ガソリーヌ山尾、保育所に通う3歳以上の幼児が国歌や国旗に親しむことを明記した平成30年度からの厚生労働省の「保育所保育指針」改定案に疑問を示した。 

「子供たちが社会に愛されて社会に育まれていく。そういう環境を作ることで、 子供たちの心に押し付けではない自然に社会を愛する、 自分の生まれ育った国を愛する意識が芽生えていく。これが順番だと思う」と述べた。 

http://www.sankei.com/politics/news/170217/plt1702170027-n1.html

renho-fushiga-11-500x500