真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/25(金) 06:50:18.81
    白正男@テコンダー朴★2巻発売は1/20 – ‏@mr_beck36
    【お知らせ】単行本『テコンダー朴』第2巻が2017年1月20日に発売決定! 許すな!世界最高民族(韓国人)への卑劣なヘイトスピーチ! 最強格闘技テコンドーで劣等民族チョッパリ(日本人野郎)を撃て!
    https://twitter.com/mr_beck36/status/799812130396459008


    サンプル
    http://i.imgur.com/IVQuHhR.jpg
    no title

    http://i.imgur.com/fLvHNQr.jpg
    no title

    http://i.imgur.com/DLQW3JH.jpg
    no title

    http://i.imgur.com/PlbdtUx.jpg
    no title

    http://i.imgur.com/onS0Rzi.jpg
    no title

    http://i.imgur.com/jl8VnT1.jpg
    no title


    テコンダー朴2
    山戸大輔
    青林堂
    2017-01-20



    【【KSM】漫画 テコンダー朴 第2巻が発売決定】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/24(木) 23:23:43.16
    韓国語を得意とする合唱団〝いろそら!合唱団 ????!???〟が、きょう沖縄県東村の高江を訪れ、歌声で連帯しました。

    団長の清水のり子さんはじめ12人。
    「ノー・パサラ」「人間の歌」を見事なハーモニーで歌い上げ、集会参加者から盛んな拍手、指笛・・・そして、アンコールの声!!!

    「沖縄を返せ」が高江の森に響き渡りました。

    合唱団名の「いろそら」は韓国語で〝立ち上がれ〟の意。
    JRマン、都庁職員、教員など、職場の違いを越えて合唱団を構成しています。


    高江では、ジャスピアニストの河野康弘さんが出前コンサートを開いたばかり。
    12月、高江ライブの打診がもうひとつあります。

    第2次大戦、ファシズムと闘ったヨーロッパの知識人・文化人。
    そのレジスタンスの記録を綴った『言葉の力で』という1冊があります。

    沖縄の戦後の闘いは、まさに『文化の力で』??文化による全国との交流・連帯がかつてなく広がっています。

    〝いろそら!合唱団〟は高江の帰り、名護共同センターの学習・交流会に参加しました。

    https://www.facebook.com/miyagi.yoshihiro1/videos/1834561383499971/
    ※リンク先に動画あり
    https://pbs.twimg.com/media/Cx9AOY7VIAAtxwf.jpg

    高江、ダンプ60台分搬入 市民抗議「基地、一生残るぞ」
    http://ryukyushimpo.jp/news/entry-400441.html

    【【KSM】ヘリパッドで韓国語を得意とする合唱団がコンサート 森に響き渡る歌声にプロ土人共大喜び 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2016/11/25(金) 10:19:33.37
    防衛省が近く、新たな弾道ミサイル防衛(BMD)システムの導入に向けた検討委員会を設置することが分かった。地上配備型の「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」が有力で、次期中期防衛力整備計画(2019~23年度)期間中の導入を視野に入れている。

    同省は現中期防(14~18年度)に基づき、将来のBMD体制の調査研究を続けている。北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返していることを受け、若宮健嗣副防衛相をトップとする検討委を設置して議論を本格化させる。
    来年夏までに提言をとりまとめ、次期中期防の作成作業に反映させる。省内には海上配備型迎撃ミサイルを搭載した海上自衛隊のイージス艦の増勢や、地上配備型のイージスシステム「イージス・アショア」の導入を推す声もある。
    いずれも費用は数千億円に上るとみられ、購入期間も長期にわたることから、現行の防衛計画の大綱(防衛大綱)の改定も今後の課題になるとみられる。

    現行の日本のBMDは、高度約600キロで迎撃するイージス艦と、同約15キロの地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」(PAC3)の2段構え。
    同約150キロのTHAADが導入されれば、イージス艦とPAC3の「隙間(すきま)」を補完し3段構えとなる。【村尾哲】

    ミサイル防衛:THAAD導入も…検討委設置へ 防衛省 - 毎日新聞
    http://mainichi.jp/articles/20161125/k00/00m/010/090000c
    http://www.yomiuri.co.jp/photo/20161124/20161124-OYT1I50018-L.jpgno title

    【【KSM】日本、THAAD導入へ SM-3+THAAD+PAC-3の三段構え】の続きを読む



    最近の動画/ニュース

    【KSM】桜井誠の職を奪ったストーカーしばき隊「安田浩一」に倍返ししよう!
    https://www.youtube.com/watch?v=oIr7xszrmDU
     
    【KSM】米国、トランプ次期大統領 『俺はCNNが大嫌いだ!CNNは全員嘘つきだ!出ていけ!』
    https://www.youtube.com/watch?v=6Q3gGrusyEQ

    【KSM】沖縄サヨクに関して・八紘一宇、八紘一宇の塔について 2016年11月23日
    https://www.youtube.com/watch?v=ZeRksEbGw40

    【KSM】琉球新報「ヘリパッドデモに韓国人が駆けつけました」⇒呆れ果てる日本国民の声  
    https://www.youtube.com/watch?v=s1P-H-cnr44

    【KSM】海外「日本には感謝しかない!」 親日国ペルーの安倍首相歓迎式典が凄かった!
    https://www.youtube.com/watch?v=3JcO70TEvYg

    【KSM】しばき隊のチャンシマが『大和証券企画部長』と身バレ!過去の暴言TW大量削除!
    https://www.youtube.com/watch?v=oDA9wMZFBrc

    【KSM】沖縄県民の皆さんへ 重大な発表があります。月1000円節約!お悔やみ広告無料?
    https://www.youtube.com/watch?v=T-2SDYPn3_4

    【KSM】Donald J. Trump @transition2017 update and policy plans for the first 100 days
    https://www.youtube.com/watch?v=wxLLyiIiWSs

    【KSM】沖縄・八重山日報『基地反対派の主張は矛盾しており、イデオロギーに呪縛されている』2016年11月21日 
    https://www.youtube.com/watch?v=UiA5DW0dRMU

    【KSM】中国が『韓流禁止令』を強化。関連CM放送禁止の情報 
    https://www.youtube.com/watch?v=JKPCEqHiwbc

    【KSM】反トランプデモの正体と米メディアの嘘 沖縄プロ土人と同じだ ケント・ギルバート氏 
    https://www.youtube.com/watch?v=m5UME0wNSok


    http://ameblo.jp/nadesikorin-fight/entry-12222471458.html


    日米が同時で「中国への課税」を実施すれば、共産中国の経済は破綻!

    ......人間の個人の自由を認めない共産党政権は「人類の敵」だと思います!


    ......なでしこりんです。「民進党は安倍内閣侮辱のつもりが日本侮辱になっていることに気づいていない」という指摘があります。民進党の蓮舫や安住は「安倍-トランプ会談」を「朝貢会談」と侮辱しましたが、蓮舫や安住と同じことを中国が言ってましたね。これって「一心同体の関係」って呼ぶのでしょうか?


    .............................................1


    ......ここにきて 興味深い記事が届いています。これは「日本と中国の関係」と「アメリカと中国の関係」について書かれた記事です。まずは「レコードチャイナ」の記事から。


    ......財務省が中国をはじめとする5カ国を「特恵関税制度」の対象から外す考えを固めたと報じられたことについて、中国メディアの億邦動力網は21日、中国製品の日本国内における価格競争力が低下する可能性があると警戒感を示した。財務省関税局によれば、「特恵関税制度」とは、開発途上国を支援する目的などで特定の品目を輸入する際に低い関税率を適用する制度だ。中国が「特恵関税制度」の対象から外されれば、日本が中国から特定の品目を輸入する際に、これまでよりも高い関税がかけられることになり、必然的に日本国内における価格も高くなる記事は、「経済成長を遂げたことを理由に、日本は特恵関税制度の対象から中国を外す考え」だと伝え、中国が対象から外されれば、中国の日本への輸出品は高い関税がかけられ、中国の対日輸出にも一定の影響が出ると考えられると伝えた。


    続けて、日本の輸入額全体のうち、中国製品が占める割合は約4分の1に達しており、日本で2015年に特恵関税の対象となった輸入品のうち、約6割が中国からの輸入であったことを紹介。中国にとって日本は地理的に近い先進国であり、さらに特恵関税の対象であったことから「中国の貿易会社にとって日本はまさに金鉱だった」としながらも、特恵関税制度が適用されなくなれば中国製品の日本国内での価格競争力が失われ、日本市場という金鉱も失ってしまう可能性があると危機感を示した。

    中国は自国について「経済大国」であると主張する一方で、時と場合によって「まだ開発途上国である」と主張するなど、立場をうまく使い分けている。仮に中国が開発途上国だとしても、もはや「支援が必要な開発途上国」でないのは明白であり、「特恵関税制度」の対象から外すのは適切だと言えよう。


    http://kankoku-keizai.jp/blog-entry-34054.html


    .............................................2


    ......そもそも 中国が「発展途上国」などということは中国人だって認めないでしょうが、意外や意外、中国政府は国際会議では平気で「自称・発展途上国」芝居を今でも平気でやっています。中国が発展途上国を自称するのは「経済大国の責任」から逃れるためです。日本の外務省は今でも政府開発援助(ODA)費を使って年間300億円を中国に援助してますよね。そのお金がまわりまわって日本領土の侵略に使われるかも知れないのに。


    ......一方、中国の軍事費は「世界2位」。公称ですら日本の3倍の約13兆円。世界の軍事費の1位はアメリカですが、中国の軍事予算は闇のベールに包まれているため、実費ではすでにアメリカを上回っている可能性すらあります。日本の財務省が「中国を特恵関税制度の対象から外す」のは大変遅い決断ですが、正しい決断でもあります。これはぜひ今年中にも決定してほしいですね。


    .............................................3

    ......もう一つ の記事はトランプ次期政権の記事。こちらは「zakzak」の記事。今や左翼の新聞社が事実報道を止め、安倍批判しかしない状況ではネット情報は重要です。


    ......トランプ氏は選挙期間中、日本やドイツも批判していたが、一番激しく攻撃していたのは中国だ。彼は以前から「アンチ・チャイナ」を前面に出していた。 いわく、「大統領就任初日に中国を『為替操作国』に認定する」「中国のハッカーや模造品に規制強化する」「中国の輸入品に45%の関税を課す」「中国の覇権主義を思いとどまらせるhttp://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161124/frn1611241130002-n1.htm


    .............................................4

    ......トランプ氏 のアメリカ大統領就任にともない「TPPからのアメリカ撤退」ばかりが報道されていますが、実は、中国を為替操作国に認定して課税するという話は大統領選挙以前から言われてきた事実。ですから、チャイナマネーはヒラリー・クリントンを応援したんです。アメリカではすでに民間レベルで「中国製品の締め出し」が始まっています。トランプ氏は「アップルも中国ではなくアメリカで生産すべき」と要求しているんですよ。もしトランプ氏が暗殺されるのなら「犯人は中国」です。これは間違いありません。中国人にとっては「人の命よりお金がほうが大事」ですからね。


    ..................................5


    ......そこで 思い出してほしいのが「安倍-トランプ会談」後に安倍総理がおっしゃった言葉。「トランプ氏は信頼できる指導者だ」と。日本とアメリカの共通の敵は中国。安倍総理とトランプ氏の間で「対中制裁」が話し合われたことは間違いないでしょう。世界の人々にとって一番危険なのが共産党政権。共産党は民主主義社会の破壊を目的にしていますから。


    ...........................................6


    ......民進党 の蓮舫が執拗に「安倍・トランプ会談の内容を話せ!」と要求しているのも中国共産党からの「注文」なんでしょうね。もちろん、安倍総理が「密約」を公表することはないでしょう。でも、その内容はすでに行動で明らかになっています。中国は歴史的に見ると「分裂と独裁」を繰り返しています。今の中国共産党政権は独裁ですから、次に起こるのは分裂。私たち日本人は「リアル新三国史」を自宅で見られるかもしれませんね。By なでしこりん .

    このページのトップヘ