15137523_1245381745532707_3274409184560729718_o

大手SNSにおいて保守系アカウントが連続して凍結される事態が続発してきた。
その原因には、CHINAがある。表題において政治的要因と書いたが、主として経済的な理由だ。
実は、Facebook社は大陸に進出する。
(極一部の政治関係者には、事前に連絡を入れていた件である。)

そして大陸の情報には、金の盾がある。
CHINAによるインターネット情報検閲システムの名称だ。
「の」を取って検索して頂きたい。

なんと、私の友人でもある、あの小名木善行氏まで、一時的に凍結。
出版もしているため、作家名の登録が原因だったと思うが、証明に苦労していたように思う。
(著者であることが証明でき、早期に凍結は解除された。)

ここまでの著名人すら凍結騒ぎが出るのだから、相当に多くのアカウントが凍結されている。
私の元にも凍結された、解除された、何日の休止、という連絡が多数寄せられている。

Twitterは思うほど黒字が出ていない。
身売り騒ぎの噂もあるが、高く売れる相手がいるならば売るのかも知れない。

大型SNSは、広告にて収益を上げているため、「ユーザー数の多いところ」に進出するか否かは、企業収益に凄まじい影響を与える。

Twitterは、CHINAに進出しなかった。そして苦境にあるようだ。
Facebook社は、進出を決定した。

はっきり言おう、「お願い」したのだ。
そして条件をつけられた。
その条件が、ついに報道に掲載された。
検閲ソフトの開発、である。監理は、CHINA側のようだ。
(詳しくは、下記で紹介している報道をご覧頂きたい。)

ゆえに、保守系アカウントが凍結されていったのであろう。
巷の噂では、「韓国系の話がターゲット」と言われていたが、誤りだと思う。
原因は、尖閣をはじめ、沖縄問題など、CHINAに関連する話題ではないのか。
また南シナ海を取り巻く内容をアップした場合ではないのだろうか。

ここ数か月、FBのイイネの推移を見ているが、ある時期を境にガクッと低下した。
安定して2000前後があったものが、500~1000である。
しかしBlog側のアクセスとしては安定している。
なぜだろうか。

あまり書きすぎると、私のアカウントも凍結されるかも知れない。
(流石に議員だから、ないだろう。ジョークの一環です。)
今回、紹介している報道は「さらっとしたもの」だが、是非ご一読頂きたい。

続きは小坪氏のブログで⇒ 
 https://samurai20.jp/2016/11/profit/