真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/28(金) 13:35:20.20 _USER
    e4176_204_4623f408_6e33760a

    ITX列車の漏電遮断機の役割を担っている主回路遮断機に、作業員がガムテープを貼っている。このような措置はKORAILが運営するITX便23本すべてで行われていた。(写真=読者提供)

    ITX(急行型電動列車)の漏電遮断機の役割を担っている主回路遮断機で火災が発生して列車が停止する事故が相次いで発生したが、運営会社のKORAIL(韓国鉄道公社)は遮断器の修理をまともに行わず、遮断機をガムテープで固定するだけの応急措置で列車の運行を続けていたことが分かった。

    27日、鉄道業界によると、今月17日、ITX-セマウル号が京釜(キョンブ)線梅浦(メポ)駅付近で25分間停止した。このため、該当の路線を通る他の13本の列車に最長一時間の遅れが出た。主回路遮断機に火災が発生し、列車への電力供給が止まったことが原因だった。ITXは2万5000Vの特高圧電流が流れる電車なので、安定した電力供給および異常電力遮断の役割を担う主回路遮断機が核心安全装置だ。

    これ以前にも同様の事故が発生していたが、KORAIL(韓国鉄道公社)はこれについても主回路遮断機にガムテープで固定する臨時措置だけを施していたことが明らかになった。今月4日、ITX-セマウル号が京釜線永登浦(ヨンドンポ)駅付近で停止する事故が起きたが、これも主回路遮断機の問題だった。KORAILは当時、固定したガムテープが美観上、見栄えが良くないとの理由でその上にグレーのペイントまでした。このような臨時措置はKORAILで運行する23本すべてのITXで行われた。

    匿名を求めたKORAIL関係者は「まだ無償メンテナンスの期間中だが、正式なアフターサービスを強く要請せず、KORAILが自主的に臨時措置だけを講じている理由が分からない」と話した。ITXはロテムが製作し、KORAILに納品した急行型電車で、2014年5月に初めて運行された。

    KORAIL側は「短期的に製作会社のロテムに主回路遮断機の絶縁測定および制御ボックスの内部状態を毎日点検・確認するようにし、今後根本的な対策を樹立するよう措置をした」と明らかにした。
    中央日報 latest news
    2017年04月28日08時44分
    http://japanese.joins.com/article/586/228586.html

    【【鉄道】韓国急行電車、不良漏電遮断機をガムテープで固定して運行[4/28]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土) 14:39:12.34 _USER
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000019-asahi-int

    20170429-00000019-asahi-000-11-view


    対馬の南約30キロを北北東に進む米海軍の原子力空母カールビンソン=29日午前8時57分、長崎県沖の東シナ海、朝日新聞社ヘリから、長沢幹城撮影

     米海軍の原子力空母カールビンソンの艦隊が29日午前、対馬海峡を航行しているのを、本社ヘリから確認した。午前9時、対馬の南約30キロを北北東に進んでおり、甲板上には戦闘攻撃機が並び、ヘリコプター1機が発艦するのが見えた。近くには海上自衛隊の護衛艦あしがらの姿もあった。

    【写真】対馬の南約30キロを北北東に進む米海軍の原子力空母カールビンソン=29日午前9時4分、長崎県の対馬海峡、朝日新聞社ヘリから、長沢幹城撮影

     カールビンソンの艦隊は今月8日にシンガポールから豪州に向けて出港した後、米太平洋軍のハリス司令官が朝鮮半島近海に展開するよう、行き先の変更を指示。その後、豪軍との共同演習を経て、23日から西太平洋周辺の海域で海上自衛隊の護衛艦2隻と共同訓練をしていた。28日には空母艦載機・FA18戦闘攻撃機が航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機と沖縄県の東方の海域で共同訓練をした。

    【【軍事】米空母カールビンソン、対馬海峡航行 朝鮮半島近海へ 朝日新聞社ヘリが確認[04/29]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土) 13:47:13.49 _USER
    img_0

    北朝鮮が「核とミサイル試験の最終目標は米国本土」と主張した。

    北朝鮮労働党機関紙・労働新聞は29日、「核戦争挑発で得るものは終局的滅亡だけ」という個人の論評を通じてこのように明らかにした。

    論評は「空母を無用にしてしまうのは問題でない」とし「威力ある核弾頭を搭載した我々の戦略ロケット(ミサイル)の最終目標は米国本土」と伝えた。 同紙は「米国は今まで地理的な幸運のため自国を安息所と考えたはず」とし「しかしもう米国は我々の先制打撃手段の前に完全に露出している」と警告した。
    http://japanese.joins.com/article/633/228633.html?servcode=500&sectcode=500

    【【国際】 北朝鮮 「核ミサイルの最終目標は米国本土だ」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/27(木) 16:22:50.61 _USER
    20151028144146b9f

    北朝鮮問題をめぐって、米太平洋軍(UPACOM)のハリー・ハリス司令官は26日、米下院議会で 「空母カール・ビンソンは、2時間で北朝鮮を攻撃できる海域に展開している」と述べて、北朝鮮の 挑発行動を抑止するために軍事的な即応態勢を維持する重要性を訴えた。菅義偉官房長官は 27日午前中の会見で、「日本をめぐる安全保障環境が厳しさを増すなか、米軍による抑止力の 確保は重要だ」と米側の対応を支持する意向を示した。

     ハリス司令官は26日、軍事公聴会で北朝鮮に対する対応について説明し、「我々は金正恩を屈服させたいのではなく、 正気に戻らせたいのだ」と述べて、挑発行動を重ねる北朝鮮を抑止するため、即応態勢の維持が重要だとの認識を示した。

     また、空母カール・ビンソンの動きについて説明し、「空母の艦載機は、 必要とあれば2時間で北朝鮮を攻撃できる海域に展開している」と述べた。


     さらに、イージス艦が日本海に展開するとともに、韓国南部の釜山に寄港している 原子力潜水艦も数日以内に周辺海域で活動を開始する予定だという。

     一方、北朝鮮の軍事力に関しては「発射実験を行うたびに、米国を核で先制攻撃できる能力に 近づいている。金正恩は失敗を恐れることなく、実験を続けるだろう」と警戒感を示した。

    ハザードラボ
    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/1/9/19981.html
    http://www.hazardlab.jp/contents/post_info/1/9/9/19981/18119276_10156547867982588_6742743603138523116_n.jpgno title

    【【朝鮮情勢】米太平洋軍司令官「2時間で北朝鮮を攻撃できる」即応態勢維持を強調[04/27]】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/04/29(土) 15:02:24.95 _USER9
    976d3_769_1d402f6a83774ea9936ce3195723cdc5
    [佐世保市 29日 ロイター] -
    フランス海軍の艦艇が29日、長崎県の海上自衛隊佐世保基地に入港した。

    このあと日本、英国、米国の部隊を乗せ、4カ国で共同訓練をしながら米領グアムへ向かう。
    南シナ海や朝鮮半島問題でアジア太平洋地域の緊張が高まる中、日米だけでなく、 欧州諸国もこの地域に強い関心があることを示し、4カ国で中国や北朝鮮をけん制する狙いがある。

    強襲揚陸艦「ミストラル」は2月にフランスを出港。
    英軍の部隊約60人とヘリコプター2機が同乗し、ベトナムなどに寄港した後、29日朝に佐世保基地に到着した。 折しも北朝鮮が弾道ミサイルを新たに発射し、東アジア情勢が緊迫化した数時間後の入港となった。

    上陸したドゥシャリジェール艦長は、佐世保市の子供たちが出迎える中、 「ともに手を携えて訓練を実施することで、相互の(部隊の)運用性を高めることを信じている」と語った。

    ミストラルは5月5日に佐世保を出港する。 新たに日米の水陸両用部隊と、自衛隊のヘリコプター1機が乗り込む。 海上自衛隊の輸送艦「くにさき」が途中まで同行し、日本周辺の海域で共同訓練を実施する。

    さらにグアムに到着後、陸上に部隊を送り込む能力を持つミストラルを中心に、 自衛隊の水陸両用部隊、米英の海兵隊、日英のヘリコプターが共同で上陸訓練を実施する。 4カ国の共同訓練は初。総勢700人が参加する。

    訓練は表向き特定の対象国を念頭に置いたものではないが、4カ国とも、岩礁を埋め立てるなどする中国と、 国連安保理決議を無視して核とミサイルを開発を進める北朝鮮を警戒している。

    自衛隊関係者は「航行の自由や、法の支配という理念を共有した国々が一緒に訓練をすることに意味がある」と話す。 「船の訓練だけでなく、着上陸というのは中国への強いメッセージになる」と語る。

    フランスはインド洋のレユニオン島や南大平洋のニューカレドニアなどを領有し、 排他的経済水域(EEZ)の8割以上をアジア大平洋地域に持つ。 ここ数年、艦隊をインド洋や太平洋に派遣するなど、アジア地域への関与を強めつつある。

    英国も昨年10月に日本へ初めて戦闘機を派遣し、同地域に関心を向けている。

    日米はこのほか、北朝鮮への圧力を強めるため、米海軍の空母カール・ビンソンと海上自衛隊の護衛艦が 4月23日から東シナ海で共同訓練を実施した。海自広報部によると、日米の艦隊は29日に対馬海峡を通過したところで訓練を終了した。4月上旬にシンガポールから朝鮮半島近海に向けて派遣されたカール・ビンソンは、日本海に入った。

    http://jp.reuters.com/article/france-drill-idJPKBN17V04C?sp=true

    【【軍事】フランス海軍の強襲揚陸艦「ミストラル」が佐世保基地に入港 日本、英国、米国の部隊を乗せ初の4カ国共同訓練へ】の続きを読む

    このページのトップヘ