真実を追究する KSM WORLD

日本の歴史・政治など納得いかないものを徹底的に追究するブログ。

    fa63c995
    1: あしだまな ★ 2016/07/07(木) 19:53:15.44 ID:CAP_USER9
    日本が競合の末に敗れたインドネシアを始め、世界各国で破格の条件を提示し次々と高速鉄道計画の受注に成功した中国ですが、
    アメリカでは工事の中止が決定、その他の国でも同じような動きが出始めるなど、ここに来て暗雲が立ち込めています。


    米高速鉄道 米企業が中国との合弁解消 「計画の遅れ」理由に

    このところ、中国の高速鉄道の輸出計画が次々と挫折しています。6月8日には、ラスベガスとロサンゼルスを結ぶ高速鉄道の計画で、アメリカのエクスプレスウエスト社が中国鉄道総公司との合弁解消を発表しました。
    この合弁は、昨年9月の習近平主席の訪米前に発表されたものです。今年の9月にも着工する見通しでしたが、
    エクスプレスウエスト社は合弁解消の理由として「中国企業がやるべきことを時間通りできていない」と計画の遅れが原因だったとしています。
    中国側は寝耳に水のことだったようで「無責任で契約違反だ」と批判していますが、もともと習近平主席の訪米の成果として強調するためにぶち上げたプロジェクトであった可能性も高く、
    むしろアメリカ企業のほうが中国企業の実態を見て危機感を持ったのでしょう。

    加えて、アメリカには「バイ・アメリカン法」という規制があり、国内の公共事業ではアメリカ国内で生産された鉄鋼やその他の製品を優先的に使うことが義務化されており、
    これをクリアしないと融資や認可が下りないですし、無視すれば巨額の罰金が課せられる可能性があります。
    しかし中国にとっては、過剰生産となっている自国の鉄鋼を使ってもらわなくては旨味はありません。
    一方で、中国では車両故障率の高さが問題になっています。2015年に発生した列車事故は210件余りで、前年と比べて16%増加。
    車両の故障による事故は45%も増加し、故障による事故が最も多いのは高速鉄道だったといいます。


    ● 輸出攻勢かける中国高速鉄道、車両故障率の高さが問題に―米華字メディア

    結局、中国側も習近平主席の実績を上げるためにバラ色の計画を提出したのでしょうが、いざ実行の段になると前に進まなくなるという、中国の典型的なパターンです。
    中国は外国との契約において、たいてい経済よりも政治的な思考をすることが大原則で、採算はもちろん、完成の期日も明記しません。
    兆元単位のカネについても、大風呂敷を広げたどんぶり勘定だから、揉め事が多いのです。
    インドネシアの高速鉄道も、政治案件としてほとんどタダ同然で工事を受注するという破格の条件で中国が獲得しましたが、やはり遅々として進んでいません。
    以前のメルマガでも紹介したように、中国側がインドネシアに提示した計画書は、日本が提示したものとまったく同じで金額だけが異なっているということで、日本側の案をパクった疑惑が囁かれています。

    ● 日本を蹴り中国を選んだツケ。着工すらできぬインドネシア高速鉄道

    「易姓革命」の国である中国は「国盗り」まで正当化する匪賊国家であり、こうしたパクリに対してはまったく罪悪感がありません。
    中国メディアの今日頭条は先日、中国高速鉄道史を振り返る記事を掲載し、「中国は外国の技術をだまし取りゆっくり消化、その結果CRH380系と呼ばれる高鉄が存在するようになった」とし、
    その結果、「この『魔の手』により中国は高速鉄道輸出戦略において50年の歴史を持つ日本を打ち破る力を身に着けるようになった」と、まったく悪びれる様子もなく記事は説明しているそうです。

    ● 中国高速鉄道の発展史…「外国の技術をだまし取りゆっくり消化」=中国

    とはいえ、日本側の計画書は日本の建設技術を前提としたものですから、たとえ案としてパクったとしても、実現の段になって技術力の違う中国がそのままできるはずもありません。
    また、着工が遅れている原因として、インドネシア中国高速鉄道社が運輸省に提出した書類に公用語のインドネシア語や英語以外に中国語表記のものがいくつも含まれており、
    現地の担当官が読めない、という笑い話のような「書類問題」があるとも報じられています。

    しかも、いまになって「中国側がインドネシア政府の債務保証を求めている」という話まで持ち上がっていて、インドネシア国民は衝撃を受けているようです。
    政府の債務保証がないことが、中国案に決めた理由だったわけですから。

    >>2

    http://netallica.yahoo.co.jp/news/20160707-95361108-magmag

    1が立った日時:2016/07/07(木) 11:38:40.02
    前スレ
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1467859120/

    【【KSM】中国高速鉄道、各国がインチキ気づき中止相次ぐ 「日本案のほうがよかった」との声も 】の続きを読む



     【KSM】新潟県3セク子会社が韓国からフェリー購入しトラブル 性能不足で受取拒否するも巨額の和解金発生 法則発動の典型例だ・・・

    【緊急拡散】新潟県が韓国からセウォル号の姉妹船を購入!!!? 巨額の違約金が税金から支払われる!!!? と ん で も な い 売国の実態が明らかになり騒然!!! 2ch「これ完全に詐欺だろ」「新手の送金か?」2016.07.09
    http://www.news-us.jp/article/20160709-000002z.html

    最近の動画

    【KSM】国連パン総長 国連軍の不祥事を告発した職員を辞任に追い込む
    https://www.youtube.com/watch?v=pNV-hx8ZEos

    【KSM】JR東日本は糞会社「日本の心には切符は売らない」 神田駅みどりの窓口  
    https://www.youtube.com/watch?v=xJyOkuUGtwI

    【KSM】青山繁晴氏、旧知の安倍首相から電話で出馬受諾 自民比例で参院選立候補https://www.youtube.com/watch?v=n2Bx8vzT9LI

    【KSM】2016参院選 自民党 全国区 青山繁晴氏 街頭演説(音声のみ)2016年6月22日https://www.youtube.com/watch?v=kfmg_EpExJI

    【KSM】アジアでは珍しいことだが、タイと日本は相互に敬愛の情を感じている マイケル・ヨン氏
    https://www.youtube.com/watch?v=69rtUjL9Jg8

    【KSM】桜井誠氏 東京都知事選出馬表明 原題「大嫌韓日記発売 & etc.」2016/6/16 
    https://www.youtube.com/watch?v=XlXIhpoHIcg

    <ニュース>

    産経ニュース http://www.sankei.com/
    レコードチャイナ http://www.recordchina.co.jp/
    グローバル ニュース アジア http://www.globalnewsasia.com/

    <おすすめサイト・提携サイト>

    真実を追究する KSM WORLD(ブログ版総合情報) http://blog.livedoor.jp/ksmworld/
    理想国家日本の条件 自立国家日本 http://blog.goo.ne.jp/sakurasakuya7
    ぼやきくっくり http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/
    小坪しんや行橋市議HP https://samurai20.jp/
    嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ http://ken-ch.vqpv.biz/
    えら呼吸速報 http://erakokyu.blog.jp/
    反日愚国 恨寓瘻 http://hannichigukoku.info/blog-entry-12329.html
    極東アイアン速報 http://gunji-douga.fem.jp/matome/
    保守速報 http://hosyusokuhou.jp/
    U-1速報 http://u1sokuhou.ldblog.jp/
    News U.S http://www.news-us.jp/
    感動まとめサイト – 「kokoro堂」 http://kokorodo.net/
    じゃぱそく! http://jpsoku.blog.jp/

    <おすすめチャンネル・提携チャンネル>
    テキサス親父日本事務局 OUTSIDESOUND https://www.youtube.com/channel/UCQD-31XOIWj2Jao3Gs5-K-g
    テキサス親父日本事務局 PropagandaBusterJP https://www.youtube.com/user/PropagandaBusterJP
    TRIBE KA https://www.youtube.com/channel/UCSPx55q3zz642rWM4kSSG8g
    MAXSCOPE JOURNAL https://www.youtube.com/channel/UCCmh2DBgw9MKlmgvasPxNPw
    高橋音楽事務所 https://www.youtube.com/channel/UCv8sNOvHTJjAkh4N7tuE9Ow
    warosudouga seikei https://www.youtube.com/channel/UC1oTAh5aFFoWsb0xT_AL3GQ
    チャンネル桜沖縄支局「沖縄の声」https://www.youtube.com/channel/UCW_eamTK7ShhLfu1SZMqsIg

    <KSM WORLD>
    KSM@ニコ動
    http://www.nicovideo.jp/user/9270905
    http://www.nicovideo.jp/user/52657039 
    http://www.nicovideo.jp/user/58737715  

    KSM@dailymotion
    http://www.dailymotion.com/ksm11

    KSM@YouTube
    https://www.youtube.com/channel/UCxt24nsBzYUa-csGHWlER5g
    https://www.youtube.com/channel/UCImBfjgnF2U5JuMum-UdCDw
    https://www.youtube.com/channel/UCgRXYDiy8zVIVGt04O_ls2g
    https://www.youtube.com/channel/UCiqrrPVFIIN41uiAK9CeKkQ
    https://www.youtube.com/channel/UCRdNUqMXD3aDXINZWSGsCGA

    著作権フリーのBGM
    YOU TUBE オーディオライブラリー
    https://www.youtube.com/audiolibrary/music
    著作権フリー音楽 【Free Musicステーション】
    https://www.youtube.com/channel/UCJSPhD8pmRjMiY5AkWSIBQg
    http://matome.naver.jp/odai/2130708023644276301?&page=1
    (上記の著作権フリーのものしか使っていません)

    13592170_1054983167900794_7153941740320532288_n

    素晴らしい売国議員です。こんな人に国民の税金で給料を払う意味は全くない。

    • 2011年5月18日参議院本会議において、参議院憲法審査会規則の採決を棄権し、参議院民主党執行部から口頭で注意された。棄権の理由は「ノーコメントだ」とした。
    • 2013年3月14日、参議院議員会館東京永田町)開催の「排外・人種侮蔑デモに抗議する国会集会」を呼びかけた。
    • 2013年4月25日、「『高校無償化』制度の朝鮮学校への即時適用と補助金復活を求める院内集会」に出席した。
    • 2014年4月21日第2次安倍内閣が目指す憲法解釈変更による集団的自衛権の行使容認に反対するオバマ米大統領宛ての文書を在日アメリカ大使館に提出した。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B0%E5%9F%8E%E9%83%81

      「日本の心を大切にする党」が様々な嫌がらせにあっているという。真の愛国保守の政党であるこの党をつぶしにかかる反日組織があるのだろう。
      中山なりあき氏、西村慎吾氏の二人は何としても国政に送り込みたい!



      KSMより 

      img_0

      労働組合の諸君へ

      志がないものは、志のない候補に投票する。私は民主党支持の組合の執行委員をやっていた。本当にあなたのことを考えてくれるとでも思っているのか?選挙の時だけ票欲しさに頭を下げる。

      そんなバカバカしいことをやっているのは自分の人生を捨てているようなものだ。だから、俺は組合を脱退した全く未練はない。

      本当に日本のことを考えている人に託すのが選挙だ。残念ながら民主党には一人もいなかった。そんな政党の片棒を担いで何になる。
       



     【KSM】JR東日本神田駅「にっころ(日本の心を大切にする党)には切符をやれない」事件。やまと新聞が社員名まで特定

    【無料公開】JR神田駅みどりの窓口職員「にっころには売れない」発言疑惑について やまと新聞 水間政憲「国益最前線レポート」#69前編《7/8公開》
    http://www.nicovideo.jp/watch/1467978869
    番組内容(状況により予告なく番組内容が変更になる場合があります)
    ・JR神田駅みどりの窓口職員「にっころには売れない」発言疑惑について

    ■日韓歴史戦ポストカードの予約申込み方法

    ●1セット(30枚)2200円(送料込み)から予約を受け付けております。

    ●尚;3セット(6600円)を予約申込み頂いた皆様方には、4セット発送する事になっています。

    ■振込先

    【ゆうちょ銀行】

    受取人口座番号:
    記号「10090」
    番号「61807841」
    ◆受取人なまえ「ユウゲンカイシャ オフィスゾン」

    ●ゆうちょ銀行以外【三菱東京UFJ銀行】

    ◆有限会社オフィス存(ユウゲンカイシャオフィスゾン)

    【阿佐ヶ谷支店】店番156

    ◆普通;口座番号1129256

    ◆必須【住所・氏名の通知は下記に必ずお願い致します】

    ◆【はがき】〒166-0001

    ※東京都杉並区阿佐ヶ谷北5-4-20 オフィスZON(存)

    ◆【ファックス】FAX番号:03-3339-7447(※午前中か午後7時以降)

    ジャーナリスト水間政憲が、鮮度抜群!水間政憲国益最前線の情報をレポート。

    他のメディアに出していないとっておきの情報も出していきます。 

    やまと新聞公式チャンネルを「お気に入り」登録していただくと、動画や生放送の新着お知らせが届くので、より早くニュース動画や情報戦のツールを入手できて便利です。

    この番組の中で解説される、証拠資料を元にした事実が日本国民に広く伝われば、日本政府に対し「真の歴史修正主義者」である中国共産党、韓国政府に毅然とした対応を求める世論を作り出せると確信しています。 



    「明るい日本を実現するプロジェクト」詳細は、下記URLの記事をご参照ください。

    「明るい日本を実現するプロジェクト」代表・水間政憲から全国・全世界で日本の名誉のために戦う同志の皆様へ−やまと新聞
    http://www.yamatopress.com/c/38/186/11793/

    kikka_160708tdl001

    1: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2016/07/08(金) 19:41:09.16 ID:CAP_USER9
    ねとらぼ 2016年07月08日 18時26分 更新

    7月8日、東京ディズニーランド内で行われていたショーの最中に観客の持っていた携帯電話用充電器が爆発し、従業員が消火にあたるなど一時騒然となりました。
    なお、爆発した製品の近くに座っていた39歳の女性1人が右手首からひじまでを火傷し、治療を受けています。

    ディズニーランドを運営するオリエンタルランドによると、7月8日11時8分ごろ、トゥモローランドエリア内「ワンマンズ・ドリーム2-ザ・マジック・リブズ・オン」の上演中に、 観客が所持していた携帯電話用充電器から発火。即時、従業員が消火器で消火に当たったほか、観客の退避誘導を行ったため大きな混乱はなかったとのことです。

    この影響で、続く2回目と3回目のショーが中止になりましたが、16時からと17時35分からの回については予定通り行われたとのことです。

    現場検証を担当した浦安警察署によると、爆発したのは中国人旅行客(36歳男性)が所持していた中国製の携帯電話と中国製の充電器とみられており、原型を留めないほどに破裂していたそうです。
    なお被害にあった女性は、病院で「2度熱傷」の診断を受けたとのこと。女性は家族とともにショーを鑑賞しており、爆発した製品を持つ男性の隣に座っていました。

    浦安警察署では現在、中国人男性に詳しい状況を聞くとともに、過失傷害の可能性も視野に入れて捜査を進めています。

    なお、Twitterでも多くの報告が挙がっており、「ねずみ花火のようにひゅるひゅるしていた」「新聞にも引火していた」という目撃談も寄せられています。
    一刻も早い原因究明と、被害女性の回復をお祈りします。

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1607/08/news141.html

     

    【【KSM】東京ディズニーランドで「ワンマンズ・ドリーム」上演中に爆発 携帯充電器から発火し、女性1人が病院へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ