真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 18:38:46.10 _USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASK4L66HXK4LUTIL04K.html

    no title

    江戸時代以降の災害の教訓を将来に伝えるため、政府の中央防災会議の 専門調査会がまとめた報告書を、内閣府がホームページから削除している ことがわかった。一部に関東大震災時の「朝鮮人虐殺」についての記述が 含まれており、担当者は「内容的に批判の声が多く、掲載から7年も経つので 載せない決定をした」と説明している。

    削除されているのは、同会議の「災害教訓の継承に関する専門調査会」 (2003~10年度)が作った報告書。過去の大災害について、被害や政府の対応、 国民生活への影響などを整理し、教訓をまとめている。

    09年に作成した関東大震災についての報告書の第2編では、「殺傷事件の発生」 (計15ページ)として朝鮮人虐殺を扱っている。内閣府によると、この内容について 「なぜこんな内容が載っているんだ」との苦情が多く、4月以降のホームページの 改修に合わせ、安政の大地震や雲仙普賢岳噴火などを含め、すべての報告書の 掲載を取りやめることにしたという。

    「担当部局内での判断」だとし、順次削除を進めている。掲載していた資料は今後も 保管され、希望者にはメールでの配布を検討するとしている。

    no title

    「殺傷事件の発生」では震災全体の死者・行方不明者が10万5千人を超え、 このうち殺害による死者数を1~数%と推計。収集した史料などをもとに 「官憲、被災者や周辺住民による殺傷行為が多数発生した。虐殺という表現が 妥当する例が多かった。対象となったのは、朝鮮人が最も多かったが、中国人、 内地人も少なからず被害にあった」などと指摘。「大規模災害時に発生した最悪の 事態として、今後の防災活動においても念頭に置く必要がある」と記している。

    前スレ
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492571337/
    1が建った時刻:2017/04/19(水) 09:08:10.88



    【【防災】内閣府、「朝鮮人虐殺」を含む災害教訓報告書をHPから削除。「なぜこんな内容が載っているんだ」との苦情多く】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/20(木) 02:21:31.51 _USER
    C6EujMEU0AAk2Zs
    野間易通@kdxn 8時間前
    久しぶりにウィキペディアいじったわー。何年もしつこく俺の身長を145cm と
    書き込むやつがいるので、本当の身長を初公開しておいた笑
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%8E%E9%93%E6%93%E9%9A
    https://twitter.com/kdxn/status/854631773187092480

    野間易通@kdxn 7時間前
    C.R.A.C. の項目の嘘情報を直してたらブロックされてしまったわい。ウィキペディアなんなの。
    https://twitter.com/kdxn/status/854643858809815040


    【【話題】野間易通(50歳)、wikipedia荒らしてブロックされる @kdxn】の続きを読む



    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/18(火) 16:25:22.78 _USER
    cfc8d8a7

    日本を代表する巨大な古墳として多くの人が思いつくのが「仁徳天皇陵」かもしれない。しかし、今の教育現場では仁徳天皇陵ではなく大仙陵古墳と呼ばれている。

    子どもの頃に教わった常識が今や常識ではなくなるというのは、よくあることだ。

    中国メディア・は17日、「日本には秦の始皇帝陵よりも大きい陵墓がある」とする記事を掲載した。

    記事は、「世界最大の墓」と聞くとすぐに始皇帝陵やピラミッドを思い浮かべるかもしれないが、日本にはこれらよりも大きな古代の墓があるとして大仙陵古墳を紹介している。

    第16代天皇である仁徳天皇が葬られているとされてきた大仙陵古墳について記事は、総面積が46万平方メートルで、その建造には100万人が必要だったと説明。

    さらに、陵墓内には大量の珍品が一緒に埋葬されていると伝えた。

    そのうえで、日本では大仙陵古墳に対して深い畏敬の念が抱かれており、参観する前には必ず手を洗い、手袋をする必要があること、写真撮影が許されないうえ、談笑することも罷りならないことを紹介。

    静かにゆっくりと進むことが求められ、ルールに反する見物客がいれば管理者によってつまみ出されるとしている。

    記事の説明を見ると中に入って見学できそうだが、実際は内部に入ることはできず、周囲の散策路を歩くことになる。もっとも、古墳に対する畏敬の念、厳かな雰囲気という点についてはその通りではあるが。

    記事を読んだ中国の一部ネットユーザーは、古代の陵墓が盗掘に遭わないことに注目している。

    「日本は自らの祖先を尊重する民族であり、中国のように祖先の墓を暴いたりすることがないのだ」と論じる者もいれば、

    「墓を暴かないのではなく、暴けないのかも。掘り返してしまうと日本の歴史が変わってしまう可能性があるから」との意見も見られた。

    サーチナ (編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:(C)efired/123RF)
    http://news.searchina.net/id/1633862?page=1
    http://image.searchina.net/nwscn/8/6/2/1633862.jpgno title

    【【今日頭条】日本には始皇帝陵より巨大なお墓がある! しかも盗掘されていない![4/18]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 12:04:42.40 _USER9
    160513reaganin2

    来日中のペンス米副大統領は19日午前、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に停泊中の原子力空母「ロナルド・レーガン」の艦上で演説した。

    核・ミサイル開発を進める北朝鮮について「アジア太平洋地域の平和と安全にとって最も危険で差し迫った脅威だ」と述べた上で、 「全ての選択肢がテーブルの上にある」と強調し、軍事的手段を排除しない意向を改めて示した。

     乗組員や自衛隊員ら約2600人を前に演説したペンス氏は、北朝鮮の核問題を巡る6か国協議やオバマ前政権の「戦略的忍耐」が北朝鮮の挑発行為を止められなかった経緯について触れ、 「戦略的忍耐の時代は終わった」と言明した。

     さらに、「同盟国や中国とともに経済・外交両面で北朝鮮に圧力をかける。弾道ミサイルや核開発を中止するまで続ける」と強調。

    http://www.yomiuri.co.jp/world/20170419-OYT1T50077.html

    【【北朝鮮情勢】ペンス米副大統領「戦略的忍耐の時代は終わった」横須賀基地のロナルド・レーガン艦上演説 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/19(水) 13:43:13.07 _USER9
    ダウンロード (1)

    【ワシントン=共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は18日、トランプ政権が朝鮮半島近海に向かわせた空母が15日時点で同半島から南西に約5600キロも離れた海域を航行していたことが判明し、 ホワイトハウスが国防総省に困惑していると報じた。 空母が急行しているかのような説明をしていた政権高官の発言を同省が訂正しなかったためだ。

    空母カール・ビンソン中心の空母打撃群は現在、北上中。来週中に朝鮮半島近海に到着する見通しだという。

    米海軍は8日、ハリス太平洋軍司令官がカール・ビンソンにシンガポールから北上するよう命じたと発表した。 スパイサー大統領報道官は11日の記者会見で、朝鮮半島近海に向け「勢い良く進んでいる」と説明。 トランプ大統領も11日「無敵艦隊を派遣した」と発言していた。

    同紙は、空母が間もなく到着するとの「誤った話」ができあがり、「トランプ氏が北朝鮮への先制攻撃を検討しているとの不安をあおった」と指摘した。

    インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間にあるスンダ海峡を通過するカール・ビンソンを15日に撮影した写真を米海軍が公開し、朝鮮半島に直行しなかったことが判明した。

    配信 2017/4/19 12:25

    日本経済新聞 ニュースサイトを読む
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H30_Z10C17A4000000/

    関連スレ
    【国際】米空母、朝鮮半島向かわず反対のインド洋に移動 連絡ミスか
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1492569114/

    【【米国】ホワイトハウス、空母カール・ビンソンめぐり国防総省に「困惑」】の続きを読む

    このページのトップヘ