真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。



    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/10(土) 00:33:19.82 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    press_132990_01

    前川氏招致に言及=自民幹事長
    6/9(金) 21:07配信

     自民党の二階俊博幹事長は9日、BS朝日の番組収録で、学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画に絡み、
    野党が求めている前川喜平前文部科学事務次官の証人喚問について、「証人喚問がいいかどうかは別だが、それに匹敵する形で問いただす、国会の中でそんな議論はある」と述べ、国会招致の可能性に言及した。

     二階氏は、安倍晋三首相が指示した獣医学部新設計画をめぐる内部文書の再調査を踏まえ、「その結果、判断すればいいのではないか」とも語った。

     この後、記者団に「何もなかったように包んでしまおうというのに対し、もっと明確にしなさいと言われている時だ。(野党の要求を)一考してみる必要がある」と述べた。 

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170609-00000162-jij-pol

    関連
    【速報】 文科省、官邸激怒で「加計文書」追加調査の方針固める 組織的捏造の実態解明へ ★3
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1497016057/
    首相「徹底的に調査を指示」文科省の追加調査
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170609/k10011012531000.html

    【【一転攻勢】前川喜平に激震 自民・二階幹事長「再調査の結果を踏まえた上で証人喚問で問い質すのも」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/09(金) 21:22:59.28 _USER9
    http://netgeek.biz/archives/97730

    報道ステーション(テレビ朝日)が偏向報道を加速させている。共謀罪について報じた際に異様な雰囲気のスタジオセットを用意し、視聴者を驚かせた。

    事実を報じるというより自分たちの思考を植え付けようとしている。

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/hodostation-kyobo-5.jpgno title


    報道ステーションは番組として共謀罪についての政府の説明を疑問視し、富川悠太アナが両手を広げてこのままでいいのかと視聴者に語りかける。その様子はもはや宗教の教祖で、ついにここまできてしまったのかという印象。

    古舘伊知郎アナのときはまだ頑張って主張に理屈をつくろうとしていたが、富川悠太アナに交代してからは意味不明な言い分も増えた。なによりも生放送で意味不明ないちゃもんをつけて安倍総理に笑われてしまったのが決定的だった。

    参考:報道ステーション富川悠太アナの頭が悪すぎて安倍総理が笑いだしてしまう(動画あり)

    さて、今や「報道バラエティ」として有名になった報道ステーション、これまでずっとスタジオセットで視聴率を狙いに来ていた。

    ▼昔の旗を模した主張。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/hodostation-kyobo-6.jpgno title


    ▼ときには複雑な仕組みのセットが壊れることも。風船がうまく飛ばなくてかき混ぜた。

    ▼コメンテーターにアフロを起用して視聴率を狙いに行く。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2016/09/inagakiemiko_houdou-3.jpgno title


    ▼共謀罪というパネルから3人の顔が飛び出る仕組み。バラエティ番組顔負けのセット。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/05/hodostation-kyobo-2.pngno title


    ▼もはやギャグ。奇抜なことをしようと必死だ。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/05/hodostation-kyobo-2.jpgno title


    以上の様子を振り返ってみれば報道ステーションがいかにふざけているかがお分かりになるだろう。あくまでネタとして面白いのでつい見てしまうが、なくなっても誰も困らない番組の一つであることは間違いない。

    海外の報道番組は一流のジャーナリストがプライドをかけて情報を発信しているのに、日本の報道番組はこの体たらくぶり。視聴率がどんどん落ちていくわけだ。

    なお直近では被害者の男の子の写真を間違えて別人を紹介したばかり。
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/06/hodostation-kyobo.jpgno title


    とんでもミスをやらかしてしまう報道ステーションはもうフェイクステーションに名前を変えてはどうか。虚構新聞のような感じで時事ネタパロディを適当に流しておけばいい。

    本当は政治に興味がなく、体育教師になりたかった富川悠太アナもそのほうが気が楽だろう。

    【報道ステーションが気持ち悪い宗教の域に達して報道捨てーション 共謀罪について報じた際に異様な雰囲気のスタジオセットを用意】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/09(金) 21:52:40.04 ● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
    33a9fb2b-s

     安倍首相の友人が理事長を務める加計学園の獣医学部新設をめぐる問題で、文部科学省内で作成されたとされる文書の再調査について、安倍首相は9日、「徹底調査を指示した」と述べた。

     また、これまで再調査の必要はないとの認識を示してきた菅官房長官は、9日の会見で、「文部科学省が適切に対応すると言ってきた」と強調した。

     菅官房長官「(Q:再調査の決定が遅れたとの認識は?)これまで文部科学省で調査をしています。ですから文部科学省で適切に対応するでしょうと、私はそうしたことを発言しておりました」

     その上で菅長官は、「松野大臣が現状を一番よくわかっているから賢明な判断だったと思う」と述べた。

     また、記者団が当初の政府の対応が失敗だったのでは、と聞くと「法律に基づいて文科省が調査した」と強調した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170609-00000101-nnn-pol

    【安倍首相“文書”巡り「徹底調査を指示」問題なかった場合は野党に然るべき対処の構えへ】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/10(土) 13:00:47.45 _USER
    a84ffd91

    2017年6月9日、韓国・SBSは、安倍首相の特使として10日に韓国を訪問する二階俊博自民党幹事長に、慰安婦問題についての考えを確認した。

    二階幹事長は慰安婦問題日韓合意に関して問われると、「日本はすでにお金も全て支払った、再交渉するのは国際慣行に合わない」とし、 「韓国国民の多くが再交渉を望んでいるから再度話し合おうというのは愚かなこと」と一蹴した。

    その一方で、「日韓関係の改善は、お互いの利益のためであり対話の道を開く必要がある」と強調した。

    記事は、「慰安婦合意の再交渉要求に極度の警戒心を持っている日本政府の本音が読みとれる」とする一方、「自民党序列2位の二階幹事長を特使として送るほど、日韓関係改善への安倍首相の意志は強いようだ」と分析した。

    さらに記事は、「慰安婦合意の再交渉に対する(両国の)見解の溝が埋まらない場合、(日韓関係改善の)難航が予想される」と指摘した。

    この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

    「朴槿恵(パク・クネ前大統領)が残していった問題」
    「本当に朴槿恵は面倒な事をしてくれた」
    「尹炳世(ユン・ビョンセ)(韓国前外相)も絡んでいたな」


    など、日韓合意を行った責任者への批判の声が多く寄せられた。

    また、「そもそも、慰安婦合意は誰のための合意だったんだ?」と、合意自体への疑問の声や、 「お金を返すと言っても、日本は絶対に受け取らないだろうし…、最悪だ」と、再交渉が困難な事への複雑な心境をうかがわせる意見もみられた。

    その他に、「本当に日韓関係改善を望んでいるのか?」「そうだ、再交渉は愚かな話だ。再交渉じゃなくて、破棄だ」などとするコメントもあった。


    2017年6月10日(土) 12時40分
    http://www.recordchina.co.jp/b180777-s0-c10.html

    【【慰安婦合意】「再度話し合おうというのは愚かなこと」 二階幹事長、慰安婦問題再交渉について問われ一蹴[06/10] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/10(土) 13:24:34.55 ● BE:882533725-PLT(15141) ポイント特典
    2f140d8a-s
    表現は自由…でも差別的? 百田氏、一橋大の講演中止に

    金山隆之介、岩崎生之助

    2017年6月9日07時31分

     一橋大学(東京都国立市)で10日に予定されていた作家の百田尚樹氏(61)の講演会が、中止になった。 大学祭の企画の一つだったが、百田氏のこれまでの発言が「差別的だ」などとして学生らから抗議の声が上がり、実行委員会が開催を断念した。

     演題は「現代社会におけるマスコミのあり方」。学生でつくる実行委が昨年から企画し、副学長をトップとする学内組織が許可した。 実行委の学生は取材に対し、米大統領選などで注目された報道のありように触れ、「舌鋒(ぜっぽう)鋭い百田氏を呼べば盛り上がると考えた」とメールで回答した。

     これに対し、人種差別根絶をめざす一橋大生らでつくる「反レイシズム情報センター」(ARIC)が今年4月、抗議を表明。 大学祭での差別を禁止するガイドラインづくりや講演の中止を実行委に求めた。

     ARICが問題視するのは、百田氏のこれまでの言動だ。2014年2月にあった東京都知事選の応援演説では、 他の候補を「人間のくず」と中傷。15年6月には自民党議員らの勉強会で、基地問題で政権に批判的な地元紙について、 「沖縄の二つの新聞社は絶対つぶさなあかん」と発言した。昨年11月には、千葉大生の集団強姦(ごうかん)事件の犯人像をめぐって「在日外国人たちではないかという気がする」とツイートし、「人種差別」と批判を浴びた。

     ARICの梁英聖(リャンヨンソン)代表(34)は「百田氏は差別を扇動してきた。講演会を開けば、大学が差別を容認することになる」と主張。 別のグループも同調し、ネットでARICに賛同する1万人以上の署名が集まったという。

     実行委は「発言の場を奪うことは表現の自由という民主主義の根幹を揺るがす」として開催の意向だったが、 その後も教員の有志約60人が「適切な処置」を求める要望書を大学側に提出。実行委は今月2日に中止を発表した。

    実行委は「(講演当日の)警備態勢があまりに大きくなりすぎ、大学祭の根幹が揺らいだ」と説明している。
    http://www.asahi.com/articles/ASK665HSCK66ULZU00F.html

    【【一橋大学】百田尚樹氏の講演会中止騒動、教員60人も中止運動に加わっていたことが判明】の続きを読む

    このページのトップヘ