真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。


    【KSM】蓮舫は大嘘つきだと30秒でよくわかる動画

    ・1967年に台湾籍の父(故人)と日本人の母の長女として、日本で生まれた。
    ・出生時点の日本では父親の国籍しか取得できなかったため台湾籍として日本で暮らした。
    ・日本と台湾が断交した1972年以降は中国籍の表記となった。
    ・日本の国籍法改正により1985年1月21日、17歳の時に日本国籍を取得した。
    ・同時期に父と台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)を訪れて台湾国籍放棄の手続きをしたと記憶し、過去にそう説明してきた。
    ・しかし「代表処での父親の台湾語がわからなかったので、実際どういう作業が行われていたかわからなかった」(9月6日の記者会見)



    【KSM】民主党=蓮舫=嘘つき 60秒でわかる証拠動画

     最近の動画
    【KSM】福岡、『行橋市役所爆破予告事件』発生!共産党が被害者を糾弾
    https://www.youtube.com/watch?v=kWhe3TVx4co

    【KSM】福岡・行橋市議会に変態新聞と結託した反日サヨクが陳情『小坪市議に処分を』
    https://www.youtube.com/watch?v=8RfpR4ogTZI

    【KSM】蓮舫に台湾大激怒!『台湾人の敵!容赦しない!』国籍問題が国際問題化  
    https://www.youtube.com/watch?v=fcBYWXX_bHQ

    【KSM】台湾、謝長廷駐日台湾代表『蓮舫は正真正銘の台湾人。議員にした経緯を説明せよ』説明しなきゃ台湾籍離脱させない。
    https://www.youtube.com/watch?v=CtGA5qF3_3w

    【KSM】民進党、蓮舫二重国籍問題 法務省『台湾籍に中国法適用』報道に訂正を申し入れ
    https://www.youtube.com/watch?v=IFeZkQsszH8

    【KSM】民進党と蓮舫の息の根を止める2人 謝長廷 駐日台湾代表・菅義偉 官房長官
    https://www.youtube.com/watch?v=NvDARJXHQ2k

    【KSM】小池百合子都知事、北と“対決” 朝鮮大学校の認可を再検討 北向けラジオでメッセージも
    https://www.youtube.com/watch?v=7qxKW_znqU4

    【KSM】パトカーがひき逃げ?中国、モンゴル自治区 2013年3月31日
    https://www.youtube.com/watch?v=KxFuRN_fYDQ


    【【KSM】蓮舫は大嘘つきだと30秒でよくわかる動画 ペラペラじゃんww】の続きを読む

    no title

    1: KSM WORLD NEWS 2016/09/17(土) 14:37:25.07 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
    蓮舫氏の親類で台湾当局で外相にあたる外交部長を務めた陳唐山氏(81)は、産経新聞の取材に
    「蓮舫さんはお父さんと一緒に、小さい頃に台湾に帰ってきていた」と説明する。

     蓮舫氏の著書「一番じゃなきゃダメですか?」(PHP研究所)では、「台湾に行くときは、いつも『台湾に帰る』と表現した」と打ち明ける。
    幼少から日本語を母語として育ち、幼稚園から大学まで都内の青山学院で学んだが、小学校の夏休みは「両親や兄弟とともに、ずっと台湾に滞在」。
    定宿にしていたホテルのプールで遊び、「プールの監視員と日本語と台湾語で話をしていた」という。

     父のしつけは厳格だった。夕食の献立を聞かれ、「『なんでもいいよ』と答えようものなら、父のカミナリが落ちるか何も食べさせてもらえない」(同著)こともあり、意見をきちんと語るよう教えられた。
    http://www.sankei.com/premium/amp/160917/prm1609170024-a.html

    【【民進党】蓮舫氏、著書で「小学生時代、台湾でプールの監視員と台湾語で話をしていた」と】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2016/09/18(日) 00:01:12.67 BE:723460949-PLT(13000) ポイント特典
    ☆Chris*台湾人☆ @bluesayuri 23:12 - 2016年9月17日

    台湾 #蓮舫祭り 有名な外省前議員の番組も猛批判「蓮舫の父は台湾人よ、
    台湾にそんなに残酷だね、政治利益・二重国籍の脱罪で中国を選ぶ、台湾を
    裏切った、台湾の親日路線は折れそうになるね」義理の常軌が外れ、外省人も
    見苦しくて、揶揄した!
    https://twitter.com/bluesayuri/status/777148270170615808
    【画像】
    http://pbs.twimg.com/media/Csj8KzoUEAAp0D4.jpgno title

    http://pbs.twimg.com/media/Csj8Kz0UIAA7QfO.jpgno title

    http://pbs.twimg.com/media/Csj8Kz9UIAAe879.jpgno title

    http://pbs.twimg.com/media/Csj8K0OUEAEYjAI.jpgno title



    【その他の画像】
    http://pbs.twimg.com/media/CscL-SRVUAIWn2R.jpgno title

    http://pbs.twimg.com/media/CscL-SRVUAIWn2R.jpgno title

    http://pbs.twimg.com/media/CscMGTPVYAAVaxO.jpgno title

    http://pbs.twimg.com/media/CscMPMRUkAAlHlY.jpgno title

    【【KSM】脱法蓮舫と日本マスゴミのせいで未だに台湾人は怒り狂っているらしい「台湾の親日路線は折れそうになる」】の続きを読む

    maxresdefault

    1: KSM WORLD NEWS 2016/09/17(土) 23:31:23.71 _USER
    福島みずほ 認証済みアカウント@mizuhofukushima
    ここ高江には、東京、神奈川、千葉、愛知、大阪、福岡から、大挙機動隊が来ています。
    ガソリン代、高速代、修理代は、沖縄が負担しています。沖縄の住民は住民監査請求をする予定。
    機動隊を派遣しているところでも住民監査請求をするところあり。機動隊は、高江から地元に戻れ!

    9:43 - 2016年9月17日

    660リツイート 258 いいね
    https://twitter.com/mizuhofukushima/status/776944568168132609

    【【KSM】福島みずほ「沖縄にいる機動隊、地元に戻れ!」】の続きを読む

    104975
    1: KSM WORLD NEWS 2016/09/17(土) 20:59:02.16 _USER9
     <独立どころかイギリスとの「再統一」を求める運動が台頭。そんな仰天案を大まじめに唱える勢力の真意とは>(下の写真は、イギリス領復帰を唱える運動の看板)

     中国政府が香港の独立に向けた動きを非難するのは、今に始まったことではない。
    中国共産党の間で香港は、イギリスの植民地だった名残で欧米の政治思想に毒された反乱分子が集う場所と見なされている。


     そうした共産党の疑念に呼応するかのように今、香港で「独立運動」が起きている。
    この運動の支持者らが求めているのは自由選挙の徹底や本土からの完全独立ではない。
    彼らの望みとは、香港をイギリス領に復帰させ、エリザベス女王を元首に頂くというものだ。

     より急進的な勢力の間でも、さすがにこれはとっぴな考えとして受け取られるだろう。
    彼らですら、中国政府にもっと自治を認めさせるという、謙虚な目標しか掲げていない。

     しかし、この「香港・英国再統一運動」は規模こそ極めて小さいものの、支持者らは至ってまじめだ。

     30代のグラフィックデザイナー、頼綺雯(ライ・チーウエン)は今月初めに実施された立法会(議会)選挙に出馬し、運動を推進しようとした。
    だが出馬の申請は即座に不受理となり、彼女のほかにも5人の出馬希望者が香港の独立を扇動しているという理由で届け出を却下された。
     
     最終的な選挙結果では、親中派が40議席を得て過半数を維持したものの、
    普通選挙を目指す「民主派」と、香港を本土と見なす急進勢力「本土派」が合わせて30議席を獲得した。

    ■共産党の干渉が強まる

     香港独立を望む声は決して少数派というわけではない。最近香港で実施された世論調査によると、6人に1人は「独立に賛成する」と答えている。
    とはいえ、今回出馬を認められなかった6人の中でも、香港の英国領復帰という大胆なビジョンを思い描いているのは頼だけだ。

     香港は150年以上にわたってイギリスに統治され、97年に中国に返還された。
    このとき中英両国は、「高度な自治」と「一国二制度」の原則を香港に約束することで合意した。

     しかし中国共産党は近年、香港の親中派からの支持を盾に、香港への締め付けを強化してきた。
    独立派が権力を掌握することがないよう、香港で選挙が行われる際には候補者を精査。中国政府を批判する香港人が共産党に拉致される事件まで起きている。

     香港では広東語が広く使われているが、公立学校で標準中国語の履修が必修化されたために、広東語が消滅するのではないかと懸念する声も広がっている。
    こうして中国政府による香港への干渉が強まっているため、大陸は香港返還時の条件を事実上ほごにしていると、イギリス領復帰派は訴えている。

     頼の思い描く夢のシナリオは――現状に対する香港人の憤りを受けて、イギリスが香港の主権を再び主張するようになることだ。
    しかし万が一イギリスがこうした動きに出れば、重要な貿易相手国である中国との関係を大いに損ね、世界にも困惑が広がるだろう。

     にもかかわらず、運動支持者らは望みを捨てていない。頼は訴える。
    「香港は中国本土より洗練されており、法の秩序や英語など、イギリスの価値観も多く共有している。例えば、私たちは(本土の人々と違って)ゴミはゴミ箱に捨てる」

     頼は、さらに続けた。「これは始まりにすぎない。私たちはこの問題についてさまざまな方法で香港人に訴えていくつもりだ。
    まず、香港人には自己決定を下す権利があることを示す。これは何よりも大切なことだ」

    http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/09/post-5837_1.php

    【【KSM】「イギリス領に戻して!」香港で英連邦復帰求める声 】の続きを読む

    このページのトップヘ