真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/22(土) 22:38:53.09 _USER9
    18585c72-s
    ■消された知事発言

    加計学園をめぐる「疑惑」に関しては、政治家や官僚のみならず、メディアに対して疑いの目を持つ人も少なくない。
    特にネット上では、新聞やテレビの伝え方が偏向しているのではないか、という指摘が多く目につく。

     代表例は、国会の閉会中審査における加戸守行・前愛媛県知事の発言の取り扱いだろうか。自身の古巣でもある文科省の規制の不合理を強調し、
    行政をゆがめてきたのは文科省側だ、と訴える言葉には一定の説得力があったと見る向きも多いのだが、安倍批判色の強いメディアはこれら発言をほとんど無視。
    テレビや朝日新聞等では、スルー扱いだったため、「偏向だ」といった批判が識者等からも寄せられたのである。

     加戸氏の件に関しては、メディア側の「報道しない自由」が行使された、という見方もある。何を伝え、何を伝えないかの選択権は、報道側にある。
    だから民放と比べた場合、NHKのニュースで豊田真由子議員の「このハゲ―!」関連ニュースを扱う時間は短い。NHKなりの基準があるからだと考えられる。

     とはいえ、参考人の重要な発言まで「報道しない自由」の範囲内ではないだろう、というのが「偏向だ」と訴える側の意見である。
    たしかに特定の新聞だけ読んでいる人にとって、加戸前知事はいなかったも同然になっていることだろう。

    ■発言の切り取り

    メディア側の「偏向」では、「発言の切り取り」もしばしば問題とされる。
    東京都議選で安倍首相が発したとされる「こんな人たちに負けるわけにいかない」発言もその一例だろう。

    選挙演説の妨害を組織的に行なう集団に対して「負けない」と言ったはずの話が、いつの間にか「自分に反対する人たちには負けない」と言った、
    という解釈が主流になってしまった、それは「切り取り」のせいだ、というのが、偏向を問題視する側の意見である。

     ここでは最近の政権絡みの話題を取り上げたが、こうしたメディアへの不信の声は、ネットが普及してからは特に多く見られるようになった。
    多くの人がチェック役や発信者になれる状況ゆえに、旧メディア側の手法が見透かされるようになったという面もあるのだろう。

    ■受け手側が知っておくべきポイント

     旧メディア側も、こうした指摘をまったく気にしていないわけではないのだが、長い時間かかって蓄積した「垢」のような慣わしは、なかなか簡単に消せるものではない。
    となると、問題は受け手側のリテラシーということになる。特にネットでの情報収集に慣れていない世代の人たちには、どうしてもテレビや新聞に頼ってしまうので、
    「偏向」に気付かないということもあるようだ。

     ではどうすればいいか。

    フリーで活動している烏賀氏は本の中で、一般の受け手が情報の真偽を見抜くためのポイントをまとめている。

    ・「何を書いているか」と同様に「何を書いていないか」に着目すべき。

    ・ウソではないが本当でもない記事がある。

    ・メディアは「わからない」と言いたがらない。

    ・匿名発信者はモラルが下がる環境にいる。

    ・引用の正確さで、発信者が事実の正確さにどの程度注意を払っているかがわかる。

     これらが書かれた時点では、上記の加計学園問題も、都議選も想定されていない。
    一連の騒動を見る限り、普遍的なポイントであると考えていいだろう。

    デイリー新潮
    https://www.dailyshincho.jp/article/2017/07200615/?ui_medium=http&ui_source=excite&ui_campaign=link_back&all=1

    1スレhttp://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500724925/
    前スレ2017/07/22(土) 19:15:37.53

    【【テレビ】 "消された知事発言" メディアの「報道しない自由」「切り取り」「偏向報道」をどう見抜くか 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/23(日) 19:36:45.80 _USER9
    4ed70618-s

    小西ひろゆき (参議院議員) @konishihiroyuki

    <内閣支持率>続落26% 初の2割台 不支持56% (link: https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-00000025-mai-pol) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170723-…

    明日以降の予算委で止めを刺さなければならない。正念場。
    読売と産経はこのタイミングで安倍総理擁護を止め、国民の側に付かないと未来永劫立ち直れなくなるだろう。

    午後6:53 · 2017年7月23日
    https://mobile.twitter.com/konishihiroyuki/status/889061002221723649

    【【小西ひろゆきによる言論弾圧事件発生】読売と産経はこのタイミングで安倍総理擁護を止め、国民の側に付かないと未来永劫立ち直れなくなるだろう。】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/24(月) 00:22:06.87 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    CTSvXS3UEAI5yVX

    2017年6月18日
    https://mainichi.jp/articles/20170619/k00/00m/010/012000c
     主な政党支持率は、自民27%▽民進8%▽公明3%▽共産4%▽日本維新の会2%--など。「支持政党はない」と答えた無党派層は47%だった。



    2017年7月23日
    https://mainichi.jp/articles/20170723/k00/00e/010/231000c
     政党支持率は、自民25%▽民進5%▽公明3%▽共産5%▽維新2%--など。「支持政党はない」と答えた無党派は52%だった。

    【【速報】毎日新聞世論調査 政党支持率 民進党5%(-3) 共産党5%(+1) ついに並んでしまう・・・ 】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/22(土) 12:12:11.19 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
    6

    (抜粋)

    萩生田光一・官房副長官が「加計文書」の事実を語る 「『正確性欠くメモ』と文科省から謝罪あった」「NHK番組は疑惑が深まる構成」
    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220010-n1.html

     学校法人「加計学園」の獣医学部新設計画をめぐる問題で、私に関するさまざまな疑惑が報じられてきました。 このままうやむやにしたくないので、事実関係をお話しさせていただきます。

     問題になった「(昨年)10/21萩生田副長官ご発言概要」に書かれたやりとりは、私が文科省に指示したものではなく、文科省側から私への報告、相談です。
    そもそも、獣医学部新設計画は、10月21日の時点で、私がハンドルを切って事態が変わるような性格のものではないでしょう。

     10月21日文書が文科省の調査で出たときに、義家弘介文科副大臣らが「著しく正確性に欠く個人の備忘録的なメモなんです」と説明に来ました。
    省として物事をあきらめるときに「萩生田副長官がこう言っているなら仕方がない」というようにしてメモにする傾向があったことは否めないというおわびもありました。

     そもそも、文科省として国家戦略特区に反対しているという意思表示は私には一度もありませんでした。 前川さんとは毎週金曜日、事務次官会議で会っていました。 十数年一緒に仕事をしてきましたが、行政がゆがめられるほどの一大事というのでしたら、そのときに声を出すべきでしょう。

     10月21日文書は、いよいよ東京都議選という6月19日にNHK「クローズアップ現代+」で初めて紹介されました。 前日にNHKから文書について問い合わせがありましたが、肝心な文書は見せてくれません。 だから「文書がどんなものか分かりませんが」と答えたのですが、番組は視聴者の疑惑や疑念が深まるような構成になっていました。

     また、都議選候補者の選挙事務所にはすごい取材と電話がありました。 あるテレビ会社は約束なしで事務所に押しかけて、私の後援会の人や関係者の住所を教えろといってきました。結局、その会社は役員名で謝罪文も出しましたが。


    (続く)

    【【加計】萩生田官房副長官、冤罪だった 野党の調査チームメンバー「萩生田さんは関係なかったんだね」】の続きを読む

    1: KSM WORLD NEWS 2017/07/22(土) 13:06:06.33 _USER9
    62fc3088

    民進党の蓮舫代表は21日、東京都議選の敗北を受け、野田佳彦幹事長の交代を含む大幅な執行部人事を断行する方針を固めた。 25日の両院議員懇談会でこうした方針を説明し、月末にも新執行部を発足させる方向で調整している。 大串博志政調会長の交代も検討している。政党支持率が低迷する中で、蓮舫氏が続投するには、党内で都議選敗北のケジメをつける必要があると判断した。

    党関係者によると、蓮舫氏はすでに新たな役員の人選に着手しており、野田氏の後任幹事長として岡田克也前代表に就任を打診したものの、岡田氏は固辞したという。
    後任には安住淳代表代行や枝野幸男前幹事長のほか、昨年9月の代表選を戦った前原誠司元外相らの名前も挙がっている。党のイメージ刷新を図るため、若手議員を抜擢する案もある。

    党が11~18日に行った都議選総括のための国会議員会議では、選挙前に公認候補の「離党ドミノ」が起きたこともあり、執行部の責任を問う声が続出した。 次期衆院選に向けた選挙態勢を整えるため、人心一新を求める意見も多かった。

    蓮舫氏は代表を続投するにあたり、信頼する野田氏を続投させる方針だった。しかし野田氏も党内から想像以上に厳しい批判にさらされており、蓮舫氏の引責辞任を回避する狙いもありそうだ。 民進党は都議選で改選前の7議席を割り込み、旧民主党時代を含め過去最低の5議席に終わった。

    tumblr_ny4400ucha1qzf0pdo1_540



    配信 2017.7.22 08:00更新
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/politics/news/170722/plt1707220006-n1.html

    関連スレ
    【民進党】 蓮舫代表 体制を一新、戦犯・野田幹事長交代へ 解党出直しを求める意見も
    http://asahi.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1500692911/

    【【民進党】蓮舫代表、25日に人事の大幅刷新を表明へ 後任幹事長、岡田克也前代表に就任を打診→固辞】の続きを読む

    このページのトップヘ