【KSM】大東亜戦争 開戦の詔書(米英両国ニ対スル宣戦ノ詔書)(口語訳)歴史の真実はここにある。 これを読めば、なぜ日本が戦争をしたのか明確に書いてあるのです。 大東亜戦争は、欧米列強の植民地政策に対し、人種差別撤廃を主張する日本が、東亜諸国の植民地支配からの脱皮と独立、そして繁栄のために、これを拒否しようとする勢力を相手に戦った、戦争です。 欧米諸国は植民地を失い、東亜の諸国は独立を果たした。そして多くの国々が欧米と肩を並べる発展と栄華に浴している。 日本は戦争の目的を達成したのです。 達成したということは、戦争に勝った!ということです。