真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/22(木) 00:58:51.62 _USER
     韓国の文在寅政権が、2018年平昌五輪の「南北共催」案を唐突に示した。過去の五輪では夏に2度、冬に1度、開会式での南北合同行進が行われている。

     今回示された聖火リレーの共催も含め、セレモニーの枠内といえるが、競技の「共催」となれば選手に多大な支障が出かねない。会場設備の安全が不安視されるのに加え、北の体制下で行われる大会は心理面にも負担を与えるからだ。

     スキー競技の一部を北朝鮮の馬息嶺スキー場で行う構想に、日本のスキー関係者からは懐疑的な声が聞こえてくる。平昌では、すでに全種目で本番会場を使ったテスト大会が行われ、各国の選手やスタッフがコースの起伏や傾斜、雪質などをチェックした。

     大会まで1年を切った段階で会場が変われば、これまでの情報収集や用具開発といった水面下の戦いが無意味になる。各国の混乱と反発は避けられない。

     同スキー場にはワールドカップ(W杯)をはじめとする国際大会の運営実績がほとんどない。仮に韓国側の支援があるとしても、降雪や風など予測困難な自然が相手のスキー競技では高いリスクをはらむ。

     日本のスキー関係者は「世界中から集まる選手の宿泊施設があるかなど競技以外の問題も絡む。実績がない中での運営は難しいのでは」と述べ、選手や観客の安全確保を疑問視する。

     近年は巨額の開催経費が立候補都市の「五輪離れ」を招いている。国際オリンピック委員会(IOC)は20年東京五輪での分散開催や追加種目実施を認めるなど、開催都市の利益を優先する動きが目立つ。

     今回も国際情勢に沿った正常な判断を放棄し、韓国側に配慮する恐れが十分にある。

    http://www.sankei.com/sports/news/170622/spo1706220004-n1.html
    http://www.sankei.com/sports/news/170622/spo1706220004-n2.html

    http://www.sankei.com/images/news/170622/spo1706220004-p1.jpgno title

    2013年12月31日、朝鮮中央通信が北朝鮮の東部江原道に完工したと報じた馬息嶺スキー場(朝鮮中央通信=共同)
    http://www.sankei.com/images/news/170622/spo1706220004-p2.jpgno title

    北朝鮮の東部江原道の馬息嶺スキー場。撮影日は不明(朝鮮中央通信=共同)
    http://www.sankei.com/images/news/170622/spo1706220004-p3.jpgno title

    オープンした北朝鮮東部江原道の馬息嶺スキー場=2013年12月31日(共同)
    http://www.sankei.com/images/news/170622/spo1706220004-p4.jpgno title

    北朝鮮の東部江原道の馬息嶺スキー場=2014年2月(共同)

    【【平昌五輪】日本のスキー関係者は懐疑的 セレモニーの枠超えた「南北共催」 各国の混乱と反発は避けられず[6/22] 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/22(木) 11:59:15.65 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    sssp://img.2ch.net/premium/1372836.gif
    デマ!「加計孝太郎は自民党岡山県支部の代表者」は情報速報ドットコムの捏造

    http://ksl-live.com/wp-content/uploads/2017/06/IMG_3776.pngno title


    学校法人加計学園の加計孝太郎理事長が、自民党岡山県支部の代表者だというデマがネット上に拡散している。 岡山県支部の衆参選挙区どちらとも確認してみたが、加計孝太郎の名前は記載されておらず、そもそも支部長(代表者)は議員が務めるのが通例だ。 当初、この情報はツイッターで収支報告書の1枚目のみが拡散されていたが、これをデマに変換して流しているのが、 福島瑞穂ご用達のフェイクニュースサイト「情報速報ドットコム」である。

    政治活動の拠点支部ではない
    まず、タイトルで「自民党岡山県支部の代表者だった!」と書いていながら、本文中では「自由民主党岡山県自治振興支部」となっている。 岡山県支部連合会に取材したところ、これは岡山県内だけでも100か所以上存在する小規模支部であり、 運営や活動は各支部に任されており、岡山県連合会でも党員であるかすら把握していないレベル。 情報速報ドットコムはタイトルで、選挙区支部と職域支部を混同させるような印象操作を行っているということだ。

    収支報告書の重要部分を掲載していない
    今回、情報速報ドットコムが掲載した政治資金収支報告書は3枚で、うち1枚は重複した同一書類である。実際は6枚あるのになぜ、残りの4枚を掲載していないのか? 答えは簡単で、実際の収支報告書のPDFページに都合の悪い内容が記載されているからだ。 その4枚には収支の内訳が記載されており、その内訳をみると領収書が必要なレベルの政治活動に関わる細目や、事務所経費の計上もない。 政治的な働きかけなどしようもない少額小規模である。 記載されているのは自民党費とは別の会費1300円×会員数のみで、年間合計でたった72800円、それも全額が「その他の支出」で支出されプールされる繰越金も存在しない。

    所在地の写真が別のもの
    まず、情報速報ドットコムは記事のトップに岡山理科大学の写真を使っている。岡山理科大学の所在地は、政治資金収支報告書に記載された場所に近いだけで別の場所だ。

    (※抜粋 デマサイトのURL等はソース元で)

    http://ksl-live.com/blog9467

    【「加計孝太郎は自民党岡山県支部の代表者!」 ←パヨクサイトのデマだったと判明wwwwwwwwww】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/21(水) 19:31:44.68 _USER
    7f662fb9
    トークショー終盤、観客からの質疑応答の場面で印象的な場面があった。質問を投げかけたのは現在、大学1年生という18歳男性。 自民党の「一強多弱」の状況を象徴するような「いまの若者の本音」に二人はどう反応したか、そのやりとりをお届けする。

    男性 私は18歳で、たぶんこの会場の中では一番若いと思うのですが…私はいま、この国にとても絶望しています。 一番まともに見える党が自民党で、ほかの野党はボロボロ、マスコミはマスコミでもう何やってるかわからなくて…。

    田原 ボロボロってどういうこと?

    男性 なんというか…支持者があまりにも少ないように見えます。

    田原 なんで少ないと思うの?

    男性 信用されてないからでしょうか。

    田原 違う。

    男性 違いますか?

    田原 あのね、日本というのは世界で極めて特殊な国なんですよ。アメリカでもヨーロッパでもだいたい二大政党。 アメリカで言えば共和党と民主党、イギリスでいえば保守党と労働党。これは片方は保守で、片方はリベラルでしょう。

    じゃあ保守とリベラルとどう違うか。保守は自由競争。政府は社会のことに介入しない。
    自由競争だと、勝つほうが少なくて、負けるほうがどんどん大きくなる。そうなると、次の選挙でリベラルが勝つ。 リベラルは格差をなくすために、規制を設ける。そして、負けた人間を救うために、福祉・社会保障にどんどん力をいれる。 そうすると、財政が悪化する。そして次の選挙で保守が勝つ。つまり、アメリカでもヨーロッパでも、保守とリベラルが政権を変わりばんこでやってるわけです。

    ところが日本は、自民党は保守政党なんだけど、やってることはリベラル。リベラルってことはバラマキをやってるんですよ。 だから、保守なのに、1千兆の借金がある。一方で、民進党もリベラルでしょう。だから自民党に対抗する対案が出せない。

    (男性に)で、なんであなたは自民党に支持が集まると思うの? こんなにバラマキやって、あなたの頃には年金なくなっちゃうよ?

    男性 そうですね…でも(自民党が)「他よりマシ」という風に見えて仕方がないんです。

    越智 逆に質問なのですが、我々があなたぐらいの年齢のとき、圧倒的に安保反対で、左の支持層が多かったわけですよね。 しかし、田原さんとあなたのやりとりを聞いていると、いまは若い人の意識がかなり変わってきていると。これはどういう風に考えればいいんでしょう?
    私たちの頃と比較して、あなたたちはどう変わっているのでしょうか?

    田原 そう、いまは二十代、三十代のような、若い層の方が自民党支持が多いでしょう? 年寄りの方はわりに自民党支持が少ない。これをどう考える?


    男性 なんといいますか、正直、「強い日本」への憧れがあると思います。かつての「経済大国ニッポン」とか「アジアに広がる日本」というものへの憧れが…。


    田原 それは何、中国や韓国に侵略したいってこと?

    男性 侵略とはいいませんが…。「経済的に」というか。

    田原 日中戦争や満州事変なんて、全部侵略戦争じゃない。それがいいわけ?

    男性 いえ、人が死ぬというのはイヤなんですけど、「強い日本」というものが欲しいと感じています。

    越智 私は、家内に面倒を見てもらうものと思って生きてきたのですが、どうやら家内の面倒は私が見なければならないようで(笑)。 夫婦っていうのはしょうがないもんで、すぐ喧嘩になるんですね。喧嘩しないでやっていくのは大変なことなんですけれども、 それをやらずに進歩できることが「強さ」だという風に思い返す日々です。 ですから私があなたに言えることは、ぜひ「強さ」というものについての見方を鍛えて、あなた自身の「強さ」というものをなるべく早く掴んで頂きたい、ということですね。

    【自民支持・若者「野党はボロボロ。強い日本が欲しい」田原「彼の言うことはよくわかる。誰も日本の安全保障について考えてこなかった」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/22(木) 07:04:14.65 _USER
    170510_377672_02-640x360
    石橋学 神奈川新聞(北朝鮮工作員)

    〈時代の正体〉「朝鮮学校補助金再開を」 県に保護者ら要請|カナロコ|神奈川新聞ニュース

    【時代の正体=石橋 学】県が、県内の朝鮮学校5校に通う子どもへの学費補助を打ち切った問題で、南武朝鮮初級学校(川崎市高津区)の学校関係者、保護者らは14日、県庁を訪れ、補助金支給の再開を要請した。

     県は拉致問題に関する歴史教科書の記述が改訂されていないことを理由に2016年度から補助を打ち切った。県私学振興課に提出した要請書では、子どもと無関係の問題が持ち出されていることや外国人学校のうち朝鮮学校だけ改訂が支給の条件にされている不条理や、「国際情勢、政治情勢に左右されることなく安定的に教育を受ける機会を確保する」目的で創設された補助制度の理念との矛盾などを指摘。「なぜ、私たちの子どもたちは朝鮮学校に通っているというだけで差別されなければならないのでしょう」と訴えている。

     応対した職員を前に父母は経済的負担とともに差別的に取り扱われていることへの精神的苦痛、子どもたちへの悪影響を口々に語った。在日朝鮮人3世の張(チャン)留美(ルミ)さん(48)は、日本の小学校で4年生にあたる次男から「朝鮮人がそんなに嫌いなの」と尋ねられるという。「民族の言葉や文化、歴史を学ぶという当たり前の権利を主張しなければならないこと自体、大変な苦痛が強いられることに気づいてほしい」と話した。

    http://www.kanaloco.jp/article/258009

    【【話題】「朝鮮学校補助金再開を」「なぜ差別されなければならないのか」 神奈川県に保護者ら要請】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/06/21(水) 20:51:17.78 _USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170620-00000047-sasahi-pol

    3aa287b9

    望月衣塑子(もちづき・いそこ)/慶應義塾大学法学部卒。東京新聞社会部記者。千葉、神奈川、埼玉の各県警、東京地検特捜部などで事件を中心に取材。著書に『武器輸出と日本企業』など(写真:望月衣塑子さん提供)

     委員会採決省略の強行採決、実在した「怪文書」……。「安倍一強」のもと、自民党はなぜここまで傲慢になってしまったのか。その源流を「政・官の関係」「派閥弱体化」「小選挙区制」の現場で考察し、いかにして現在の一強体制が作られていったかを明らかにする。AERA 2017年6月26日号では自民党を大特集。加計学園問題にからむ記者会見で、菅官房長官を動揺させ話題となった、東京新聞の望月衣塑子に話を聞いた。

    *  *  *
     なぜ、こんなに追及が甘いのだろう? テレビで菅義偉官房長官の記者会見を見て、もやもやとした歯がゆさを感じていました。私は加計学園問題の取材を進めるなかで、キーマンは菅官房長官ではないかと考え、発言を注視してきました。しかし、文書を「怪文書のたぐい」と切り捨て、「再調査は必要ない」と繰り返すばかり。記者も二の矢、三の矢の質問をしない。これでは政府は動くわけがないと危機感が募りました。

     私は政治部でなく、社会部の記者です。社会部で警察や検察の幹部とやりとりをしてきたなかで、執拗に質問しないと、肝心なことを答えないことを、身に染みて知っています。答えをはぐらかし、時にはウソもつかれます。

     官房長官会見での質問は1社あたり2、3問程度と低調な印象。番記者が官房長官を囲んで事実関係を確認する場もあり、記者は「後で聞けばいい」かもしれませんが、それでは国民に伝わりません。

     会見で、私は「再調査をしない理由」を繰り返しただしました。菅官房長官もはぐらかすのですが、「総理、官房長官が(再調査不要と)判断したのでは」という問いには「あり得ません」と語気を強め、「現役の文科省職員の証言はウソだと思うか」との質問には、「ウソだとは言っていない」と即座に言い返すなど、明らかな変化もありました。会見が短くなったり、質問は1社1問までと制限が厳しくなったりと、官邸の嫌がらせを危惧する番記者がいたかもしれません。各社の主張の違いはあっても、権力監視の観点では記者側は一枚岩になるべきです。

    (構成/編集部・作田裕史)


    参考
    東京新聞・望月衣塑子、菅官房長官に「怪文書」発言の撤回求めまた注意受ける「簡潔にお願いします」 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1497603508/
    【加計学園】東京新聞・望月衣塑子「精査するには、文科省だけでは片手落ち」 アナウンス「差別用語的な使用は控えて」 [無断転載禁止]©2ch.net
    http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1497269601/

    【【AERA】会見で食い下がった東京新聞記者・望月衣塑子 菅官房長官を動揺させた突破の質問力 】の続きを読む

    このページのトップヘ