣鴨で絞首刑を執行された。米・英・中・ソの連合国代表が立ち会い、陛下の万歳を三唱して台上の露と消えた。

ドイツでは処刑された戦犯の骨は粉砕されて飛行機上から吹き飛ばされた。

マッカーサー司令部が七氏の遺体も遺骨も家族に渡すつもりがないことが判明し、なんとか遺骨だけは手に入れたいと考えた人達がいた。

七氏の火葬は横浜市久保山の火葬場で米軍によって12月23日に行われた。火葬場は武装した米兵に囲まれ、場内には飛田場長ら4人の日本人係員が入れたのみだった。彼らは米兵の目を盗んで七氏の遺骨を七つの骨壷に納めることに成功した。しかし隠した場所に香をたいたため米兵に見つかり没収されてしまった。

米兵は遺骨を鉄棒で粉砕、小箱に納めて持ち去り、残りは骨捨て場に遺棄した。

12月25日夜半、弁護士の三文字正平氏と久保山興禅寺の住職市川伊雄師は飛田場長と共に遺骨の遺棄された場所に忍び込んだ。骨捨て場というのはコンクリート製で、骨の投入口は狭く、火掻き棒の先に空き缶をつけ、苦心のすえ拾い上げた。

遺骨はその後、万一を考え戦死された三文字氏の甥の名前で熱海の興亜観音に安置されていた。

P2

戦争の責任を極刑で一身にうけ、刑場の露となった殉国者に、日本の世情は冷たかった。長らく遺骨の埋葬さえ許されず、回向(えこう)すら人目を避けて行わなければならなかったのである。

それから約10年後、昭和35年に三ヶ根山山頂に廟と墓碑が建立された。建墓を進めたのは東京裁判で弁護人を務めた弁護士たちであった。

七名の殉国者を悼むと同時に、東京裁判がいかなるものだったかを後世に伝えるためのものである。
http://ki43.on.coocan.jp/injapan/heiki7/A7/A7.html
http://ki43.on.coocan.jp/index.html