真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/24(金) 11:58:14.07 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    <森友学園>「謝礼の記憶なく」安倍夫人メール、自民公表
    毎日新聞 3/24(金) 11:38配信

    no title


    森友学園への国有地売却を巡り、自民党は24日、安倍晋三首相の昭恵夫人と学園の籠池泰典理事長の妻が交わしたメールの文面を公表した。 籠池氏が2015年に渡したとする講演料10万円に関し、昭恵夫人が今年2月28日に「講演の謝礼を頂いた記憶がなく、 いただいていたなら教えて頂けますでしょうか」とただすメールを送ったが、籠池氏の妻から明確な返答はなかった。

    自民党が24日午前、籠池氏が23日の証人喚問で公表を否定せず、首相側も了承したとして記者団に文面を配布した。 当初は参院予算委員会に提出しようとしたが、野党が反対した。

    配布物では、昨年6月から今年3月16日まで、双方の約80通のやり取りをまとめている。
    2月28日の昭恵夫人の問い合わせに、籠池氏の妻は「あまりにひどい。その情報はどなたからですか。 全国の方々から励ましのメールがどっさり届き励まされます。絶対おかしい」などと返信した。

    籠池氏が喚問で「昭恵夫人から、口止めとも取れるメールが届いた」と証言した部分の前後では、籠池氏の妻が2月25日に、 自民党議員から「(学園に飾られた)昭恵さんの写真を外してほしいといわれた」と送信。 昭恵夫人が「私もよくわかりませんが、色々気を付けなくてはいけないことがあります。 私が関わったということは、裏で何かがあるのではと疑われないように細心の注意を払わなくてはならない」と返信していた。

    首相は24日の参院予算委で「先方(籠池氏側)が断片的なものだけを公開するので、 全て公にした方がさまざまな誤解が解けるのではないかということで公開した」と説明。 「口止め」に関しては「前後のやり取りからそうではないと分かる」と強調した。【小山由宇、光田宗義】

    no title
    no title
    no title


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170324-00000047-mai-pol

    【野党が「昭恵・籠池妻メール」国会提出に反対wwwwwwwなんなんだこいつらwwwwwww 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/24(金) 11:36:59.59 _USER9
    no title

    [東京 24日 ロイター] - 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、迫田英典国税庁長官は24日の参院予算委員会で 「理財局長当時、本件(国有地売却)について報告を受けたことはない、政治家や秘書の問い合わせもなかった」と述べた。

    近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長も「政治的配慮は一切していない」との認識を示した。

    一方、佐川宣寿財務省理財局長は、財務省職員から籠池泰典氏側に「10日間隠れてくれ」と言った事実はないと指摘した。

    配信 2017年 03月 24日 10:24

    ロイター ニュースサイトを読む
    http://jp.reuters.com/article/sakota-nationaltaxagency-idJPKBN16V06B

    【【森友学園】迫田国税庁長官 「政治家の問い合わせなし」 国有地売却で】の続きを読む


    no title


    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/24(金) 11:48:48.43 _USER9
     安倍晋三首相は24日午前の参院予算委員会で、学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長が23日の証人喚問で、「昭恵(首相)夫人と私と2人きりの状態で、『安倍晋三からです』とおっしゃって封筒に入った100万円をくださった」と証言したことについて、「密室でのやりとりなど反証できない事柄を並べ立て、事実と反することが述べられたことは誠に遺憾だ」と反論した。その上で改めて「今まさに議論となっている国有地売却や学校認可について私も妻もまた事務所も全く関与していないことは明確に申し上げておきたい」と述べた。
    特集:森友学園・籠池氏の証人喚問

     首相は籠池氏の証人喚問について「国有地売却の問題や学校認可の問題に関して具体的な政治家の関与がなかったことは明らかになった。他方で疑惑の深まっている(小学校の建築費をめぐる)3通の契約書については、刑事訴追を理由とした証言拒否が繰り返され、真相が解明されず、大変残念」と述べた。

     証人喚問で籠池氏が、昭恵氏から籠池氏の妻に対して「口止めとも取れるメールが届いた」と証言したことについて、首相は「メールの一部を使って、『メールで口止めをした』と籠池氏が言っていることは極めて遺憾だ。その中で例えば、『勘ぐりをされる』『まっとうな人間がまっとうなことをしているのを阻止される』などという籠池夫人からのメールに対して、(昭恵氏のメールは)李下に冠を正さずという趣旨で返信したものであるということは明らかで、(籠池氏の証言は)悪意に満ちたものであるということは申し上げておきたい」と述べた。
     自民党の西田昌司氏の質問に答えた。

    http://www.asahi.com/articles/ASK3S33PSK3SUTFK005.html

    【【森友学園】毎日新聞が明恵氏のメールを掲載したぞ~⇒削除⇒スクショで保存した】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/03/24(金) 08:36:37.97 _USER9
    森友学園  「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的…
    毎日新聞2017年3月23日 22時45分(最終更新 3月24日 08時08分)
    http://mainichi.jp/articles/20170324/k00/00m/040/125000c

     籠池泰典理事長への証人喚問で、籠池氏や学校法人「森友学園」と安倍昭恵氏(54)の密接な関係が改めてクローズアップされた。永田町で「最大のアベノリスク」と不安視される昭恵氏の奔放な言動をまとめた。

     森永製菓元社長を父に持つ昭恵氏は聖心女子専門学校から電通に入社。1987年に安倍晋三氏と結婚した。

     「奔放な言動」(首相周辺)が目立ち始めたのは、2007年に第1次安倍政権が崩壊して以降。過去のインタビューで「主人が(首相を)辞めた後、大学院に行ったのが大きかった。自分の頭で物を考えていなかったと気づいた」とする。

     第2次安倍政権発足前の12年10月、東京・神田に居酒屋「UZU」を開く。売りは「国産・無農薬」だが、首相から「店では飲まないように」と言い渡されたという。

     2度目のファーストレディーとなってからは「家庭内野党」を自任し、安倍政権に批判的な人たちの懐に飛び込んでいく。16年7月には、参院選に立候補し脱原発や政権批判で支持を集めたミュージシャンの三宅洋平氏(落選)と対面。首相に電話をつないだ。昭恵氏は10万人超のフォロワーを持つ自身のフェイスブック(FB)でその様子を伝え、「ここから何かが始まるかも」と書いた。

     同年8月には、沖縄の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設工事に反対運動を続ける市民らを訪問。FBで「対立、分離した世の中を愛と調和の世界にしていくための私なりの第一歩」と説明した。

     過去の雑誌のインタビューで「いまは大麻に興味がある」とも。薬物としてではなく、医療用などの側面に注目していたようだ。しかし、昭恵氏が交流していた鳥取県智頭町の麻畑の代表者は昨年10月、自宅で乾燥大麻を所持していたとして逮捕された。

     強い自然志向でリベラル色をにじませる半面、神道や伝統を礼賛し、教育勅語を唱和させる籠池氏の塚本幼稚園(大阪市)に心を寄せる。昭恵氏の行動原理は分かりにくい。

     昭恵氏から指名を受けてインタビューをしたことのある東京工業大の西田亮介准教授(社会学)は「イデオロギーや思想は感じられなかったが、直感的でスピリチュアルなものへの共感が強く、サブカル的、オカルト的なところがある不思議な人だった」と振り返る。「本人に悪意はなく、ありのままに生きているのだろうが、ある程度の政治的影響力があることを考えれば脇が甘かったと言えるだろう」と話した。【川崎桂吾、森健太郎】

    KSM イデオロギー色が強く「変態新聞」などと呼ばれている毎日新聞社はサブカル、オカルトである。記事もやはり気持ちが悪いですね。 【【森友学園】毎日変態新聞「昭恵リスク」鮮明に 「奔放な言動」直感的… 】の続きを読む

    このページのトップヘ